スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Linn Mori / 「Invisible Vision」 ~国内流通CD版が発売~

03 16, 2016 | Tag,beats,HipHop,2010,HipHop2010,electronic
Linn Mori / 「Invisible Vision」 ~国内流通CD版が発売~


Linn Mori / 「Invisible Vision」 ~国内流通CD版が発売~

日本とドイツで発売されたカセット版が、ドイツの人気ショップ「hhv.de」が選ぶ「Top 100 Instrumental Hip Hop」に選ばれ、iTunes エレクトロニック・アルバム・チャートでは1位を記録。140 カ国で放送されているニュース番組NHK Word「NEWSROOM TOKYO」でも取り上げられ話題となったLinn Moriの2ndアルバム「Invisible Vision」に、エクスクルーシブ・ボーナストラック“Kasumi”を収録した凱旋版 (日本国内流通版) となる【Invisible Vision(+1)】が、本日 (3月16日) から販売開始。

ビートアルバム「Invisible Vision」
主張し過ぎない慎ましい色。それでも独自の文化 (色彩) として世界に誇れる「美」を有している「日本ならではの伝統色」といった印象 (センス) を受けた本作は、葛飾北斎が用いた論理的な構図の取り方に感銘を受けたことから【Invisible Vision】と名付けられ、北斎によって描かれた「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」や、「諸国滝廻り」の一つ「木曾路ノ奥阿弥陀の滝」等、江戸の世俗や風習といった古典的な「和」をテーマに抜群のセンスで変幻自在に纏め上げられた” 短編物語”(ビートアルバム)として、国内外で人気を博す。※アルバムの詳細は過去記事「Linn Mori - Invisible Vision」を。

エクスクルーシブ・ボーナストラック「Kasumi」
大好きなジャズピアニストのレコードから、最も気に入った曲の冒頭部分をサンプリングし、チョップ&フリップして、まずピアノのループが完成したのだという「Kasumi」。その繊細さ故にドラムをあてることにとても苦心したのだそう。そこに曲としての展開を彩るために他の楽器を加える事に。しかし、数え切れないほどのジャズのレコードを漁って合致する音を探しても納得の行く結果は得られぬままに作業は難航。結果、いつしか忘れ去ってしまっていた曲であり、「Invisible Vision」の制作が始まり、ふと思い出し、再び制作にあたった曲だと語ってくれた。

その霞がたなびく先の秘所を目指し、分け入るようなビートは、これまで試行錯誤した痕跡のようでもあり、Linn Mori自身が流麗で物哀しいその音色と表現するピアノループを主とした雰囲気は、作りかけだったまま、忘れ去られていた曲が、完成を待ち侘びたその気持ちを語りかけてくるようで、美しくも物哀しく響く。それは、ピアノループが完成した当時、荒削りではあるものの、大事に作り込みたいと心に決めた彼の思い、ビートメイカーとしての姿勢や努力からの賜物であり、エスクルーシブ・ボーナストラックに相応しい出来栄えだと僕は思う。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Linn Mori

Relaén - Twines

03 08, 2016 | Tag,Jazz,Jazz2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,Neo-Soul
Relaén - Twines


Relaén - Twines

黒船さん、今更紹介するなんて遅過ぎる!!な~んて言われてしまいそうだけど・・・

ブレーメンのヒップホップ/ソウル・グループDramadigsのLP【Rauchzeichen】内の数曲にフィーチャリングされている他、eloquent & dramadigsによる【DEMOS】収録の"It's all Love"では、DramadigsのTsnd Mrkと共にメンバーのOlivia Wendlandtがゲスト出演している、ドイツのジャズ/ソウル/ネオソウル・バンドRelaénのLP【Twines】をセレクト。なお、メンバーは、Olivia Wendlandt (Vocals, Keys, Synth), Marco Zügner (Saxophone, Synth), Leon Mache (Bass), Leon Raum (Drums) ね。

とにかく、「とても魅力的で美しい」という一言に尽きるのだけれども、ジャズ畑からのアプローチと言うべきか、ジャズがあってこその彼らといったRelaénの骨格となる溜め息も漏れるジャズ・ナンバー④-"Confusion of Emojones"や⑪-"Outro"だったり、そういったジャズを前提にした⑤-"Serbia Song"では、子守唄を聞かせるような序盤を経て、寝付いた先の想像力や空想力が成せる夢世界を描写したようなグルーヴィかつソウルフルなナンバーが煌く。

中盤に収録された、今時珍しい約10分という長尺な⑥-"Bygone Beauties"では、Nu Jazzタッチのドリーミーな1曲に仕上げた、その優しさの中にあって大胆に攻める姿勢が更なる心地良さへと繋がっているし、この⑥に近しいテイストの⑩-"Electric Dreamscapes"に立ち込める見事なまでのまどろみサウンドは、ベッドサイドのお供には欠かせない!?かも。

