スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Temika Moore - “The End of Me (EP)”

04 25, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Temika Moore - The End of Me


Temika Moore - “The End of Me (EP)” 2012 

Will Downing, Roy Ayers, Marcus Johnson, Stanley Turrentineとステージをシェア。これまでにKEM, Ledisi, Dwele, Conya Doss, Cassandra Wilson, Najee, Pieces of a Dream, Melba Moore, Jean Carneらのオープニングも務め、Smoothjazz.comにピックアップされるなどスムース・ジャズ・シーンにおいても評判を得るきっかけになったと推測し得るPeace Of Mind, Everything Must Changeといったスムース・ジャズや、ネオソウル仕立てのSummertime, 声質こそ違えどもBrandyのデビュー作あたりの雰囲気を醸すCan't Give No Mo', アコースティックなサウンドと歌唱がそよぐTesimony, Tesimonyの質感を含みながら締めを飾るバラッドHolding On to Youなどを収めたアルバム"Moment of Truth"でデビューを飾ったフィラデルフィア出身、ワシントンDCを活動拠点とするシンガー 『Temika Moore』

美しいトーン、フレージング、良きシンガーとしての要素を備えたアーティストだとWill Downingが評している、デビューアルバムにしてスムース・ジャズ・チューンをも収め艶やかながら気品が香り立つ歌い口と節々で感じる芯の強さ。Jazz, Soul, Gospel musicを核としたミュージック・カクテル=本来の音楽をリスナーに届けようとするセールスを隅に置いたスタイルが魅力のTemika MooreのニューEP 『The End of Me』 は、淡く温かいオブラートに包まれたキックやベース、クラップが放つ良い意味で希釈されたストリート臭の上辺で瞬くエレクトリックな明滅、しなやかなタッチで弾かれるkeysなどあくまで脚色を抑えたサウンド・プロダクションに見合った貫禄のある歌唱を丁寧に展開していく(#01-"I'm Not Ok"), SOUL/R&B/ゴスペルをコンバインした躍動感・生命力が弾けるサウンドと、どうだと言わんばかりのポーズをとり歌う姿すら頭に浮かべてしまうTemika Mooreの歌唱に90's R&Bの面影が滲むパワフルなパフォーマンスがツボな(#02-"I Wish I Knew Back Then"), 本EPでは一番、デビュー時のTemika Mooreの質感を感じさせてくれる(#03-"Is It Really This Simple?"), そして2ndアルバム"Doing Just Fine"収録のLet It Goを数多のビートバトルを駆け抜けEric Robersonの"A Tale of Two People"のリミックス・コンテスト"Eric Roberson’s Tale of Two Remix Contest"においても見事優勝してみせたTall Black Guyがリミックスした{#04-"Let it Go (Terrel Wallace aka Tall Black Guy Remix)"}など全5曲を収録。

やはり感じるのは、セールスや見栄えを過剰意識した音楽との差別化 (本人はそこまで意識していないかもしれないが) であり、そういった音楽とは異なる純粋な音楽をひたむきに届けようとする姿とますます増した貫禄を味わいたい1枚。


・Tracklist

01. I'm Not Ok
02. I Wish I Knew Back Then
03. Is It Really This Simple?
04. Let it Go (Terrel Wallace aka Tall Black Guy Remix)
05. The End of Me

・Customer Ratings (04-25-2012)

amazon (JPN) ☆ - Unavailable
amazon (USA) ☆ - Unavailable
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable


0 CommentsPosted in Temika Moore

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。