スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Cherri Prince - “Loves Leftovers”

06 06, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,Neo-Soul,Jazz,Jazz2010
Cherri Prince - Loves Leftovers


Cherri Prince - “Loves Leftovers” (2012) 

Bryce Wilson & Amel Larrieuxコンビが体言してみせた太くタイトなヒップホップのビーツとフェミニンなヴォーカルの透明度やしなやかさ組み合わせたミスマッチさから生じる妙味を彷彿さとせるトラックを含むデビューEP "Listen Hear"を2009年にセルフリリース。 最近ではセネガル出身。現在、ドイツのシュトゥットガルドをベースに活動をしているIbrahima M’BodjiことPortformatの2ndアルバムEntropyにもフィーチャーされているイギリスのSOUL / NU-SOUL / R&B / JAZZ シンガー 『Cherri Prince』

Cherri Princeのニューアルバム 『Loves Leftovers』 は、Jazz / R&B / Hip-Hopからのインフルエンスを受けながらもR&B / HipHopのファクターが強かったEP "Listen Hear"と比べ、JAZZの要素を色濃くしたNu-Jazz / Nu-Soulテイストの新たな姿勢と意欲を見せ、Cherri Princeのアプローチの仕方もデビューEP時とは異なる、かな~りコケティッシュな仕様 (ビデオも) で攻め、イメチェン!?に見事成功したニュープロジェクトLoves Leftoversの第一弾として公開された(#01-"Misery")から始まり、R&B / HipHop / SOUL / JAZZをブレンドし、シックに纏め上げたスムース&メロウ仕様。紙で作られていく小船がセイリングする様もピッタリなCool, Dreamy, Beautyともとれるブリージングなサウンドに、透明度を持ちながらエレガントな艶を放つCherri Princeの魅力が際立つヴォーカリゼーションが心地良さを更に引き出していた(#06-"Just Wondering")と、 ジャズとソウルをコンバインしたセンシャスでありながら妖しい魅力 (コチラもビデオが同様に妖しい) が徐々に広がっていく(#07-"Convenient")が次ぐ第二弾・三弾としてオフィシャルビデオが公開されていた3曲と、デビューEP "Listen Hear"に感じたGroove TheoryもしくはAmel Larrieux風の感触を放っている(#02-"Traveller")と、(#03-"Caterpiller Love"), ネオソウルを切り口にRadimoのサックスをフィーチャーしたスムースジャズが注がれる(#04-"So Good")など、デビューEP時に参加していたミュージシャンOmar Russell (bass), Gabriel Latchin (key), Steven Raman (drums) らを含むミュージシャンが脇を固めるトラックを含む計8曲を収録。

やはり冒頭に配したのもごく自然なことだと思う(#01-"Misery")が本盤の白眉。「いやいやジャズが濃いのよ」なんて方は#02以降のご賞味を。


・Tracklist

01. Misery
02. Traveller
03. Caterpiller Love
04. So Good
05. Drift Away
06. Just Wondering
07. Convenient
08. Once Upon a Time

・Customer Ratings (06-06-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Cherri Prince - “Loves Leftovers”

01. Misery

0 CommentsPosted in Cherri Prince

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。