スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Blitz The Ambassador - The Warm Up EP

08 30, 2013 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Blitz The Ambassador - The Warm Up EP


Blitz The Ambassador - The Warm Up EP

アフロビート × ヘヴィ・ホーン × ヒップホップ × Blitzの圧倒的な存在感とエネルギーに満ちたラップが躍動する 【Stereotype】。前作よりもアフロ・ミュージックのカラーを色濃く、ヒップホップをゴリ押しするというよりは生音を活かしたインストゥルメンタルへの配慮と拘りを感じさせるトラックメイキングにフランス、ロンドン、オランダ、ナイジェリア、ベルギー、スウェーデンといったワールドワイドな面子(ゲスト陣)が、ラップとヴォーカルをバランスよく吹き込むことで熟成をみせた 【Native Sun】 の2枚のアルバムを解き放ち、世界を股にかけて不動の人気をモノにしているアングラ・ヒップホップ・ジャムバンドBlitz The Ambassadorが、いつの間にやら (8月27日) フリーEP 【The Warm Up EP】 をリリース!!

どうやら渇望される3rdアルバム 【Afropolitan Dreams】 も進行しているらしく、2011年のNtaive Sunからの合い間を埋めるには十二分過ぎる本盤のゲストは、Fashawn, Hocus Pocusの20syl, NnekaにTy, ドイツ生まれガーナ育ち、期待のヴォーカリストY'Akoto, ブラジルのMC Emicida, ガーナのMC Sarkodieらが参加とゴージャス。

アツ黒く練りだされるアフロ・ファンクと、イーストコースト・ヒップホップがマッチングした<#1-“The Warm Up”>と、ストンプで生み出されるような力強さを生み出すドラム&ジリジリと耳に焼きつくギターリフに刺さる、小気味よいスクラッチとラップが快感すぎる<#2-“Dikembe”>の冒頭2曲からしてタマラナイ。が、Jamaican In New Yorkをモチーフにした<#3-“African In New York”>なんてのもあるし、照りつくような情熱的展開をみせるパーカッシブな<#5-“Respect Mine”>のY'akotoの奥深いヴォーカルと、熱のこもったラップが絡む加減もgood。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


2 CommentsPosted in Blitz The Ambassador

Jazzyfatnastees - Keep It Movin'

08 24, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Jazzyfatnastees - Keep It Movin'


Jazzyfatnastees - Keep It Movin'

カルテットから始まった1992年から、メンバーの脱退を経てThe RootsのレーベルMotive Recordsから念願のアルバムとなる 【The Once & Future】 を1999年にリリースしていたTracey MooreとMercedes Martinezによるシンガー・ソングライター・デュオJazzyfatnastees

The RootsのIlladelph Halflifeに彼女達が参加していたこともあり、彼らの作品の制作に携わってきたGrand Wizzardsの構成員Scott StorchとRichard Nicholsを制作の要として、?uestloveやLarry Goldらもこの 【The Once And Future】 をバックアップ。Motive第一弾として世に送り出されていた。

以降、The Rootsの作品に関わりながら2002年に 【Tortoise & Hare】 もリリースしていた彼女達だけど、なんと先日に"Jazzyfatnastees2013"と「健在ぶりと始動」を感じさせる名義でSoundcloudに“Keep It Movin' ” を公開。これは後の新曲や活動に期待できるかも!?

