スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Morris Alan - “The Love Sessions”

12 27, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Morris Alan - The Love Sessions


Morris Alan - “The Love Sessions” (2012) 

シングル“The Spirit Of Christmas” もシーズンに合わせリリースしたことで、ニュー・プロジェクトが12月にリリースされることは間違いないと確信させてくれたMorris Alanが、“The Love Sessions”を12月25日にリリース。
10月、11月、12月とリリース日が後ろ倒しになっていった現状からするとファンにとってはようやくのリリース。Morris Alanにとってみればファンを思い、じっくりと時間をかけ、丹精を込めて作り上げた作品だろう。

ではでは早速、Morris Alanの“The Love Sessions”に触れていきたいと思う。
のっけから申し訳ないけれども#2より#3。フューチャリスティックな舵取りから滲む浮遊感の上辺から、バックヴォーカルを重ね四方から降り注ぐようなヴォーカルを浴びせるMorris Alanの歌声が浮遊感と交じり快感と視覚効果を生み出すオフィシャル・シングル(#3-“U Make Me Say....”)である。
そして、続く#4。琴線を爪弾くように奏でられる甘酸っぱいkeysに、甘くも切なげに捩じれていくSynths。そこにMorris Alanの透明度の高いヴォーカルが多方面から寄せてはリスナーの心情を波立たせ、徐々に情感の触れ幅を大きくさせていく(#4-“Love Knocked Me Out”)
#5のインタールードを挟んだ後の(#6-“Ready For Love”)ではJoeの初期作にも似た女性キラーとも言えるエロくも決して猥雑過ぎない紳士的な艶を見せるヴェルベット・ヴォーカル&センシュアルなアーバン・サウンドが織り成す耽美な世界で包み込んでいく。因みに“U Make Me Say....”に続き発表されたシングル(#9-“These Feelings...”)もJoeの中期から後期にかけて聴ける雰囲気に微エレクトロを塗したセクシー路線なので、#6がツボならばコチラもチェックを。 (チェックを...何て言っておきながら何だけれども、“Let U Go”の記事の際に触れたように僕はこのエレクトロ/メインストリームっぽさが無くても良いと思ってる。ご時勢の流れで組まれてしまうのか?そういった要素がなくともMorris Alanはイケるのだから。)
(#8-“Let U Go”)はアコースティック・ヴァージョンとなる“Let U Go” (Stripped Down Studio Version)が特別に公開されていたもののオリジナル(アルバムVer.)・ヴァージョン。先行して公開されたアコースティックVer.の時点で、ざわめき揺れる心の水面(内側)を表現するような旋律を奏でるピアノ。思い廻るように刻々と放たれるパーカッション。狂おしいほどの歌唱。非常にシンプルな構成でありながら、終盤へと進むにつれて心の水面のざわめきが徐々に波立ち灯る情熱的なパフォーマンスへと変化していく様といい、とても聴き応えがあるものだったけれども、オリジナルではストリングスも加わり、より切なく狂おしい情景を掻き立てるドラマティックなアレンジがなされている。実は各シングルよりもオススメだったりする。

終盤では、どちらかと言えばここまでしっとりと聴かせていた分だけに新鮮にも感じる(#10-“Step Up”)と、[#11-“Let It Ride” (The A.I. Soul Dub Mix)]が用意されている。(#10-“Step Up”)は柔らかく起伏するアップ・ビートに押され、ウォームなMorris AlanのヴォーカルとReesによるラップが心地良く迫り出していく。バックヴォーカルの被せ方などなど、どことなくKay GeeがR&Bグループに提供していたプロダクションにも似たヴァイブを放つ順当な仕上がりでアルバムに華を添えている。
[#11-“Let It Ride” (The A.I. Soul Dub Mix)]は本人にその意図が無かったとしても、Dub風Mixという点も含めて全体を覆うシルキーなテイストに対する異色さという魂胆に思えてしまう。確かにダビーな処理はされているけれども、ビート・ムーブメントともされている昨今において数多のトラックメイカーが凌ぎを削り、ハイクオリティなトラックを生み出している現状からしてみれば精細を欠いた感は否めない。上手くは言えないが、国内盤のボーナストラック(Remix)のような感覚を僕は受けてしまった。

