スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

LIRA - “Feel Good”

06 20, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,afro-soul
LIRA - Feel Good


LIRA - “Feel Good” (2006 / 2012)

ファッション誌の表紙も飾るほどの人気を誇るLerato "Lira" Molapoこと『LIRA』は南アフリカ生まれ。若きシンガーソングライターにフォーカスしたコンペティションを優勝した後の16歳頃には既にカヴァーソングと自らがペンを執ったオリジナルソングを披露。ミュージシャン兼プロデューサーのArthur Mafokateによって見出されたLiraは、彼が運営するレーベル999 Musicと契約を結び、南アフリカのラジオ局で最も多くプレイされていたのだというアルバムのタイトルトラックを含む“All My Love” (2003)でデビューを飾る。

999 Musicを離れたLIRAはその後、キーボーディストVictor Mngomezulu、ベーシストTshepo Sekele、プロデューサーRobin Kohlと協力し、2ndアルバム“Fell Good” (2006) を新たに契約を結んだSony Africaからリリース。この2ndアルバムは南アフリカのグラミー賞の5部門にノミネート (Best New Artist, Best Female Artist, Best R&B Album, Best Single, Best Video) され大成功を収める。因みにFeel Goodはイタリアでも2007年にリリースされたそうで、タイトルトラックが大々的に放送されたそうだ。

その成功を経た2008年には、SAMA(South African Music Awards) のAlbum of the YearとBest Female Artistも獲得した3rdアルバム“Soul In Mind”をリリースし、同年にはGlamour Magazine South AfricaがLIRAをWoman of the Year in 2008に選出するなどその人気は右肩上がり。その人気と活躍ぶりはブルーレイ版もリリースされ、トリプル・プラチナを記録するという商業的な成功も収めたDVD “Live In Concert A Celebration” (2009) でも窺い知れる。

人気を博したDVDをCD化した4枚目に続き、2011年にはLIRAの夫でもあるプロデューサーRobin Kohlと共に作り上げた5枚目のアルバムとなる、ファンク、ラガ、アーバン、そして伝統的なアフリカのサウンド、たくさんのソウルを詰めた“Return to Love”と、残念ながらJPNのiTunesやamazonでは未発売なのだけれども、2ndアルバムFeel Goodと3rdアルバムSoul In Mindからチョイスした5曲 (Feel Goodのライブ・ヴァージョンと、Dance Of Life、Crush、Ngiyabonga、Rise Again) を収めた“The Lira EP”をリリースしている。


2012年にリリースを予定しているアルバムRise Againからの1stシングルとしてBandcampで公開されているのが、今回ピックアップした 『Feel Good』 なのだが、コレは2ndアルバムFeel Goodにも収録されている。また、2012年の初期にアメリカでリリースされるLPの前菜の役割を担うEPとしてリリースされたのがThe Lira Epとのことならば、このRise AgainはThe Lira Epに続くLPとされているものと同じであろうと推測されるが、アメリカ他をターゲットにした過去音源を纏めたベスト盤的な扱いでリリースされるものなのか?新曲も織り交ぜたニューアルバムなのか?不明瞭...

ま、細かいことは抜きにして完成度の高いアフロソウル 『Feel Good』 を満喫してくださいな!


LIRA - “Feel Good”

0 CommentsPosted in LIRA

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。