スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Oaklyn - “Chasing the Sun”

06 18, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,HipHop,HipHop2010
Oaklyn - Chasing the Sun


Oaklyn - “Chasing the Sun” (2012) 

『Chasing the Sun』 は、真冬の屋内を照らす灯火や、真冬の吐息のような温もり。囁き声がくすぐったくも心地よく感じてしまうM的感覚にも似た心地よさをゆっくりと優しく広げていくヴォーカル・スタイルが魅力のシンガー"Linda Ilves"と、エレクトロニック、ソウル、R&B、ヒップホップをミックスしたサウンドを作り出すトラックメイカー"Sami Tammela"によるフィンランドはヘルシンキのデュオ 『Oaklyn』 のデビュー作だそうで、Ben Rogers & Olli Rahkonen (Guitar), Eliel Viitala (Drums), Ilmari Aitoaho (Rhodes), Ilkka Arola (Trumpet), Greg F (Bass) といったミュージシャンもアシスト。
確かにエレクトロニックの要素を含みつつも、捩れまくったフューチャーソウルや、ちょっと構えて聴いてしまうような独自の世界観をグイグイと展開するタイプとは異なり、ソフィスティケイトされたアーバンソウルとしてのヴァイブを生み出すべく繊細なタッチでソレが盛り込まれた、特に先に挙げた感覚が顕著であろうエレクトロニックな囁きに、Ilkka Arolaによる温かみのあるソウルフルなホーンや、Ben Rogersによるアーバンな彩色を放つギターがフィーチャーされた(#02-"Agree to Disagree")、The Vault Vol.1あたりのEric Robersonにも似た感触を放つネオソウル(#03-"Chasing the Sun")、Maxwellなど官能的な香りで酔わせるネオソウルと言えば何となくの感触はイメージし易いであろうサウンドにEkowのラップをフィーチャーした(#04-"Waitin'")や、ゆったりと沈み包み込んでいくような芳しいラインを描くGreg Fによるベース、Olli Rahkonenによるジャジーなギターが零れる#04同様の官能的なテイストがそよぐ(#06-"We Could Last")、ヒップホップに傾向したシャープなビートとEkowのラップに、透明感のあるLinda Ilvesのヴォーカルと適度な揺らぎを与える浮遊感というマイルドな素材が絡む(#07-"We Nuts")といった、やはり昼よりも夜にその効果 (魅力) を発揮するであろうフェミニンなヴォーカルとアーバンなサウンドが合致した「ノルディック・アーバンソウル」の数々を収録。


・Tracklist

01. Get On
02. Agree to Disagree
03. Chasing the Sun
04. Waitin' (feat. Ekow)
05. Interlude
06. We Could Last
07. We Nuts (feat. Ekow)
08. Hold On

・Customer Ratings (08-14-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable


8 CommentsPosted in Oaklyn

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-8 Comments
By R06 20, 2012 - URL [ edit ]

初めまして!
色々とブラックミュージックを検索していたら、たどり着きました。

このアルバム試聴させてい頂きましたが、素晴らしいです。
僕は、Dweleというアーティストのアルバムをよく聴くのですが、近いものを感じて、完全にハマりました!
ありがとうございました。
アルバム購入したいと思います。

By R06 20, 2012 - URL [ edit ]

何度もコメントすみません^^;

これは、アマゾンとかでは販売していないんですね。
グーグルでも検索しましたが、日本の販売サイトは出てきませんでした。
デジタルアルバムしかリリースされていないんでしょうか?

By phatkat06 21, 2012 - URL [ edit ]

Rさん、初めまして。

お急ぎのようでしたのでササッとお返事を。
残念ながらamazonはおろかiTunesでも現在は販売されていません。
Oaklynは知りうる限りBandcampのみで販売。このBandcampではCDやアナログも併せて販売していることもありますが、Chasing the Sunはご覧いただいたとおりデジタルのみの販売形式をとっていますので、Bandcampで購入するにせよデジタル・オンリーです。
まれに評判の良さをきっかけにCDなどでリリースされることもあるので、待つという手もありますが...

せっかく気に入ってもらえたのに申し訳ない。

By R06 22, 2012 - URL [ edit ]

直ぐにお返事頂きまして、ありがとうございます!
そうだったんですね。
いいと思った物は、CDもしくはアナログ等で購入したいタイプの人間ですので、気になりました。
デジタルアルバムの購入を検討したいと思います^^

ご丁寧に教えて頂き、ありがとう御座いました!!

By R08 13, 2012 - URL [ edit ]

どうも、お久しぶりです。

先日教えて頂いたアルバムを購入しようと思ったんですが、ちょっとあのサイトからの購入法がよく分からず、そのままになっていました。
しかし、さっきたまたまiTunesを開いたので、試しに検索したら配信してましたので、購入しました!
やっと購入できました。
現在はAmazonでも配信しているようです。
やはり、CD等の媒体では出ていませんが...

素晴らしいアルバムを教えて頂き、ありがとうございました!!^^

By phatkat08 14, 2012 - URL [ edit ]

Rさん、お久しぶりです。
ご丁寧に販売情報と、お礼の言葉までいただき何と言ってよいのやら。感謝感激です。

Oaklynに限らずiTunes & amazonでの販売は遅いケースを多々見受けますが、ようやくiTunes & amazonでも(デジタル)販売されましたか~。
僕が良いと思って紹介した作品を気に入ってもらえたこともそうですが、チラリと覗いた際に見つけ購入とはいえ、そこまでしてChasing the Sunを購入したRさんの行為 (好意) はOaklynにとっても嬉しいでしょうね!

また、お暇な時にでもKUROFUNE CREWを覗いてもらい、お気に入りのアーティストを見つけてもらえたら嬉しいです。

運営の励みに繋がる温かいコメントをいただき本当に有り難うございました!

By R12 29, 2012 - URL [ edit ]

お久しぶりでございます。
先程、Oaklynを検索していたところ、なんと10月にCD媒体で発売されていたようです!!
びっくりしました。
早速購入しようと思います。

以上ご報告でした^^
また来ますね

By phatkat12 31, 2012 - URL [ edit ]

Rさん、お久しぶりです。

何せこのような時代ですからRさんの特定(お気に入り)のアーティストの情報を追い求める想いにハッとさせられました。
執着心と言うのでしょうか?ここまでRさんがOaklynに拘るとはおもってもみなかったことでして、Oaklynを紹介した身として、ここまで気に入ってもらえたことが本当に嬉しいです!

フィンランドから遠く離れ、ここ日本に?Rさんのようなファンがいる。このような想いがアーティストの活力に繋がるのだと勝手に思い込んでいます。勿論、このようなブログを運営している僕だってソレは同じことで、Rさんを始めとする皆さんの支えがあればこそ運営・継続して行こうという活力がジュワリ。

Rさん、コメント&情報ありがとうございました。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。