総評としては、ん?と思う点もありつつも、丹精を込めて作り上げたと感じさせてくれる良さもあり、Morris Alanの美声が満喫できる。そんな好盤に位置する作品だと思う。


-BIO-
Morris AlanはParis ToonとParis Toon自らが率いるブルックリンのジャズソウル・バンドMother's Favorite Childのアルバム“Baptism by Fire”におけるヴォーカリストと、ほぼ大多数の楽曲においてParis Toonと共にソングライティングに関与。因みにこの“Baptism By Fire”はSoultrainでもフィーチャーされている。勿論、Paris Toon & Mother's Favorite ChildのBaptism by Fireを取り上げていたのはSoultrainのみでは留まらず、批評家およびエンドリスナーから歓迎をもって迎えられた現代の売れ線先行マーケットに一石を投じるSOUL/FUNK/JAZZの一番搾りをドリップした意欲作。
このプロデューサーParis Toonを核とする素晴らしいサウンドに対して、時にネオソウル味をモダンに漂わせ、時に土臭く感傷的な歌声をソウルフルに、時にオーガニックに、時にファンキィに、時にエロ艶ティックな歌声をかましアルバムのクオリティを最大限に引き出していたシンガーでもあり、他には素晴らしいデビューアルバムを届けてくれていたTeri Tobinの“So Good to Me” (Ahmed SirourがProd.している) でのデュエットや、最近ではNik Westの“No Choice”のバックヴォーカルも務めている。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Morris Alan

Rhonda Dorsey  - “Chocolate Sound” (Official Music Video)

12 26, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Rhonda Dorsey - Chocolate Sound (Official Music Video)


Rhonda Dorsey - “Chocolate Sound” (Official Music Video) 2012 

デビューアルバム“Chocolate Sound”からのシングル“Chocolate Sound”を紹介した時から、いつかきっと何かしらの楽曲のオフィシャル・ミュージック・ビデオが公開されるだろうと注視していた...なんて言いながら、すっかり出遅れているのだからどうしようもない。
実は去る12月21日にRhonda Dorseyの“Chocolate Sound”のオフィシャル・ミュージック・ビデオが発表され、ファンは大賑わい。シングル紹介時は心苦しくもiTunesやamazon MP3のみで試聴いただいたワケですが、辛抱タマラナカッタ皆さん、今度はビデオにてRhonda Dorseyの歌声とサウンドをじっくりご堪能あれ!
因みにデビューアルバム“Chocolate Sound”から“The Sun”と“Giving”がSoulwalkingが選ぶTop 20 soul tracks of the year 2012にチョイス。某チャートを賑わしたり、特大ヒットというわけでは決してないものの、その筋からの評判が高く、歓迎されていることはこの事実からも容易に窺い知れる。


Rhonda Dorsey
フィラデルフィア出身のコンテンポラリー R&B シンガーソングライターで、現在はスイスを拠点に活動中。2012年11月9日に、L.A.のプロデューサーBryant Sionoと、最高のクルー = Chaka Khan、Jennifer Lopez、Kelly Rowland、Israel Houghton、Lady Gagaなどの作品でクレジットされているミュージシャンによって製作された13曲を収めたデビューアルバム“Chocolate Sound”をリリース。
そんなRhonda DorseyのミュージックスタイルはR&BやNeo-SoulをGospelで装飾し、豊かな旨味を更に引き出すスタイルであり、オーディエンスを熱狂させるエネルギッシュかつディープな歌唱が印象的。
そして、力強さ故についついそこにフォーカスしてしまいがちだが、彼女の魅力は決してそればかりではない。アイスショーArt On Ice 2011のオープニングでもパフォーマンスをしているのだけれども、Art On Ice 2012のStephane Lambielの演技において、一見では何ら普通の10歳の女の子と変わらないのだが...ピアノを前にすると豹変と言っても過言ではないであろう素晴らしいパフォーマンスで魅了するピアニストEmily Bear、The Gary Scott Bandと共にPeter GabrielヴァージョンのMy Body Is A Cageを披露。美しい滑走と全身を使って情感や情景を表現するフィギュアスケーターStephane Lambielのしなやかさと躍動感溢れる演技と、ドラマティック/シネマティックなサウンドによる芸術的な演劇で魅せるRhonda Dorseyのパフォーマンスは鼓舞するような情熱と力強さ、そして、情感豊かでコクがある。こういった芸術的な側面でのコラボレーションをこなしている点からも力技オンリーのシンガーではないということを明確にしていると思う。
また、TAKTO Musik FestivalではChristoph Walter Orchestraと共にDonna SummerのLast Dance、同じくChristoph Walter Orchestraのスイス・ツアーではR.KellyのI Believe I Can Flyも披露。こういったオーケストラを率いることが出来るのもRhonda Dorseyならではの強みであり醍醐味だ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Rhonda Dorsey

