スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Infinito 2017 - “Never Artificial” B/W “Where Ever I Go”

05 17, 2012 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Infinito 2017 - Never Artificial B/W Where Ever I Go


Infinito 2017 - “Never Artificial” B/W “Where Ever I Go” (2012) 

今回は、世間の流れなど何のその。シカゴのアングラシーンから実に75枚を超えるアルバムを送り出しているベテラン 『Infinito 2017』 のマキシシングル = 皆さんよくご存知であろうDa BeatminerzのMr. Waltがプロデュースしている 『Never Artificial』 と、Infinito 2017は勿論、Illmind, Kev Brown, Baby Blakらとワークをこなしてきたシカゴ出身のビートスミスFatniceが手掛け、オフィシャルビデオも公開されている 『Where Ever I Go』 をピックアップ。

- BIO -
シカゴで生まれ、年上の従兄弟のアシストを受けライムを始めた13歳の青年 『Marcellous Lamont Lovelace』は、もう1人の従兄弟である"Dariel Dashon Franklin"と"LDP"なるユニットを結成。この頃にMarcellousは名前を"M C ML" ( Master of ceremony Marcellous Lovelace ) へと変更し、パートナーの従兄弟は"MC Dariel D"を名乗り、boombox (ステレオラジカセ)を使い例えば、James Brownの"Big Pay Back"を下地にレコーディングを行う日々を過ごしていたそう。

その後、母に連れられてケンタッキー州とイリノイ州を行き来する時期があったそうだが、その頃は1週間に10以上のフリースタイル・テープを生み出すという精力ぶりをみせ、メンフィスにある高校を卒業。高校卒業後にシカゴへと戻り暮らす1994年...Marcellousは相棒"Dariel"の死という訃報に直面することとなる。

再びメンフィスへと戻ったMarcellousは、Darielへの思いをタトゥーへと刻み込み、アナログ、ミキサー、スピーカー、テープデッキを購入しレコーディングを開始。ローカルのオープンマイクに定期的に足を運びスキルを磨く一方で、Memphis College of Artに入学し絵画を学んでいた ( アーティスト"Marcellous Lovelace"として絵画を現在も生み出している ) この頃に、"Mr. Skurge"と出会い結成した"Unorthodox Poets Society"として (Infinitoの名前は相棒の"Mr. Skurge"がつけたそう) メンフィスで数多のショーをこなし、1998年にシカゴのヒップホップ・プロデューサーズ"Moleman"と"The Nacrobats"のクルーとしてジョイント。

自身のプロジェクトとしては、Infinitoの家族のラストネームのショートVer.となる"Frank"をあしらったセルフレーベル"Nephew of Frank Records"下からリリースされた、Molemanの"Memo"が制作に関与しているLP "Documentary" (1998)"や"Music with Sound Right Reasoning" (2002), Thaione Davisと結成したデュオ"I.T."としてリリースした"Low Income Housing" (2004)などに加え、他レーベルを併せ現在までに実に75枚を超えるアルバムを送り出し、KRS-One, De la Sou, All Natural, Big Ass Truck, The Verb, Juice, Psalm One, Awol One, iCON The Mic King, Bahamidia, Rhymefest, The Streets, Atmosphere, Immortal Technique, Mr. Dibbs, Thaione Davis, Typical Cats, Hezikiah, Outerlimitzなど数多のアーティストのショーやオープニング・パフォーマンスをこなし厚いプロップスを獲得している。


・Tracklist

01. Never Artificial
02. Good At Being Myself
03. Not You (who)
04. Where Ever I Go
05. The Prognosis (Beat)

・Customer Ratings (05-17-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

04. Where Ever I Go


因みに同じくFatniceがProd.しているPause Record Not for Sensitive Ear収録の“Cold Flow” - とにかくカッコイイとしか言い様がない吟醸物。
Purchase [ amazon | iTunes ]

0 CommentsPosted in Marcellous Lovelace ( Infinito 2017 )

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。