スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Elle Winston - Who Said It Was Simple?

12 17, 2011 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Elle Winston - Who Said It Was Simple?


Elle Winston - Who Said It Was Simple? (2011)

『Elle Winston』 は、2008年にアリゾナ州立大学の音楽学士を修め、アリゾナ州フェニックスをベースとする2グループ = ファンク・グループ"Hot Birds and the Chili Sauce" (Lauren WinstonとしてVo.を担当) と、Emilio Carusoを核とするラテン・グループ"Bata Ire" (Lauren WinstonとしてVo.を担当)の一員として、レジェンドGil-Scott Heronを筆頭に, Breakestra, Joan Jett, Groupo Fantasma, Orgoneなどのオープニングも務め、ミュージカル・スタイルから、レアグルーヴ、アメリカン・ファンクバンド、アフロ・キューバン / アフロ・ブラジリアンなど多くのスタイルを歌い上げ、2011年12月にソロ・プロジェクトとなる 『Who Said It Was Simple?』 をリリースしたNYはブルックリンをベースに活動をしているシンガーソングライター。

「ソウル」というタグを付けている本盤の冒頭を飾る(#01-"We Gotta Go")から、まずは触れてみたいと思う。#01を聴いた印象は「ソウル」というよりも、The Rootsや生音を活かすネオソウル勢あたりに近いジャズ・フィーリングを取り込んだ苦く渋いコクがジワリジワリと抽出される上質なサウンドに、トーンを抑えたアダルトなヴォーカルを軸に据えながらも、ファンク/ラテン・グループのVo.も担っている"Elle Winston"の淡さの中で燻ぶる熱い節回しが効いた「ソウル」のみならず「R&B / ネオソウル」ファンにもオススメできる仕様だと思う。
続く、(#02-"My Everything")は、#01の同路線上に捉えられるタイプと言っても差し支えない印象を与えるイントロを経て、徐々にファンク・カラーが露になり特に終盤ではシックなイメージを覆す、軽めにハジけたパフォーマンスによる開放的なサウンドが程よい埃臭さを放ちながらフェードアウトするというソウル・チューンに。
シングルとしてリリースしていた(#03-"Fallen")は、感情の深淵を抉られるような"Elle Winston"のヴォーカルと、Elle Winstonの情感に共鳴するかのように共に歩むピアノに絞った彼女の濃厚な歌声を味わえるディープな1品に仕上げており、感じとしてはLittle Dragonの"Twice"に近い感触を受ける。
freeで提供している(#05-"Valerie")は、Amy Winehouse & Mark Ronsonの"Valerie"をElle Winston流 = アコースティック・ソウル Ver.としてカヴァーしたもので、味わい深いブルージーな歌唱が味わえるのと、Hidden Trackなのか?4:00以降で彼女のアカペラが吹き込まれているので、こちらも併せてチェックを。
(#06-"My Everything")は、他曲でもインストゥルメンタルでも参加しているAnimate Inventions (Teri Tobinのプロダクションにも噛んでいる) の"Kevan Aaron"がプロデュースしたトラックで、アコースティックな味わい、レイドバックを誘うホーンアレンジをチャーミングな浮遊感で包み込んだかと思えば、2:00分前半および終盤においてジャズアプローチで魅せるなど、単にアコースティック・ソウルという言葉では括れない作り込みで迎えてくれる。

Elle自身もプロダクションに参加していることもあってか?ソウル / アコースティック・ソウルにカテゴライズしているアルバム全体の統一感があり、いずれかの1曲を聴いて良いというフィーリングを受けたならば、その期待を裏切らない良盤であると同時に、ところどころに散りばめられたAmerican jazz, Soul, Funk, Blues, R&B, Alternative music, World musicからのインフルエンスによって築き上げられている彼女の感性を耳で拾いながら聴くという楽しみも備えた1枚だということから、KUROFUNEではカテゴリーにR&Bをプラスさせてもらいました。


・Tracklist

01. We Gotta Go
02. My Everything
03. Fallen
04. Look Around
05. Valerie
06. My Everything

Elle Winston - Who Said It Was Simple?
name your priceおよび#05-"Valerie"は登録ありでFree DL


●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Elle Winston

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。