The Decoders - “Dub Mixes Volume 1”

12 26, 2012 | Tag,Dub,Reggae,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
The Decoders - Dub Mixes Volume 1


The Decoders - “Dub Mixes Volume 1” (2012)

現在、着手しているアルバムVol.2からの2ndシングル“I Am the Black Gold of the Sun”がWax Poeticsからもストリーミング配信され、その音楽性と魅力をさらに拡散。この“I Am the Black Gold of the Sun”はRotary Connectionのナンバーをカヴァーしたもので、これまでラヴァーズ・ロック仕立てで再調理してきた切り口とは異なる、オリジナルのサイケデリック・ソウル/ファンクにサンバ&ジャズのエッセンスを融合させたプロデューサーCharles Stepneyに寄せるオードでもあるそうだ。オリジナルの良さを継承しつつ、モダン且つ心揺さぶる流麗なアレンジで酔わせる手腕は切り口こそ違えども流石、The Decodersと唸ってしまう。

そのThe Decodersが、12/25日に過去シングルの内の6曲をDub Mixした“Dub Mixes Volume 1”を発表。無論こういった手は夏に限る!という方も居るだろうけど、直に春がきて夏が来る。そんな陽気に備えて押さえておいても損はしない1枚だし、いやいや、通年主食ですという方にも是非是非オリジナルと聞き比べをしながら味わっていただきたい1品。冬だからこそ味わいたいこのホッコリとしたヴァイブ。通な皆様お召し上がりを。


-BIO-
プロデューサー / エンジニア / ミュージシャン"Itai Shapira"と、トランペットとフリューゲルホーンを扱い、ホーン&ストリング・アレンジング・コンポーザー / プロデューサーを務める"Todd Simon" (ワークの一例では、Mayer Hawthorne, TV On The Radio, The Lions, Quantic, Breakestraなどが挙げられる) がタッグを組んだロサンジェルスをベースに活動をしているプロデューサー・デュオThe Decoders

これまでにRuby & The RomanticsのHey There Lonely BoyのリメイクにCoco Owinoをフィーチャーした1stシングル“Hey There Lonely Boy”、 Minnie RipertonのInside My LoveのリメイクにSy Smithをフィーチャーした2ndシングル“Inside My Love”、 同じくMinnie Ripertonの楽曲のリメイクにMarvin Gayeの"I Want You"においてもエロメロなトラックを生み出すなど数多のメロウ・ドランカーを生み出し、近年ではQuadronを迎えた新曲"Orchids For The Sun"を発表するなど今尚ミュージック・ラヴァーを熱くさせるシンガー兼メロウ・グルーヴ職人"Leon Ware"をリード・ヴォーカルに迎えた3rdシングル“Baby This Love I Have”、 Come to My Gardenを代表する名曲Les Fleursのリメイクに、コンポーザー / デザイナー / フィルム・メーカー / URB ALTの創設者でもあり、Parliament/Funkadelic, Sting, Curtis Mayfield, The Family Stand, Olu Dara, Herbie Hancock, Jay Z, Organized Noizeなどとワークをこなしてきたのだというソウルフル・ロック、フリージャズ、クラシカルな感性、アヴァンギャルドなエレクトロニクス/ヴィジュアルを結合させた音楽を届けるオーケストラ"MuthaWit"のメンバーとしても活動をしている"Boston Fielder"をリードヴォーカルに迎え、あのMiguel Atwood-Fergusonもヴィオラ&ヴァイオリンで参加した4thシングル“Les Fleurs”、Kevin Sandbloomをリード・ヴォーカルに迎え、Earth Wind & Fireのナンバーをカヴァーした5th シングル“That's the Way of the World”、1971年からEWFのメンバーに加わり活躍してきたPhilip BaileyへのトリビュートソングにL.A.のシンガーソングライター / ポエット / MC “Love-Logiq”をリードヴォーカルにフィーチャーした“Reasons”をリリース。

