スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Bashiri Asad - “Looking Back”

07 11, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Bashiri Asad - Looking Back


Bashiri Asad - “Looking Back” (2012) 

Donny Hathaway, Stevie Wonder, Sam Cooke, Otis Reddingからインフルエンスを受けたのだという"Bashiri Asad"を含む5人 = (Bashiri Asad - Vocalist, Angelo Bridges - Keys, Jetton Barnes - Keys, Leon Moffit - Guitar, Justin Brewer - Drums) から成るJazz / Funk / Rock / Soulを融合させたバンド“Xenobia Green”としても様々な場所でパフォーマンスをこなし、2011年にリリースしたEP “The Space Between”が、ウェブ・メディアのあちこちでフィーチャーされていたことも記憶に残るインディアナポリスのソウルマン“Bashiri Asad”

今回チョイスした 『Looking Back』 は2012年8月29日に、SoundThought Recordingsからリリースを予定しているアルバム“Living The Dream (L.T.D.)”からのニューシングル。ゲストミュージシャンに、ギタリスト/ベーシストのDeus X Christianを始め、Angelo Bridges (Keys)、Duane Dawkins (Drums)、Inohs Sivad (Percussion / Backing Vocals)、Shinda Ewell (Backing Vocals) らを迎え、良い意味でどろ臭さが滲む褐色のグルーヴのファンクネスと、Bashiri Asadが放つソウル・ヴォイスがエネルギッシュな躍動感を生み出すアップテンポのソウル・チューンを投下。


・Customer Ratings (07-11-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - Unavailable
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Bashiri Asad - “Looking Back”

0 CommentsPosted in Bashiri Asad

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。