スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Johnny Britt - “Beautiful Queen”

06 25, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Johnny Britt - Beautiful Queen


Johnny Britt - “Beautiful Queen” (2011 / 2012) 

ジャズ / ソウル / R&B / ヒップホップを結びつけたコンセプトを打ち出し、Norman Brownが第一弾アーティストとして送り出されたMotown傘下の新レーベル (当時) MoJazzからデビューしたデュオImpromp2のメンバーとしても活動をしているシンガーソングライター / プロデューサー / トランペッター / アレンジャー / コンポーザー 『Johnny Britt』

ケンタッキー州ルイビルで生まれたJohnny Brittは、4歳にしてクワイアのリードヴォーカルを任せれていたという早熟っ子。7歳にもなるとボンゴを嗜み、The Courageous Young Menなるグループのメンバーとして移住先となったオハイオ州クリーヴランドのあちこちでパフォーマンスをこなし人気も上々だったようだ。

その後、バンドの先生が配った楽器の写真の中で3弁しかないトランペットを見て、「3弁しかないんだからコレは容易い」なんて気持ちで手にしたトランペットは、12歳から現在に至るまでJohnny Brittにとって欠かせない存在となる。

Cleveland State Universityに通い始めたその頃には、初の楽曲となるWhy Do You Treat Me Like You Doを書き上げレコーディング。後に渡るフランスではThe Versailles Conservatory Of Musicでトランペットを学び、ジャズ / クラシックのトランペッターとして勤しむ中、クラシックのトランペッターとして有名なMaurice Andreのコンサートに足を運んでいたというトランペットの魅力の虜となったJohnny Brittのエピソードもあったりする。

3年間を過ごしたフランスから再びアメリカに戻ったJohnny Brittは、Governors State Universityの文学士を修め、Gerald Myrow Award for Outstanding Composerを優勝。Kay Reedと共に結成したグループCA VAでは4曲をレコーディング。また、インディアナ州のローカルバンドでプレイしていた頃には、どちらもさぞかし嬉しい出来事であったであろう...奥様となるArlene Floresとの出会い。そして、The TemptationsのOtis Williamsとの出会いがあり、奥様とは追々に結婚。Otis Williamsとはホテルでミーティングを設ける機会を得たうえに、「僕らのミュージック・ディレクターをやらないか?」との提案を受け承諾。書き上げていた序曲をOtis Williamsの自宅で演奏すると...Otis WilliamsはMelvin Franklinに電話をかけ微笑し、ディープな声で「よし、ギグだ」なんて一言をJohnny Brittに放ったそう。

The Temptationsとの仕事をこなした後に、冒頭で挙がったデュオImpromp2をSean Thomasと結成し、MoJazzからリリースされた“You're Gonna Love It”、“Can't Get Enough”の2枚と、“Definition of Love”、“It Is What It Is”をリリース。そして、1曲を除き奥様Arlene Floresと共に作り上げたのだというMarvin Gaye、Miles Davis、Quincey Jonesが出会ったら?というコンセプトを軸に、R&B / ジャズ / ポップス / ソウル / レゲエをインクルードしたソロアルバム“Feels So Good”のリリース日は6月12日となっているが現在Pre-order...
※リリース日は2012年8月末に決定。

ということで今回は、2011年内にアルバムリリースを予定していた最中、2011年末にオフィシャルビデオが公開されていたシングル“Beautiful Queen”をピックアップ。
「スイートソウル×シルキーなヴォーカル」が放つセックスアピールは至極爽やか。特濃エロス系へと繋がる??ミッドナイトの前菜 (昼~夕方) にどうぞ!


Johnny Britt - “Beautiful Queen”


1 CommentsPosted in Johnny Britt

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-1 Comments
By リオ07 01, 2012 - URL [ edit ]

私もドナサマー大好き(^^♪

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。