スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

His Merry Men - “Bobby Got” / “Been Around”

02 08, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
His Merry Men - Bobby Got / Been Around


His Merry Men - "Bobby Got" 

His Merry Men - "Been Around"  

HMMこと 『His Merry Men』 は、2009年後期に結成されたMegan Crocombe (Vocal), Lachy Bell (Guitar), Nick Hunter (Keys), BJ Perry (Bass), Steve Fischer (Drums), Sean McKenzie (Alto Saxophone), Andy Ball (Tenor/bari Saxophone), Ben Byrne (Tenor), Evyn Arnfield (Trumpet) によるオーストラリアはクイーンズランドの9ピース・ファンク・バンドで、オーストラリアのブリズベーン周辺、ゴールドコースト、ニューサウスウェールズなどで多くのギグを重ね、2010年には、チャート、コンペティションなどを通じ、オーストラリアのインディペンデント・アーティスト / アンサイン・アーティストに焦点をあてた新しい音楽・アーティストの発掘を促しているTriple J UnearthedのPop chartのNo.1をマークしたデビューシングル 『Bobby Got』 でデビューを飾り、デビューシングルと同時に2ndシングル"Been Around"をリリース。2011年には、現状における最新シングルとビデオクリップ"Super Secret Spies"をリリースしている。

同郷オーストラリアでも特に有名なファンクバンドThe Bamboosや、Cat Empireに似た性質を持ち、4ピースのホーンセクションも特色として打ち出しつつファンク外のジャンルも取り込んだHMMのデビューシングル 『Bobby Got』 は、爽快な海風を思わせるグルーヴに併せホーンセクションの肌触りも極めて心地よく靡くラインをトッピング。ウキウキと弾むベース&Keysに、海辺の空気・日差しを思いっきり吸い込み吐き出すような伸びやかで快活なヴォーカルがフローティングする燦々としたヴァイブの温もりが生み出す親しみ易さに、なるほどポップ・チャートのNo.1をマークしたという気持ちに素直になれる好チューン。
また、同時にリリースされた2ndシングル 『Been Around』 は、よりホーンセクションが生み出すダイナミックな艶感を感じられるもので、"Bobby Got"と比べよりドライブ感のあるグルーヴを捻出。飛び交うKeysもクールさの中に煌くファンクネスを演じ、中盤以降ではラテンを混成した情熱的なパフォーマンスへシフト・アップするなどバック陣・ヴォーカルを含めエモーショナルな展開を楽しめる躍動感溢れる1曲に仕上がっている。
なお、3rdシングル"Super Secret Spies"は、ロックやスカを混成したものだと思われるサウンドと、タイトルを彷彿させるスリリングな展開を披露。ロックめいたシャウトも挟むMegan Crocombeの新たな顔が垣間見れたりエネルギッシュだたったりと、ジャンルに囚われないスタンスには好感を持てるのだが、SOUL/FUNKサイドから見るとレールがズレている気がしてしまう。であれば、同シングルに収められている序盤こそポップでキュートなイメージを緩やかに振りまくものの、約2:00分台からご機嫌痛快なファンク節を爽快に爆発させるポップなファンク"Njoy"をチョイスしたいところ。



0 CommentsPosted in His Merry Men

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。