スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

I, CED feat. Om'Mas Keith and Thundercat - Forever

07 26, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
I, CED feat. Om'Mas Keith and Thundercat - Forever


I, CED feat. Om'Mas Keith and Thundercat - Forever

2016年の9月にニューアルバムとなる【What Are We Looking For?】をMovenext Mediaからリリースするミュージック・クリエイターI,CED。Black SpadeとProh Micの出会いを起源とするHawthorne Headhuntersのメンバーとしても知られていた (活動をしていた) わけだけど、後にその比重はソロワークへと移っていくんだよね。

さて、Om'Mas Keith and Thundercatの両名をフィーチャリングということで「もしや」というのもがあったのだけれども、どうやら去る2013年頃のSA-RAのOm’Mas Keithと共にニュー・アルバムの制作に取り掛かっていたそのプロジェクトのように思える。実際9月にリリースを控えているアルバムに収録されている (あくまで予定) 曲の中にはSuzi Analogue を迎えた“Wildest Dreams”があり、この曲はそういった動きの中で (2013年に) 発表された曲 (シングル) だったと記憶している。

そして、当時レコーディング背景としてYouTubeだったかな?に公開されていた曲のタイトルが“Forever”であり、この曲のベースはThundercatによるものだという当時の情報を繋ぎ合わせていくと、やはりあのプロジェクトに結びつくんだよね。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in I, Ced

Will Sessions & Amp Fiddler - Seven Mile

07 26, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Will Sessions & Amp Fiddler - Seven Mile


Will Sessions & Amp Fiddler - Seven Mile

ヒップホップ・シーンで話題となった、Elzhiとのあのクラシックのリメイク盤【Elmatic】、およびそのインスト盤となる【The Elmatic Instrumentals】などで人気を集めてきた、トランぺッター/プロデューサーSam Beaubienを中心とするデトロイトのファンク/ソウル/ヒップホップ・バンドWill Sessions。

今回チョイスした“Seven Mile”は、彼らによるレーベルSessions Soundsからの1st 7-inchということだそうで、彼らがタッグを組んだ御仁は・・・ご存知P-Funkファミリーの一員として活動を共にしたり、説明不要のPrinceから今やトップクラスのソウルミュージシャンMaxwell、同じくデトロイトを拠点とするTechno/HouseミュージシャンのMoodymann、ジャマイカのリズム隊Sly & Robbieらとの共演作、弟のThomas Fiddlerと結成したMr. Fiddler名義でのアルバムリリース~自身のソロワークを通じて絶対的な人気をものしてきたデトロイトのアイコンAmp Fiddler!

Amp Fiddlerの艶声と、芳醇なアレンジにうっとりとする渋線“Seven Mile”におけるコラボは、2017早々のリリースを予定しているWill Sessions & Amp FiddlerのフルLPへと繋がっているらしいので、楽しみだ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Will Sessions & Amp Fiddler

Hubert Daviz - braazaw

07 19, 2016 | Tag,beats,HipHop,2010,HipHop2010
Hubert Daviz - braazaw


Hubert Daviz - braazaw

夏、夏、夏。とにかく暑い。そんな時はヤッパリサマーヴァイブ!ということで、今宵はRetrogottとチームアップした【Kokain Airlines】収録の“Ah Oui Oui”を聞くと、あれやら何やらと溢れ出してしまいそうになるHubert Davizによる“braazaw”をチョイス。どうやら、シリーズ第三発目となる【another backstein invazion #03】を制作中らしい。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Hubert Daviz

Give It Up - j.robb + The Kount

07 18, 2016 | Tag,R&B,2010,R&B2010,beats
Give It Up - j.robb + The Kount


Give It Up - j.robb + The Kount

メリーランド州ボルティモアのDJ / プロデューサーj.robb × カナダのインストゥルメンタリスト/ビートメイカーのThe Kountによる共同プロデュースによる“Give It Up”は、早い方というかタイムリーに聴いていたリスナーあたりだと冒頭から直ぐに気付くであろうBrandy & Monicaの“The Boy Is Mine”のリミックスワーク的なモノ。

懐かしいなぁと感慨にふけながらも、特に後半でバキバキと爆発する今風味を堪能し、今のヴァイブ、今のシーンの魅力や楽しみ方を感じられるお仕事ではないかと。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in j.robb + The Kount

Daniel Wilson - Sinner Of The Week

07 18, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Pop
Daniel Wilson - Sinner Of The Week


Daniel Wilson - Sinner of the Week 

インディ・ソウルとエレクトロニック・ポップを混成したと言っても、その手法はミニマルで、そこにデリケートなヴォーカルを被せることで危うい均衡とも言える独特の雰囲気 (魅力) を前面に出していた1st EP【Young Rubbish】から人気を徐々に集めると、2014年にリリースされた2nd EP 【Boy Who Cried Thunder】がiTunesのトップバナーを飾る。さらには、2015年に注目したいアーティストの1人として『Time』の"15 musical artists to watch in 2015"にも選ばれていたミシガン州イプシランティ出身のシンガー ソングライターDaniel Wilson。

彼が去る6月にリリースしていた新曲 (2曲) において、デリケートなヴォーカルで彼らしいソウルを表現する“Wedding Daze”が「彼らしく」評価すべきなのだろうけど、僕は80 's全開のプロダクションに、以前は危うい均衡を生み出していたデリケートなヴォーカルをモダンな味わいへと転化させた“Sinner Of The Week” を推したい。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Daniel Wilson

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。