スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Krystal Klear ft.Olivier Daysoul - “Never Thought You Would Go”

03 25, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,NJS
Krystal Klear ft.Olivier Daysoul - Never Thought You Would Go


Krystal Klear ft.Olivier Daysoul - “Never Thought You Would Go” (2011 / 2012) 

生み出すトラックはBoogie / New Jack Swing / House / Hiphopにわたり、Hudson Mohawkeによるリミックスを収めたディスコ・ブギーな肉汁がジュルジュルと溢れるEP "Tried For Your Love"や、Hoya HoyaからリリースされたV.A. = Hoya:Hoya 1 EP収録の"Persuaded Me", そして今回チョイスした 『Never Thought You Would Go』 を筆頭に、マナーを踏まえた解ってらっしゃる特選のBoogie / New Jack Swingトラックや、90's House臭を放つニューシングル"We're Wrong"を放ち、各界から熱い眼差しを集めているマンチェスターのプロデューサー 『Krystal Klear』

Houseも守備範囲の軸ならば新作となる"We're Wrong"もありなのだろうけど、KUROFUNEとしてはやはりGiant Stepなどでも取り上げられ既にご存知な方もワッサワッサといるであろうアナログでは昨年の12月に、デジタル音源は2012年にリリースされた「90's 初期の空気感をそのままにパッケージした!」と言っても言い過ぎではないであろうテイスティーなNew Jack Swingサウンドに、Oddisee界隈 (Oddiseeの作品への参加や、そのOddiseeが全面プロデュースしたOliver DaysoulのソロEP Mr. Saint Louis) や、Onra, Eric Lauらの作品でソウル・マンぶりを奮っているワシントンD.C出身のシンガー"Olivier Daysoul"のベルベット・ヴォイスが炸裂する 『Never Thought You Would Go』 がタ・マ・ラ・ナ・イ。

事前の情報なくして聞けば90's 初期に生み出されたトラックでしょ!?と勘違いすらしてしまいそうなヴァイブこそが魅力の全て。古臭いと捉える方もいれば、何てこった!とヨダレを垂らし歓喜する方もいるであろう"Never Thought You Would Go"をKUROFUNEは大歓迎をもって迎えたいと思う。Never Thought You Would Goがツボならば、同じくOlivier Daysoulがヴォーカルを注ぐ(#02-"Waistin' Time")にもニヤニヤしてしまうハズ。


・Tracklist

01. Never Thought You Would Go
02. Waistin' Time

・Customer Ratings (03-25-2012)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (USA) ☆ - There are no customer ratings
HMV (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable



Krystal Klear ft.Olivier Daysoul - “Never Thought You Would Go”

0 CommentsPosted in Krystal Klear

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。