スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Yuna - “Live Your Life”

02 06, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,Pop
Yuna - Live Your Life


Yuna - "Live Your Life" (2012)

マレーシア北西部の州ケダーのアロールスターで生まれ、ファースト・インスパイアは、No Doubt, The Cranberries, Fiona Appleといったブラックミュージックを主食とするリスナーにとっての距離感は決して拭えないアーティストからの影響を受けながら所謂、その普遍的なスタイルや魅力が故にインスパイアを受けたのだと思われるYuna Zaraiこと25歳のシンガーソングライター 『Yuna』

ロー・スクールに通っていた頃からギターを手に取りライティングを猛烈に始め、セルフタイトルとなるEPを2008年にリリースすると、シングル"Deeper Conversation"が、マレーシアのミュージック・アウォーズBest English Song at the 2009 AIM Awardsに選ばれ、マレーシア語で歌った"Dan Sebenarnya"がBest Pop Song and Song of the Yearも受賞。MTVの批評家、ニューヨーク・ポスト、Russell Simmonsさえも“an amazing new singer…her music is incredible”と称する彼女のUSデビューとなるEP "Decorate"も2011年3月に上陸し既に多くのファンを抱えている。

今回ピックアップした 『Live Your Life』 は、今年の夏にリリースする予定だと言われているフルアルバムからのリードシングルとなり、実はPharrell Williamsがプロデュース。アコースティックなサウンドがそよぎ、触れればそっと押し返し包み込んでくれるような柔らかく温かいヴォーカルのソレは、洗いざらされ褪せる衣服が本来の色合いを取り戻すように、25年という人生に揉まれ洗われたYunaという人物像を無垢とイメージしたくなるような魅力を持っており、その"Yuna"の魅力を殺すことなく、パーカッションを伴いスムースに駆けるアップテンポなビート、繊細なタッチで舞うストリングスとジャジーなKeysが軽く注ぐソウル/ディスコのエッセンスをシンプルに重ねたサウンドは、アコースティック・フォーク / ポップ路線を攻める EP "Decorate"とはまた違った角度からYunaの表情を映している。

※コレがR&B?SOUL?という意見もありそうですが、「ポップ」のみで括るには勿体ない点や、この手のワークやコラボレーションが今後もありそうな予感がするということからKUROFUNEではR&B, SOUL, Popにカテゴライズさせてもらいました。


・Customer Ratings (02-06-2012)

amazon (JPN) ☆ - Unavailable
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - Unavailable
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×28, ☆☆☆☆×2)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable

※JPNはEP "Decorate"もシングル"Live Your Life"も取り扱いなし。全滅ですね...(2012.02.06時点)

Yuna - Live Your Life

EP "Decorate"が気になって仕方なくなってしまった方へ。(ソウル/ネオソウル的な感触を放つCoffeeがオススメ)
Yuna - Decorate EP

0 CommentsPosted in Yuna

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。