スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

The KAJ - “The Sounds of Making Love”

06 23, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
The KAJ - The Sounds of Making Love


The KAJ - “The Sounds of Making Love” (2011 / 2012)

特にドゥーワップから影響を受けたそのスタイルをNeo Doo-wopや、Neo-soul、Classic SoulとしているKumasi、DJ Anas Canon、Joel Van Dijkから成るカリフォルニア州ロサンジェルスのトリオ 『The KAJ』

激甘スイートソウルに浴びせるラップと歌との間をとったような柔軟なフロウは愛を囁くが如く。そして、タイトルヨロシクの甘美なコーラスが零れ落ちる 『L.O.V.E.』 と、L.O.V.E.の甘茶加減にヤラレてしまった御仁をスイートなグルーヴと歌唱で心行くまでドップリと酔わせる 『We Gone Groove』
シャープなドラムに黒く唸るギター。スリリングなベースとパーカッションが紡ぐ褐色のイントロ。タイトなグルーヴにかますラップはトーンを抑えつつも流暢に捌く渋線。が、サビは逆手に取るが如く爽やかに身をこなすダンサンブルな仕様でテンションを上げる新曲 『SomeBody Move』 の3曲を収めたThe KAJのEP 『The Sounds of Making Love』 をピックアップ。

どうやら、最初はWe Gone Grooveのみの1トラックアルバムとして公開。順にL.O.V.E.、ニュートラックSomeBody Moveが追加されてきたらしく追々、新曲がEPに追加されるかもしれない。


・Tracklist

01. L.O.V.E.
02. We Gone Groove
03. SomeBody Move

The Sounds of Making Love


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in KAJ

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。