スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Tensei - “Two”

05 19, 2012 | Tag,Modern-Fusion,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,HipHop,HipHop2010,R&B,R&B2010
Tensei - Two


Tensei - “Two” (2012) 

HaikuのBrainstormsやBlewを手掛ている"Midas Wells"と、UKのPimpernel Jonesとタッグを組んだプロデューサー・デュオ"Herma Puma"の相棒として2010年にSynchromysticをリリースしている"Simple X"によって結成されたシカゴのプロデューサー・デュオ 『Tensei』 として、BilalのRobotsのリミックスや、ジャズ畑のミュージシャンたちとワーク / レコーディングをこなす傍ら、CommonのFinding Foreverのイントロや、CassieのセルフタイトルアルバムJust One Nite, Talib Kweli (Reflection EternalのIn This Worldのビデオにも登場している) といったR&B / HipHopのアーティストの作品においてもハープを披露しているハーピストBrandee YoungerのSo Aliveのリミックスも手掛け、L.A.のレーベルPlug Research (Bilal, Quadron)から2012年に、David Taylor (Guitar), Greg Firak (Guitar), Savor Faire (Violin). Brandee Younger (Harp), Tyler Randall (Sitar), Greg Spero (Keys)らミュージシャンの生音を織り込んだModern FusionからModren Fusion HipHopを収めたEP "One"をリリース。

Oneに続き同じくPlug Researchからリリースされ、前作Oneでもお目見えしていたミュージシャンを含むKhari Lemuel - (Strings / Flute), Savoir Faire - (Strings), David Taylor - (Guitar), Greg Firak - (Guitar), Fred jackson - (Sax / Flute), Brandee Younger - (Harp), Kafele Bandele - (Trumpet), Tyler Randall - (Sitar), Greg Spero - (keys / Synths) が、Keys / Synths / Percussion / Programingを担当する中枢Tenseiの生み出す世界観の色彩と深度を深めている 『Two』 は、ヒップホップのエッセンスが強めに感じられた"One"よりもソウル / ファンク / R&Bのエッセンスが香る作品に仕上がっている。
その中でも、過去のコラボも含めるとTenseiには欠かせないミュージシャンと言っても差し支えないであろうBrandee Youngerのハープ、胎動するようなキックに絡む水泡が弾けるようなSE、雅なストリングス&ホーンなどが描く珠玉のモダン・フュージョンが押し広げられていく序盤を含め、複数のパートで構成された虹色のプロダクションがシネマサウンドのようにめくるめく世界と印象を与え、耳にする場面。耳にするリスナーによってその捉え方は何通りでも出来そうな聴覚をくすぐり揺さぶり刺激して止まない掛け値なしにグレイトなインストゥルメンタル・ナンバー(#01-"Passport")が白眉。その言葉では全てを説明し難い魅力とクオリティが故に以降の楽曲が褪せてしまうほど。とは言え、Afro Jazz Funkという褐色のグルーヴがクールに廻る(#02-"Plazzio's Revenge")も好曲だし、スーパープロデューサーBryan Michael CoxやDonnell Jonesなどともワークをこなし、現在はアトランタをベースに活動。"Soprano Sade Adu"と挑戦的な表現で自らを例えるJae Franklinを大々的にフィーチャーしたヴォーカル・トラックとなる、ソウル臭とエレクトロニック、Stuart Matthewman関連の作品にも似たセクシャルな艶感がスモーキーに混ざるアンニュイなモダン・ソウル(#08-"Think Twice")も本盤におけるハイライト。兎に角、#01と#08が群を抜いて素晴らしいのでまずはこの2曲のテイスティングをオススメしたい。


・Tracklist

01. Passport
02. Plazzio's Revenge
03. 100 Ton Press
04. low Key
05. Out of Bounds (Instrumental)
06. Think Twice (Version) ft. Khari lemuel
07. Out of Bounds ft. Neadathal
08. Think Twice ft. Jae Franklin & The Ones
09. Think Twice (Instrumental)

・Customer Ratings (05-19-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable



01. Passport

0 CommentsPosted in Tensei

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。