スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Everymen - “Two Each His Own”

04 06, 2012 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Everymen - Two Each His Own


Everymen - “Two Each His Own” (2012)

Take It Back To Bring It Forwardをリリースしているビートスミス"Beattrix"と、The Fair Trade Mixtape : BackAtItAgainをリリースしているemcee "Mykes"によって結成されたウェールズ南部、スウォンジーをベースにしているヒップホップ・デュオ 『Everymen』
Boom BapサウンドにSoulとFunkの欠片を散りばめたトラックを7曲収めた 『Two Each His Own』 は、それぞれのソロ・ワークとは異なるアプローチを取っているようで、先に挙げたコンセプトを核に据えつつ、全体的にはカラリとした陽性のサウンドを押し広げ、フロウもフックも歌心を含んだキャッチーな要素を摺り込んだプロジェクトへと舵を取っている。
それ故にリスナーを選ぶ傾向があることは否めないものの、Everymenのコンセプトの核たる部分を感じさせてくれるフットワークの軽いビート、ファンキーなギターループ、カラリとした爽やかな音色を運ぶオルガン、爽快に突き上げるカットに、ウォームなフロウをかます(#02-"At The Table")や、Beattrixのヒップホップに対するフェティシズムを感じさせる90's HipHop期のオーセンティックなビートのソリッドさと淡いジャジーなホーンとのコントラストがインパクトを放ち、ややネチッこいフックをかます、欲を言えばそのフックにもっと黒さや粘りといったドロリとしたファンクが絡めばなお良かった(#04-"Through The Window")あたりは先に挙げた要素の均整がとれており、このコンセプトだからこその旨味を持っている。
他、 勿論こういった手が好きな方もいるだろうけれども、疾走するギターループとアップリフティングなビートが鬩ぎあう怒涛の心地よさを持ちながら、必要以上にメロディックなフックで一気に冷めてしまう軽さが受け入れ難い(#03-"So Romantic")や、HipHop×Rockにやはりキャッチーさが加味された(#07-"Limestone")など、キャッチーな部分をどう受け止めるかで評価が大きく変わる全7曲を収録。

二人の共演という繋がりでいけば、BeattrixのTake It Back To Bring It Forwardに収録されている"Spin That"が好チューンなので一聴を。


・Tracklist

01. Intro
02. At The Table
03. So Romantic
04. Through The Window
05. No Strife
06. Squish Your Head
07. Limestone

Everymen - “Two Each His Own”

Beattrix ft. Mykes - “Spin that”

0 CommentsPosted in Everymen

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。