そして、現在はVol.2なるアルバムに着手しており、そちらからの1stシングルとしてNoelle Scaggsを迎えた“Walk On By”と、Loren OdenとBrooke De Rosaをフィーチャーした“I Am The Black Gold Of The Sun”をリリース。“I Am the Black Gold of the Sun”はWax Poeticsにもフィーチャーされ、ストリーミング配信されるなど彼らの紡ぐ素晴らしい音楽は伝搬性をもって拡散され、常にThe Decoders流のセンスと魅惑的な人選によるコラボレーションでファンを魅了し続けている。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Decoders

Nina Rae - “Falling In Love”

12 26, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Nina Rae - Falling In Love


Nina Rae - “Falling In Love” (2012) 

Nina RaeはPianist/producer/composer/deejayのKenny Keysと結成したデュオInnosphereとしてアルバム“Shine”をリリース。Innosphereはその手のメディアからの賞賛を一挙に集め、地元Chicago Tribuneからは「Tribe Called Quest meets Lucy Pearl」なんてコメントも飛び出しているほどだった。そのあたりは冒頭を飾るShineや、Me N Uを聴けばナルホドと感じてもらえるのではないだろうか。
なお、Nina Raeの相方でもあるKenny Keysはボストンの雄Insightが立ち上げたレーベルThe Last Arcadiaからの第一弾アーティストとして送り込まれた1Mc & 1DJによるコンビEulorhythmicsの相方としても活動。このEulorhythmicsはシカゴを拠点にしていたワケだが、やはり同地を拠点に良質なトラックを届けているPrime MeridianとくればRita JといったシカゴのレーベルAll Naturalでのワークもこなしている手錬のトラックメイカー。(EulorhythmicsとしてAll Naturalから“Extended Play”や“Green St. & Avers”もリリースしている。) まぁ、そのKenny KeysのスキルとSOUL/R&B/HipHopに対する情熱がInnosphereにも注ぎ込まれ、アルバム“Shine”が誕生しているのだから質が伴って当然というワケである。

そして、今回の主役となるNina RaeはCommon, Q-Tip, Leela Jamesらともステージをシェア。先に挙げたデュオInnosphereとしての成功は言うまでもないところだが、ソロ活動ではJ Dillaの“Over the Breaks”を下地に歌い上げている“Spot Check”や、4Heroの“Spirits in Transit (Change)”を下地に歌い上げた“Spirits in Transit (Change)”といったフリー音源をbandcamp上で公開している一方で、funk, jazz, r&b, soul hip hopによるコンビネーション・ミュージックで染め上げた“Born to Love”や、アコースティック・ソウル“Don't Wait Up for Me”といったシングルを経て、ニュー・シングル“Falling in Love”をドロップ。
どうやらソロ・デビューとなるフルプロジェクトの投下も視野に入れているようで、そのフルプロジェクトからのリード・トラックが“Falling in Love”にあたる。その力の入れようも旬のプロデューサーTall Black Guyをプロデューサーとして迎えているあたりからもムンムンと香ってくる。(もしかしたらKenny Keysがプロデュースしたら、それではソロ名義でも半Innosphereではという思慮もあるのかもしれない。)
で、肝心の出来栄え...なんて野暮なことは言っちゃイケナイ。敏腕TBGによる極上のレイドバック・ビーツ×メロソウルフルなレイヤーに絡む、まるでジャムやクリームがトーストにじっくりと伸び渡っていくようなスゥイートなとも、ロマンティックとも言えるNina Raeのヴォーカルにどっぷりとはまってしまうこと請け合い。もう全編Nina Rae × TBGでフルアルバムをやっちゃってください!というレヴェルでしょう。コレは...

