スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Jarrard Anthony - “Ready to Live”

06 30, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Jarrard Anthony - Ready to Live


Jarrard Anthony - “Ready to Live” (2012) 

シンガーソングライター / プロデューサー / マルチインストゥルメンタリストとして活躍しているヴァージニア州リッチモンド出身のJarrard Anthonyは、R&Bグループとしての仕事を経た後に、ローカルヒットとなったシングル"So D-vine"をリリースしソロキャリアを始動。UKのチャート上位 (#02) をマークしたのだというEP The Dreamも含め、早くも順調な滑り出しを見せるJarrard Anthonyの下にコンポーザー / ドラマーNate Smith (Michael Jackson, Teddy Riley) を筆頭に、キーボーディスト / マルチインストゥルメンタリストBob Baldwin, Nolan Doranらが集い各評論家から支持を得た1stアルバム“Don't Sleep... Just Dream” (2003) をリリース。そのJarrard Anthonyをメジャーレーベルも見逃していなかったようでアプローチ。が、Jarrard Anthonyはメジャーレーベルとの契約をかわし続けていく。そして、そんな姿勢に対し付いた愛称がMr. Independentなんだそう。

これまでに、Silk, Monica, Cam’ron, Amerie, The O’Jays, L.L. Cool J, Howard Hewitt, Lyfe Jennings, Anthony Hamilton, The Gap Bandといったソウル / R&B / Hip Hopのアーティストと共演を果たし、レーベルJAP Music & Entertainment Groupを始動させたJarrard Anthonyは1stアルバム以降も、エレクトロのエッセンスが強い意欲作“S.ynergistic E.nergy X.change” (2006)、アコースティックソウルにフォーカスした“Diary Of A Messengericon” (2008)、アコースティックソウル / R&BとしてもJarrard Anthonyのナンバーとしても高い人気を誇るシングル“Damn Sista” (2009)、これまでの集大成とも言っても差し支えないであろうジャズ、クラシックソウル、アーバンR&B、エレクトロ、アコースティックソウルをブレンドしたハイブリットなアルバム“Decade Of Dreams” (2009) をリリース。その後は一時、業界から身を引いていたようだが、1stアルバムでタッグを組んでいたNate Smithを迎え、2012年に新作 『Ready to Live』 を届けてくれている。


リスナーの興味を惹く目玉としてA Tribe Called Questなどヒップホップ勢にサンプリングされたことも含め再評価され高い人気を誇るWeldon Irvineの人気曲I Love Youを、よくご存知であろうレジェンドLonnie Liston Smithと、ニューカマーPatrice Covingtonが送るWeldon Irvineへのトリビュートソング(#11-"I Love You ")と、“One of the artist who will take the future of Soul music to the next level.”とJarrard Anthonyを評しているEric RobersonやDarienを迎え、シングルDamn Sistaをオリジナルとは異なる粘質系?フューチャーソウルへとコンバート。粘り気とコズミック感とが糸引く具合がクセになる(#13-"Damn Sista")の2曲を用意。

注目を集める2トラック以外では、甘く爽やかなステッパーズR&B(#05-"Cloud 10")、1970年代の匂いを一面に撒きながら駆け昇るパーカッション&ギター。爽やかなヴォーカル&ハーモニーの所々でハスキーになるJarrard Anthonyが醸す微熱。その爽やかさを助長する透明感のあるAmma Whattのヴォーカルが紡ぐ清涼感がタマラナイ(#04-"Something Like Love")、「ボッサ×ソウル」が生み出す心地よさという破壊力は底知れず。Marvin Gayeのイトコという血筋に負けじと良きソウルを届けてくれたDonnieあたりに近いフィーリングを与えてくれる(#10-"All Around the World")、継続した快感や爽快感を放つハイハットとタイトなベースが絡む洗練されたビート。心地よく廻るKeys、流麗なストリングスが放つヒップホップ・トラックをベースとしたR&Bチューン(#03-"Never See Her Again")と、そのヒップホップ・ヴァージョンとも言えるゲスト陣のラップをフィーチャーした(#14-"Never See Her Again")、今風と言うべきか。と言ってもケバケバなエレクトロ要素はなく、脂を落とした低カロリー (爽やか) なアップテンポに仕立てているのがJarrard Anthony風。このチョイと香る今風なテイストがストライクゾーンに入るかで評価が分かれる(#12-"Invisible")など、目玉曲以外にも良曲を収録。オススメは#04、#05、#10、#11、#13の5曲。


・Tracklist

01. Opening the Way (Intro)
02. Lucky Day feat. Onaje Allan Gumbs
03. Never See Her Again feat. Amer Amen
04. Something Like Love feat. Amma Whatt
05. Cloud 10 feat. P.M.
06. Morning In the Forest
07. Healer
08. Galaxy
09. Blowing On Your Back
10. All Around the World feat. Darien
11. I Love You feat. Patrice Covington, Monet, Lonnie Liston Smith
12. Invisible
13. Damn Sista feat. Eric Roberson, Darien, Jon Bibbs & Wildman
14. Never See Her Again feat. Mic-El, P.M., Don Spigga

・Customer Ratings (06-30-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - There are no customer ratings
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Jarrard Anthony - “Ready to Live”


Jarrard Anthony - “Damn Sista” (本アルバムVer.とは異なる)

0 CommentsPosted in Jarrard Anthony

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。