スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Maverick - "Redistricting Sampler" (In the Ruff Remixes)

12 27, 2011 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Maverick - Redistricting Sampler (In the Ruff Remixes)


Maverick - "Redistricting Sampler" (In the Ruff Remixes) - 2011

Oddiseeの友人であり、そのOddiseeを唸らせ、Maverickのbeatsをもっと多くのリスナーにシェアすべきだとOddiseeが脇からバックアップする"The First Step EP"を、Oddisee自らのブログにもフィーチャーしプッシュしていたワシントンDCのプロデューサー 『Maverick』 の新作 『Redistricting Sampler (In the Ruff Remixes)』 をピックアップ。

Oddisee絡みという点と"In the Ruff"という点とを頭で結び、既にお気づきの方もいるのではないかと思う本盤は、Oddisee, yU, XOによって結成された"Diamond District"のヒップホップ・クラシック"In the Ruff"からチョイスした5トラックを"Maverick"がリミックスした1枚で、レイドバックを誘う緩めのイントロから、これからが見せ場だと言わんばかりに叩き込まれ雪崩れ込むサウンドがテンションをかっさらい、90'sのファンクネスなストリート・エッセンスを含ませたホットなビートがバウンスする{#01. Streets Won't Let Me Chill (Maverick's U Street Remix)}からして耳を奪われれば、渇きを潤すべくビートを探求するビート・ジャンキーの耳を潤すエナジーに満ちたストレングスを放つ圧倒的なビートのフレッシュさと鳴りにガツン!と酔えるダイナミックなプロダクションに感涙ものの{#02-"Get In Line (Maverick's Trinidad Remix)"}で、既に装着したヘッドフォンは外せなくなってしまう。

勿論、続く後曲も#01, #02で鷲掴みにした期待を裏切ることなどなく、EPMDというかEric Sermonが特にその凄腕を奮っていた時代にプロデュースした緩いファンク・チューンの匂いが好きならばツボであろう、そのプロダクションがDiamond Districtの面々の、ややネットリとしたフロウと絶妙の相性を示す{#03-"The Shining (Maverick's Anacostia Remix)"},
アーバンな装いを運ぶブラコン・フレイヴァとスムースな趣向を注ぐジャジーなフレイヴァが、ここぞというタイミングで緩やかな起伏を含ませることで、ふくよかさに磨きがかかるビート上で折り重なる緻密さが覗えるクールなトラックメイキングの質は、単に上辺で感じとれるジャジーなんて言葉のみで括るべきではない{#04-"I Mean Business (Maverick's Carver-Langston Remix)"},
オリジナルからの引用だろうか?疾走感を注ぐハイハットを伴ったソリッドなビートが生み出す衝動に、ドラマティックでありながらビートと重なることで力強い荒さをも醸し出すストリングスをかまし、メロディアスなフックではアッパーなギターループを充てることでガッチリと掴みを抑えている{"In the Ruff (Maverick's Uptown Remix)"}と、本当にFreeで良いのだろうか??と疑いたくなるほどの秀リミックスを計5曲収録したKUROFUNE一押しの1盤。


・Tracklist

01. Streets Won't Let Me Chill (Maverick's U Street Remix)
02. Get In Line (Maverick's Trinidad Remix)
03. The Shining (Maverick's Anacostia Remix)
04. I Mean Business (Maverick's Carver-Langston Remix)
05. In the Ruff (Maverick's Uptown Remix)


0 CommentsPosted in Maverick

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。