SPOX PHD - Chicken Scratch/Actual Fact (Snippet)

10 19, 2013 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
SPOX PHD - Chicken Scratch/Actual Fact (Snippet)


SPOX PHD - Chicken Scratch/Actual Fact (Snippet)

今宵は2013年11月の中旬にCorrect Technique Recordsから投下予定のDj SpinnaとOxygenによるユニットSPOX PHDのChicken Scratch/Actual Factのスニペットをピックアップ。
ファンキィかつ重厚という愛すべきビーツに堂々と響く頑強なラップの爽快感と、腐食した音楽で詰まってしまった耳垢ならぬ××を穿り出すようなスクラッチが醸すクラシックなスメルに溜め息漏れる“Chicken Scratch”も、無機質めいた空間でその存在感を放つ洗練されたビーツや、揺らぐジャジーなテクスチャから滲み出すイルなトラックのフックにApani B. Flyをフィーチャリングした“Actual Fact”も実にイイ仕事をしてらっしゃる。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in SPOX PHD

Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones - Afro Blue

10 19, 2013 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010
Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones - Afro Blue


Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones - Afro Blue

Cleveland P. Jonesの2つのカヴァー・ソング“Nature Boy”と“Twice”の伴奏やバックアップ、そしてシングル“Sensitive”のプロデュースを担いCleveland P. Jonesの美声を世に広めてきたAhmed Sirour。
方やCleveland P. JonesはAhmed Sirourの【The After 2am Sessions LP】収録“Love One Another”に歌声を吹き込むなど幾重の共演を果たしてきたAhmed Sirour & Cleveland P. Jonesコンビが再び。

今回のコラボレーションはジャズスタンダード・ナンバー“Afro Blue”。いやいやアタイが聴きたいのはジャズじゃないのヨ!なんてJazzだと思って聴かぬは損。目の覚めるような歌声の持ち主Cleveland P. Jonesと、あのPhonteもFEの過去音源を1曲リミックスしてみないか?というオファーしたAhmed Sirourが贈る至高の共演をご堪能アレ。あ、言うまでも無いことだけど、二人ともレパートリーはジャズだけではアリマセンよ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones

The Endangered - Restart

10 19, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,R&B,2010,R&B2010,,Neo-Soul
The Endangered - Restart


The Endangered - Restart 

秀逸シングル“Calling On You”で好発進をきると、グラミー賞も受賞している玄人プロデューサーSteven Millerを制作陣に迎え、ヴィンテージ・ソウル、アダルトコンテンポラリー、R&B、ロック、ヒップホップ、そしてジャズからのインフルエンスをブレンドした5曲入りのセルフタイトルEP 【The Endangered】を2012年に発表。
EP1枚のみをリリースという身ながらその確かな音楽性でファンを増やし続け、facebookにおける現在のファン数は既に12.000を超えるLAの4ピース・バンドThe Endangered

今回はそのThe Endangeredのニュー・シングル“Restart”をピックアップ。The Endangeredの名すら申し訳なさげに記されているという味気ないアートワーク故に、The Endangeredの名を知らない方ならば尚更に素通りしてしまうことも少なくないであろう“Restart”がコレまたイイ。溜めを効かせながら募り暖まって行くソウルフルなサウンド&ヴォーカルと、この耳触りの好いネオソウル風味が!ドカンと一発パーティー・チューンってのもイイけど、じっくりと芯を温めてくれる...こんな1曲を待ってましたヨ。あぁ、イイわぁ~。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Endangered

Dileesa Hunter - I Need You

10 18, 2013 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Dileesa Hunter - I Need You


Dileesa Hunter - I Need You 

イギリス人とジャマイカ人の両親のもとに生まれ、幼い頃に両親と共にアメリカへ移住。アメリカでは学校の演劇やローカルのタレント・ショーで才能を現し、祖父のゴスペルバンドにも加入。フロリダを歌って回り、カントリーゴスペル・ミュージックをレコーディングしていたそうだ。
現在はゴスペル、ジャズ、リズム&ブルース、バーバーショップカルテット、オペラをレパートリーに含むシンガーとして活動。2012年のMary Mary Singing Contestの勝者として名を残している一方で、ヴォーカル・コーチ/コンサルティングとしてアーティスト開発に力を注いでいる。

なお、デビュー・シングルとも記されているこの“I Need You”をプロデュースしているKendall Hunterは、彼女の旦那さんでゴスペル・ミュージック・アウォードStellar Awardを受賞しているソングライター。シンプルな魅力と頭に残り余韻が廻るフック...そして90'sを躍動したフィメール・ヴォーカリストたちの姿をも思い起こさせるようなこの普遍的な感触がイイ感じ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Dileesa Hunter

Diggs Duke - Harsh Words With The Oracle

10 17, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Jazz,Jazz2010
Diggs Duke - Harsh Words With The Oracle


Diggs Duke - Harsh Words With The Oracle

わぉ!最近ではMeemee Nelzyの3トラック・シングルの内の一つ“On Favè”も手がけていたシンガーソングライター / コンポーザー / マルチ・インストゥルメンタリストDiggs DukeがBrownswood Recordingsと契約を交わし2013年12月にアルバムを発表しますヨ!

早い方はEP【Gravity】や【Black Gold】からDiggs Dukeをマークしていた方もいるだろうし、次いでリリースされた【Mass Exodus】シリーズでファンになったなんて方もいるのでは??

さてさて、10数時間前にBrownswoodから公開された“Harsh Words With The Oracle”は、Herbie Hancockのトリビュート盤【Diggs Duke Plays Herbie Hancock】なんて1枚も発表している彼のジャズ愛はもちろん、Mass Exodusシリーズでも取り込んでいたワールド・ミュージックのヴァイブや、前衛的なソウルでビルトアップされたユニークで刺激的な1曲。知的な作りこみを覗わせつつもアツいというのも魅力。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Diggs Duke

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...