スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Chris Turner - “Monk Tape”

03 15, 2012 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Chris Turner - Monk Tape


Chris Turner - “Monk Tape” (2012)

2010年度屈指のR&B/SOULの名曲に認定させてもらった"Liquid Love"以来、stickyGREEN (Pete Rockがプロデュース), Stevie WonderやSly & The Family Stone, Sadeのカヴァー、Liquid Loveのアコースティック・セッション、本盤にも登場するドラマーJamire Williamsらと結成したバンドERIMAJのヴォーカリストとしてEP Memo To Allや、こちらもマニアの間で話題を呼んだシングルConflict Of A Manをリリース。Gilles Petersonsがコンパイラーを務めるコンピレーション・アルバム"Brownswood Bubblers"シリーズ第七弾にも"Liquid Love"がチョイスされ、「フルレングス・アルバムの公開は何時か?」と好事家たちの逸る気持ちと注目を集めている 『Chris Turner』

そのChris Turnerが、 Billie HolidayやNat King Coleのナンバー、そして多くのシンガーに歌い継がれてきたMy Foolish HeartやYou Stepped Out of a Dreamといったポピュラー・ソングを収録したNY Session盤 『Monk Tape』 をリリース。
70's SOULからのインフルエンスを感じさせるLiquid Loveのインパクトとクオリティや、Stevie Wonder, Sly & The Family Stone, Sadeのカヴァーなどから受けるソウル・シンガーとしてのイメージが故にジャズへの回帰と受け取る方もいるかもしれないが、名門New School Universityでジャズとコンテンポラリー・ミュージックを専攻していたとのことだし、先に挙げたバンドERIMAJのEP Memo To Allはジャズがベースのブラック・ミュージックという点も含め、同時進行しているChris Turnerのジャズ・サイドの魅力を詰めた作品だと思う。

ジャズは普段、聴かないなんて方はLiquid Loveをリリースした際にジャズEPも作成中なのだと語り、そのセッション模様をアップロードしていた際の1曲でもあり、ERIMAJの Memo To Allに収録されている"For You"のライブ・ヴァージョンであろう「ジャズ+」のセンスを十二分に感じ取れる意欲作[#04-"aint misbehavin (for you)}を試聴して欲しい。コレが気に入ったならば、こちらよりもR&BへとアプローチをとったERIMAJのシングル"Conflict Of A Man"も必聴。(無論、Liquid Loveもね)

既にChris Turnerのファンだという方も、初見という方も、ジャズという敷居で敬遠するべきではない多くのリスナーの心を解きほぐすChris Turnerのハートフルな歌声に触れて欲しい。


・Tracklist

01. my foolish heart
02. god bless the child
03. you stepped out of a dream
04. aint misbehavin (for you)
05. get to gettin

Chris Turner - “Monk Tape


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Chris Turner

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。