スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

TSoul - Happy Holidays

12 04, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK2010,SOUL/FUNK,Holiday
TSoul - Happy Holidays


TSoul - Happy Holidays (2011) Happy Holidays - T-Soul

しばしばAnthony Hamilton, Tank, John Legend, R. Kelly, Sam Cooke, Otis Redding, Lyfe Jennings, Jaheimらと比較され、若い頃から独学でピアノも学んでいたのだという、ヴァージニア州リッチモンド出身のシンガーシングライター / プロデューサー Terry "Tsoul" Pinkardこと『TSoul』は、オンライン上でカヴァー曲を披露しながらファンを増やしつつ、2010年にセルフ・リリースしたデビューアルバム"Love & Music"で更にファン層を拡大し、新旧のファンを魅了してみせた実力派 (USのi-Tunesのカスタマー・レビューなどでも大絶賛されている) であり、先に挙げたシンガーの誰かが好きならばきっと"TSoul"も気に入るだろうという自信と、確かな音楽をアメリカのみならず世界中のリスナーと共有したいんだ!という気概を纏っている。

高評価をつけるリスナーも多いデビューアルバムのサウンド面で言えば「ソウル」というよりも、より多くのリスナーに自分のギフト (歌) が届いて欲しいという思いが投影された「現R&B」調のトラックが多めに収録されているため、聴く曲によっては「メインストリームでの浮上を狙ってる?」と感じさせてしまう側面もあるが、確かな「ソウル」を感じさせる、その絶対的な厚さを持つ包容力とテンダーなヴォーカルから放たれる官能指数には計り知れないものがある。もし、時間に余裕がありデビューアルバム"Love & Music"を聴くならば、タイトルソング(#01-"Love & Music")やネオソウル・タッチの(#08-"Candy")あたりの試聴をオススメしたい。

さてさて、TSoulの魅力を頭に叩きつけてもらったところで、今回の主役"Happy Holidays"を召し上がっていただきたいのだけれども、単刀直入に評価すると"Love & Music"よりもサウンド・歌声共に濃厚なソウル・クリーム+ジャズがホイップされた、TSoulの魅力を伝えるうえで薦めるならば、例え聴く時期が限られようとも"Happy Holidays"を挙げるであろうといった具合に、ホリデーシーズンとTSoulの歌声に篤と酔える1枚に仕上がっている。

R&Bを期待している方にはアレかもしれないが、ジャズアプローチをみせるクールな歌唱とサウンドが、まるでクリスマスで賑わう雑踏から離れたプライベートなクリスマスをひっそりと照らし出す特別な灯りのように照らすJose Jamesあたりが滲ませる雰囲気がツボならば、その渋さにハマルであろう(#01-"Silent Night"),
狂おしげに吐き出される切ないヴォーカルに波打つエモーショナルなエレキギター、情緒のさざ波を掻き立てるアコギ、クリスマスを輝かしく彩るであろうベルですら、その音色はどこか遠く淡く滲んでいく様に胸を打たれる本盤の白眉(#02-"Happy Holidays"),
ヴァイオリニスト"Eric Stanley"を迎えた曇り無き白雪のように清く麗しい音色を響かせるストリングスと、そのストリングスを熱い抱擁 (ヴォーカル) で包み込み溶かし混ざり合っていくTSoulとの遣り取りにゾクゾクとしてしまう泣きの1品(#03-"Give Love"),
Little Drummer Boyのドラムを前面に押し出したドラムプログラミングに乗せ歌い上げる前半、そして約3:10分台からソウル、ジャズをブレンドしたフリーなグルーヴへと広がりを見せ、その自由な展開にアドリブめいたTSoulのヴォーカルが軽やかに舞うユニークな(#04-"LDB"),
そして、2大シンガーStevie WonderとDonny Hathawayのカヴァーソング(#05-"Someday At Christmas")と、(#06-"This Christmas")も素晴らしい。


・Tracklist

01. Silent Night
02. Happy Holidays
03. Give Love Feat. Eric Stanley
04. LDB
05. Someday At Christmas
06. This Christmas
07. O Holy Night

・Customer Ratings (12-04-2011)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable



02. Happy Holidays



●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in TSoul

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。