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Nina Rae

Collette - “Juneteenth Revolution”

12 25, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Neo-Soul
Collette - Juneteenth Revolution


Collette - “Juneteenth Revolution” (2012) 

フルアルバム“revolution”(ColletteのEP “Coco By Request”を紹介した際に僕はそう記していたのだけれども、正式なアルバム・タイトルは“Juneteenth Revolution”とされたようだ。) の前菜としてリリースされ、後にDelux Editionもリリースされた“Coco By Request”に次いで、Colletteのニュー・アルバム“Juneteenth Revolution”が12月の頭にリリースされた。

Colletteはサウスカロライナ出身。現在はN.Y.を拠点に活動を続けているシンガー・ソングライター / プロデューサー。
ゴスペルを歌っていた母の影響を受けた彼女は幼い頃からピアノとサックスを演奏し始め、歌を歌っていたのだという。ハワード大学で4年を過ごした後にはワシントンD.C.のGo-Goミュージック・シーンでバックシンガーとしても歌い、歌に磨きをかけてきた彼女は2008年に自らペンを執りサザン・ヒップホップとソウルをブレンドしたアルバム“Experience Collette”でデビューを飾り、ソングライターとしてのスキルも顕示。
また、Eric Robersonがホストを務めるショーケースへの出演や、 Chrisette Michele, Talib Kweli, Noel Gourdin, M.C. Lyte, Rachel Ferrelle, Algebraらとステージをシェアをするなど、シンガーとしてのバックボーンも確かなものを築き、2010年にクリスマス・ソング“Keep Christmas Alive”、2011年にフルアルバム“Juneteenth Revolution”のプロモーションということで、フルアルバムに収録予定の楽曲及び、Colletteのファン・サービス=ファンからのリクエスト・ナンバーとされていたと思うIndia.Arie, Erykah Baduのカヴァーを盛り込んだEP “Coco By Request”をリリース。
そして、2012年。「A laid back summertime groove....」と記されているとおりの最高のグルーヴ、オーガニックな質感&歌声でほろ酔いの極みへと導く(#05-“Material Star (Juneteenth Remix)”を発表し、2012年初旬にニュー・アルバム“Juneteenth Revolution”を届けてくれている。

さてさて、ニュー・アルバム“Juneteenth Revolution”は(#4-“Dead Wrong”)と、(#8-“Sparks”)の2曲がEP “Coco By Request”にも収録されていたもので、予定とおり本盤にも収録されている。Neo-SoulサイドのColletteが好きな僕としては特に(#4-“Dead Wrong”)が収録されているのは嬉しい。
因みに[#11-“Dead Wrong” (Juneteenth Remix)]は、Soul/Jazz×HipHopという調味料を使いクッキングした渋路線のNeo-Soulを披露。ハッキリとした味わい故に少々飽きやすさもあったオリジナルよりも僕はこの滲み出てくる旨味と深さが好み。
それと、Neo-Soul繋がりからのチョイスと言うか、この人の名があると思わず反応してしまうEric Robersonと、実は#5に登場するAkil Dasanと共に、同名となるMonetというアーティストがAmma Whattの“Maybe”に登場しているのだけれども、この流れから推測するに恐らく同一人物であろうMonetをフィーチャーした、どことなくEric Robersonの作風や香りがサウンド面にも表れている気がするEric Roberson好きは直行の(#6-“Touch”)も押さえておきたい。
そして、曲の雰囲気は先に述べたとおりだけれども、Amma Whattの“Maybe”にも登場し、ギター&ビートボックスを披露。楽曲の味わいを一味も二味も濃くしていたAkil Dasan節=ギター&ビートボックスが爽快に絡む白眉の[#5-“Material Star (Juneteenth Remix)”]
HipHopのエッセンスが濃い目に掛け合わされた2曲 = Disco/FunkなスメルとHipHopのファクターを練り込んだキャッチー&アッパーな(#2-“Baby Doll”)や、その#2をよりHipHopに傾むかせたビート × ソウルフル・ジェムをあしらったサウンド上で味わえるColletteのストレングスや、ハリのあるヴォーカルを、もしNeo-Soulサイドの彼女に偏聴して聞きそびれてしまうのならばソレは「損」以外の何物でもない(#7-“Can't You See”)といったNeo-Soulから立ち位置を変えたColletteのパフォーマンスにも是非とも耳を傾けて欲しい良質な1枚に仕上がっている。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Collette

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。