スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Dihann Moore - “You Do It For Me”

05 18, 2012 | Tag,House,Soulful-house,2010
Dihann Moore - You Do It For Me


Dihann Moore - “You Do It For Me” (2012)

Tribal AmericaからリリースしているWhat Do You Want?, King Street SoundsからリリースしているSomething To Smile Aboutや、Kings of Tomorrowがプロデュースし、自らもペンを執りヴォーカルを吹き込んでいるDon't Hold Back, Kolonki RecordingsからリリースしているLet's Keep Our Love Aliveなど1990年代からの活動を経てShegroovee Recordsを設立。The Shegroovee Bandなるバンドを率い、Jazz fusion / World musicのCDをリリースするプランも立てているのだという 『Dihann Moore』

ハウス畑で仕事を重ねてきたDihann Mooreということで、既に敬遠しているリスナーも少なからずいるのでは?と思うのだけれども、ぶった切るほどHouseとR&B / Soulって距離感は無いと思う。これまでにハウス畑からR&B畑へと転向するシンガーもいたワケだし、今だってR&BナンバーがHouse仕立てにリミックスされ、あのJazzy JeffだってIn The Houseシリーズで腕を振るっている。そして、現シーンではエレクトロニックをブレンドしたエレクトロ・ソウルやフューチャー・ソウルも興隆を見せ、ジャンルに囚われない越境的な音楽も登場しているのだからアリでしょう!?

Shegroovee Recordsのオフィシャル・リリース第一弾となる 『You Do It For Me』

ちょっぴりパンチが足りないような気もするけれども、グルーヴを刻むベースを捉えながらキャッチーに弾む涼しげなkeys, パーカッシブなビートと共に清涼感たっぷりに盛り上がるサビなどが仕立てるソウルフル・ハウスが横切っていく夏向きの爽やかさは素直に心地よい。


Dihann Moore - “You Do It For Me”

0 CommentsPosted in Dihann Moore

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。