スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Mio Soul - In My Skin

11 03, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Mio Soul - In My Skin


Mio Soul - In My Skin (2011) In My Skin - EP - Mio Soul

アメリカのテレビドラマに与えられる賞であるエミー賞(音楽賞)の受賞者であるDave Hnatiukが「Mio Soul is like a Japanese version of Alicia Keys」と評する東京出身、現在はNYで活動中のシンガーソングライター / トラックメイカー『Mio Soul』は、これまでにA Tribe Called Questのバックアップを受け90'sに活躍したニュー・スクール・トリオFu-Schnickensの"Chip Fu"や、Mariah Carey, Beyonce, Janet Jackson, Madonna, Whitney Houstonといった洋楽に少しでも触れたことがある方ならば周知であろうメジャー級のアーティストのリミックス / プロデュースを手掛けてきた"DJ Gomi"らとワークをこなし、友人と企画したのだというブロンクスにて開催した東日本大震災のチャリティーイベントDomo Arigato Festivalの売上金全額をジャパンソサイエティーに寄付をしてくれている。

そんな"Mio Soul"のスタイルは、オールドスクールからR&B、ソウル、ポップ、ダンスミュージック、ヒップホップまでジャンルを問わず...と言っても彼女のデビューEPとなる本盤『In My Skin』を聴く限りではR&Bが彼女の芯なのだろうと感じさせるモノで、ゆっくりと時間をかけ溶け込みながら味わいと深みを増していく、その独特の雰囲気を醸し出すヴォーカルが特に魅力的。

黄昏を境にロマンティックな灯火を灯し始め揺らめく街中の光景や人々の心情を抱かせるJazzy & Mellowなギターループ、揺らめく気持ちが高鳴り加速していく鼓動のように駆けていくハイハットが紡ぐサウンドと、ロマンティックスリラーストーリー仕立てのPVとマッチングした、夜風が頬にサラリと触れていくような柔らかい質感を伴ったMio Soulのトワイライトなヴォーカルから放たれる切なさと妖艶さが心地良さを生み出す(#02-"I Wish"),

とても身近で感じていた旋律や温かさと、そんな日常的な温もりを満たしていくビートが紡ぐ追憶のような冒頭から一転。ヘヴィなSynth Bassと共に手繰り寄せる約束と向き合いながら、ゆっくりと着実に歩みを進めていく姿を映す、その間や空間をたっぷりと活かしたほろ苦いヴォーカリゼーションがディープなコクを放つ(#05-"Promise"),

西部劇のBGMのような背景と言えば一番伝わりやすいであろう埃臭いギターを伴った、恐らくは日本のAlicia Keysとも評される一因となったのではと推測し得る本盤で一番ソウル色が強いサウンド / 歌い口を展開。淡くシックに歌い上げる曲が多い本盤においてMio Soulの渋さを感じられる聴き応えのある曲に仕上がっている(#06-"Out Of My Life"),

まずは、上記3曲でMio Soulの独特な雰囲気という魅力を感じてもらえたらと思う。

一方で、賛否両論モノ = 「ノリノリでアゲアゲで最高だ!」という方も勿論いるであろう、シックなイメージが主流の本盤において、ポップ、ダンスミュージックもOKというMio Soulのハジケる姿と、ノリにノッたMio Soulの日本語ラップが飛び出し陽の魅力を打ち出すという目的では十二分の役割を担っている(#03-"Let's Party")は、これも現在 (いま) という時代 (シーン) を切り取ったトラックなのだろうか。R&Bというよりはテクノ要素が強く、古いとか言われそうだが黒船には2 Unlimitedのように聴こえてしまう。テクノもしくはポップスとして見れば良質なのだろうけど、もっとソウル / R&Bなノリでハジケて欲しかったなぁ...なんて思ってしまう。


・Tracklist

01. Intro
02. I Wish
03. Let's Party
04. The Past
05. Promise
06. Out Of My Life

・Customer Ratings (11-03-2011)

amazon (JPN) ☆ - There are no customer ratings
amazon (USA) ☆ - There are no customer ratings
i-Tunes (JPN) ☆ - There are no customer ratings
icon
i-Tunes (USA) ☆ - (☆☆☆☆☆×1)
HMV (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (JPN) ☆ - Unavailable
TOWER RECORDS (USA) ☆ - Unavailable



♪ 02. I Wish



●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒汁(1票)をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Mio Soul

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Daniel Crawford

Social Lovers

Gabriel Garzón-Montano

idesia

Mad Satta

-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。