スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

The JRo Project - “New Skin”

03 20, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Neo-Soul
The JRo Project - New Skin


The JRo Project - “New Skin” (2011 / 2012)

Michael Jackson, Whitney Houston, Dean Martin, Luther Vandross, Menudo, ジャンルではソカやカリプソ、カントリー、R&Bなどを聴いて育っただのだというボストン出身のシンガーJoy Rosterこと 『The JRo Project』 は、Zili Misikなるボストンをベースに活動をしているグループと共にツアーを行い、Queen Omega, Shaggy, Tosh-I, Boukman Eksperyansらとパフォーマンス (どうやらヴォーカル以外にサキソフォンもプレイ) 。そして、この頃にはソングライティングにも着手。バークリー音楽院でも学んでいたらしいJRoのソウル / 音楽に対する探究心は当然止むことなどなく、ボストンのミュージシャンとレコーディングを始めたのだという、そのプロジェクトを"The JRo Project"と称しているのだと思われるEP 『New Skin』 を2011年の9月にリリースした後に、(確認できる範囲では、CD / デジタル音源としても販売していないようで、どういった形式でリリースされたか不明。2011年にリリースとBioでは述べているが、2012年リリースと言っても差し支えなさそうだ) その活動拠点はカリフォルニア州へと移り、現在ではベイエリアのミュージシャン = Bob Sanders (guitar), Pete Ruecktenwald (bass), Cory Aboud (drums) と、プロジェクトの核Joy Roster (Vocals) が"The JRo Project"のメンバーとされている。

本盤は基本 (#01~#04) 、Sean Cronin (guitar), Maxim Lubarsky (piano), Alex Gordeev (bass), Jack DeBoe (drums) らと共にレコーディングをしており、#05のみKana Dehara (keys), Lexi Havlin (guitar), Joanna Maria (bass), JoBeth Umali (drums) らとレコーディング。
Alex GordeevとJoy Roster自らもEPのプロデュースに関わっている本盤は、ワールド・ミュージックの匂いも漂わせるリズムと淡いジャズのエッセンスが誘う冒頭にやがて絡み始めるファンクを彷彿させるコズミックなサウンドや、ギターリフを経た1:00後半~2:00前半ではソリッドなロックとタフなヴォーカルを浴びせるホットな展開を見せたと思えば、冒頭で淡く匂わせていたジャズとコズミックなレイヤーが廻る展開でチルアウトさせる表情の豊かさが面白い(#01-"I Believe"), ジャングル調のアグレッシブかつポジティブなビートと、淡く揺らめくギター、keys、子供達がはしゃぐ声、JRoのトーンを抑えた包容力のあるヴォーカルとのコントラストが、まるで前を切り開いていくような情景を抱かせる色んな意味でフューチャーなソウル・チューン(#02-"New Skin"), USというよりはUK、所謂アシッド・ジャズが好きな方にはタマラナイであろう爽やかに駆ける流麗なグルーヴ、しなやかなヴォーカルと共に心地よく突き抜けていく清涼感100%のフックの明快さといいラジオ・フレンドリーさも兼ね備えたグルーヴィー・チューン(#03-"Safe Place"), とくればお次はジャズ / ブルース / ソウルを混成した褐色の渋さで深みへと惹き込み魅了するいぶし銀の(#04-"You Said"), ソウル / ファンク、ジャズ・ファンクとロックをブレンドした土臭~いサウンドに、エネルギッシュなヴォーカルを充填するコチラも#04同様に渋路線のリスナーを恍惚とさせる(#05-"Press Play")の全5曲を収録。

ソウル / R&B / ジャズ / ロック / ブルースを咀嚼したセンス。型に捉われない音楽をやろうとする意思と、その意思を貫くばかりにソウル / ファンク / ジャズをないがしろにしたようなゴチャ混ぜ音楽を生み出すアーティストとは異なる根底にあるソウル / ファンク / ジャズのフィーリングにも好感が持てるし、生音から生み出されるグルーヴや躍動感をパッケージした力作だと思う。小難しいことは考えたくないという方は、これから迎える春にかけたくなる(#03-"Safe Place")をお試しあれ。


・Tracklist

01. I Believe
02. New Skin
03. Safe Place
04. You Said
05. Press Play


2 CommentsPosted in JRo Project

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-2 Comments
By Hirogawa03 20, 2012 - URL [ edit ]

かなりGood、欲しい。

By phatkat03 21, 2012 - URL [ edit ]

Hirogawaさん、はじめまして。

Joy RosterのNew Skin、同じくかなりGoodだと思い紹介したので、気に入ってもらえて何よりです。
デジタル音源でも構わないので是非とも販売してもらいたいものです。
勝手な推測ですが、EPからの進化=フルアルバム・プロジェクトの始動を視野に入れた公開かもしれません。

お忙しい中、ご訪問&コメントを頂きありがとうございました!

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。