そして、特にピアノ・ループもののヒップホップが音癖という方にズバリなインスト・ヒップホップ調の⑦-"Hol mal Bier jetz!"に加え、ベースといい、サックスといい、ホンッとにセクシーな、この程よいエロさ加減に火照る、エロメロセクシーな⑨-"Beat #2"あたりでは、ヒップホップも巧みに取り入れた、+ (プラス) ヒップホップの彼らのカラーを楽しめる。

さらにさらに!その手のコンピを監修するならば、絶対に外せない1曲となりそうな珠玉のタイトルトラック③-"Twines"や、②-"85,6"といったネオソウルも収録。

iTunesやamazonといった大手で配信/取り扱いがされていないのが本当に残念。日本にCDが上陸する (販売される) ことを祈るばかりの押しの一枚デス。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Relaén

Dolphin - Heat On My Neck

03 06, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Dolphin - Heat On My Neck


Dolphin - Heat On My Neck

フロリダ発のミュージック・ブログ兼レーベルEveryDejaVuが贈るV.A.【Volume Two】からDolphinの"Heat On My Neck"をチョイス。発売は遡ること二ヵ月ほど前ということと、本V.A.には、Blu x Ivan Ave x Likeによる"Puccio" (Prod.はWontu) という目玉の1曲 (試聴回数もV.A.中で群を抜いている) が収録されていたので、既にチェック済みという方もいるだろうけど・・・ちょっと、ちょっとォ~、"Heat On My Neck"の試聴数/Like数共に (Soundcloud上の) 少ないんじゃないんじゃないの??

このちょいユル脱力セクシーなヴォーカルと、そんな脱力系艶声を極めてソフトタッチなソウルで恍惚感へと昇華させるデリケートなプロダクションがタマラン。

なお、Dolphinについてざっくり説明すると、メリーランド州ボルティモア出身のシンガーソングライター / プロデューサー / マルチインストゥルメンタリスト / エンジニアをこなすマルチタレントで、質の高い音楽ブログから始まり、2013年からレーベルとしても始動したFresh Selects経由で"Young Black Mind"をお披露目したことがある。この曲はWax Poetics電子版にも掲載され、それ以前の15年ほどの期間内に50を超えるフルレングス・アルバムをレコーディングしながらも、それらの楽曲を公にしてこなかったことに驚きを隠せないものだった。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Dolphin

Chin X Ella Mae - Faith (Prod. Whoeva?)

03 06, 2016 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,Neo-Soul,R&B,R&B2010
Chin X Ella Mae - Faith (Prod. Whoeva?)


Chin X Ella Mae - Faith (Prod. Whoeva?)

今更言うまでもなく、ヒップホップもしくはヒップホップからインスピレーションを受けたソウル/R&B/ネオソウルといった曲はたくさんあるわけで (その逆も然り) 、今回は正にといったタイプの曲"Faith"をセレクト。

ビートは、Darker Than Waxのコンピ【DTW 30K】に"Moving Up'"が収録されていたロンドンのWhoeva?によるもので、ラップはボストンのChin、ヴォーカルはロンドンのElla Maeが担当。シルキーなネオソウルと、コズミックな装飾を施した揺らぎ (酩酊感) も効果的でイイ感じ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Chin X Ella Mae

Guts - SCORE 20 feat Tanya Morgan & Lorine Chia (Tribute to Fugees)

03 03, 2016 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,beats
Guts - SCORE 20 feat Tanya Morgan & Lorine Chia (Tribute to Fugees)


Guts - SCORE 20 feat Tanya Morgan & Lorine Chia (Tribute to Fugees)

90's 発フレンチ・ヒップホップ・グループAlliance Ethnikを経て、Wax Onから1stアルバム【Le Bienheureux】をリリース。自らが立ち上げたレーベルPura Vidaからのリリースや、仏名門レーベルHeavenly Sweetnessからは、Masta AceやGrand Pubaといった古株 (レジェンド・ラッパー) にTanya Morgan, Akua Naru, さらにはCody Chesnutt, Leron Thomasといった面々が集結したヒップホップ回帰の【Hip Hop After All】をリリースしているフランスのビートメイカーGuts

今回チョイスした"SCORE 20"には、Gutsとはコラボ暦もあり、現在3トラックが先行して購入できる彼の新譜 (4/1リリース) 【Eternal】にも出演するLorine Chia & Tanya Morganの両名をフィーチャリング。Talib Kweli & Hi Tekの"Too Late" (Talib Kweliの諸作に出演しているResがゲスト) をネタに、懐かしいフレーズも飛び出すFugeesの好トリビュート・トラックに。今風ビートもイイけどネ、あぁ、この親しみ慣れた、太くもしなるコシのあるビートと、ヴァイブがやっぱりイイのヨ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in GUTS

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。