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jazzyfatnastees

Wayna - I Don't Wanna Wait

08 23, 2013 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Wayna - I Don't Wanna Wait


Wayna - I Don't Wanna Wait

2008年産のアルバム 【Higher Ground】 収録、Kokayiをフィーチャーした“Loving You (Music)”が、グラミー賞のBest Urban/Alternative Performanceにノミネート。そして、あのStevie Wonderすら「Syreetaの歌声を思い起こさせる...タマラン」と彼女を賞賛しているワシントンD.C.をベースに活動をしているシンガーソングライター。

今回ご紹介する“I Don't Wanna Wait”は、2013年10月にリリースを予定しているEP 【the Expats】 から先行公開されたニューシングルで、Nnekaとのワーク(prod.)でも知られているドイツのビートメーカーFarhotがプロデュース。

少しポップな部分も顔を覗かせるけど、ヒップホップ・ソウルを匂わせるビートはいい感じだし、取っ付きやすいコーラスはとても聴きやすく万人ウケしそうなタイプ。そして、こう..なんと言うのか、可愛らしく物腰の柔らかい歌声の奥にチラチラと覗かせる、そのチラリズム的エロさの詰まったコケティッシュなWaynaの魅力にくすぐられる。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Wayna

Hulon feat. Howard Hewett - Two in the Morning

08 21, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Jazz,Jazz2010
Hulon - Two in the Morning feat. Howard Hewett


Hulon feat. Howard Hewett - Two in the Morning 

その名も“Sax on the Beach”という1stシングルを収めたデビューアルバム 【First Impressions】 は、Billboard Smooth Jazz Chartの25位をマーク。スムース・ジャズ愛好家を筆頭に歓迎をもって迎え入れられたサキソフォニストHulon
デビューアルバム 【First Impressions】 にして、Warのカヴァー“The Cisco Kid”や、“Dr. Goodfoot”といったファンキィなグルーヴに艶光するブロウを噛ませるなど、Smooth Jazzにとどまらないスタイルも披露していたHulonだけれども、今回ご紹介するミュージック・ビデオ“Two in the Morning”は、2012年にHulonが世におくり出した2ndアルバム 【After Hours】 に収録されていたシングル。

この“Two in the Morning”には、ご存知ShalamarのHoward Hewettをゲストヴォーカリストに召集。恍惚として漏れるため息めいたメロウな歌い口と、朝焼けの爽やかさをも思わせるちょいエロくも爽やかという艶美なサウンドが甘党派を悩ませるキラー・チューン。いつの間にやら(2013年6月18日に)ミュージック・ビデオが公開されていたので、Kurofuneでも遅ればせながらピックアップ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Hulon

Chaquis Maliq - Harmonies of Me

08 20, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Acoustic-Soul,Urban-Folk,R&B,R&B2012
Chaquis Maliq - Harmonies of Me


Chaquis Maliq - Harmonies of Me 

Chaquis Maliqはサンフランシスコ出身、DMV (District of Columbia, Maryland,Virginia) を中心に活動をしているシンガーソングライター / プロデューサー / ミュージシャン。 遡ると 【The Demonstration Vol.1】 や 【Veracity】 というアルバムをリリースしているけど、2011年にギターを手にした彼女が彼女のギターMr. Maliqを引っ提げ完成させたギター・プロジェクト 【Harmonies of Me】 は、そういった意味では1stプロジェクトとなる。

過去作ではサンプリングベースのものから、R&B(rhythm and blues), Soul, Hip-hop, Alternative, Rock, Pop, Electronic, Contemporary jazzと多様なマターを練りこんでいるけど、全4曲をセルフプロデュース (一部ドラムプロダクションでDomi Vが関与) している本盤では、Acoustic Soul, Urban Folkにフォーカス。

駆け出していくようにシフトするドラムプロダクションや、心地良さを追求したヴォーカル・アレンジが効いたグルーヴィな<#1-“We Got Love”>。甘く爽やかな微風(ソフト・グルーヴ)に乗せてソウルフルな歌声がふんわりと届く加減がスウィートな<#2-“Remain Me”>。そして、少しアッパーな舵取りをみせる<#4-“Calling My Shots”>では、R&B/Hiphopのマターを取り込んだビートとアコースティック・ソウルとのハイブリッド・チューンを用意して、EPにメリハリを持たせている。

Acoustic Soul, Urban Folkがツボという方はお試しあれ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Chaquis Maliq

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。