スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Hiatus Kaiyote - “Tawk Tomahawk”

04 18, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Hiatus Kaiyote - Tawk Tomahawk


Hiatus Kaiyote - “Tawk Tomahawk” (2012) 

これまでにTaylor McFerrin, Chris Clark, Harmonic 313, Robin Fox, Laneous and The Family Yah, The Barons Of Tangらとショーをシェア。地元オーストラリアでは、オーストラリアのインデペンデント・アーティスト / アンサイン・アーティストに焦点をあてた新しい音楽・アーティストの発掘を促しているTriple J Unearthedにもフィーチャーされ、デビューシングル"Lace Skull"はLAやパリのラジオにピックアップ。Lace Skullを含め本盤に収録されているRainbow RhodesとNakamarraがLAのラジオステーションKCRWでオンエアされるなどオーストラリア外でも先を見据えたそのフレッシュかつユニークな音楽性に注目が集まりつつあるNai Palm (vocals, guitar, keys), ヒップホップ・バンドJumbledatのフロントマンだったPerrin Moss (drums, percussion, sampler), Paul Bender (bass, laptop), Simon Mavin (keys, synths, electronics) によって結成されたオーストラリアはメルボルンの4ピース・フューチャーソウル・グループ 『Hiatus Kaiyote』

ヒップホップ / ソウル / フラメンコ / ダブステップ / オペラを内包し、ダウンビート・ソウル、ジャズ・フュージョン、ヒップホップのビート、ネオソウルからインスパイアを受けたフューチャー・ビートを精巧にブレンドしたミスティック / シネマティック / ムーディーなトラックを生み出すHiatus KaiyoteのEP "Tawk Tomahawk"は全10曲を収録。
哀切を滲ませるフォーキーな冒頭を経て徐々にシリアスな局面へとシフトさせていくしなやかで力強いピアノ。フューチャリスティックなサウンドを伴い劇的な展開を解き放ち駆け上がる2:20以降のスケール感など自由な表現とヴォーカルが紡ぐ世界観が美しいデビューシングル(#07-"Lace Skull"), エレクトロニック、ネオソウル、Simone Page Jonesをオペラ・ヴォーカルに迎えたオペラを精巧にブレンドした神秘的な趣きを放つサウンド。そして、一部で見せるオペラ調の歌唱も手伝ってか?歌うというより寧ろ独特の世界観の中を遊泳していると言ったほうが伝わりやすいであろうNai Palmのアーティスティックなセンス、時にシャープに、時にアンニュイに歌い込む柔軟さが世界観をより深く広く押し広げる(#04-"Malika"), 全体を覆うミスティック / シネマティックな濃い口さとは裏腹な!?フリーソウル / レアグルーヴ / Jazz-Fusion系の淡く洒落た瑞々しいグルーヴと、ソウル~ネオソウルへの思い入れを窺がわせるソフトなヴォーカルで温かく彩る珠玉のソウル・チューン(#10-"Nakamarra")を筆頭としたソウル / R&B / ネオソウルを芯に据えながら繰り広げる自由度の高いスタイルや、#01, #04, #07のようなめくるめく展開と思い思いに描かれて行く深みのある世界観が与える陶酔感は、Hiatus Kaiyoteの今後の活動および作品に期待を寄せたくなってしまうほどの魅力を放っている。


・Tracklist

01. Mobius Streak
02. The World It Softly Lulls
03. Leap Frog
04. Malika
05. Ocelot
06. Boom Child
07. Lace Skull
08. Rainbow Rhodes
09. Sphynx Gate
10. Nakamarra

・Customer Ratings (04-18-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - Unavailable
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

Hiatus Kaiyote - “Tawk Tomahawk”


0 CommentsPosted in Hiatus Kaiyote

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。