スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Raz - “Ugly People” / “10 Feet Tall”

04 30, 2012 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Raz - Ugly People / 10 Feet Tall


Raz - “Ugly People” / “10 Feet Tall” (2011 / 2012)

本日のデリバリー第二弾目は、ワシントン州シアトルをベースに活動をしているemcee 『Raz』 の2曲 = 需要以上に巷に溢れた×エレクトロのサウンド等と比べ異色と言えるであろうアコースティック・カラーが濃厚なサウンドを背に腹底からリリックを吐き出す姿が映されたミュージック・ビデオがYoutubeの視聴者から高評価で迎えられている『Ugly People』と、先日に公開されたばかりのダミ声を織り交ぜながら抑揚をつけるエッジの効いたスタイルをかまし、ポエトリーを披露しているUgly Peopleとはまた異なったRazの魅力を打ち出しているミュージック・ビデオ 『10 Feet Tall』 をピックアップ。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Raz

LeNora Jaye - “It’s On Tonight (Astral22 First Class Remix)”

04 30, 2012 | Tag,House,R&B,2010,R&B2010
LeNora Jaye - It’s On Tonight (Astral22 First Class Remix)


LeNora Jaye - “It’s On Tonight (Astral22 First Class Remix)” 2012 

今回は、マイアミの地から告知していたネクスト・プロジェクト"Quantum Heart" = The Story収録のオリジナルのリミックスAlways Get Away Extended Mixも手掛けていたArmand TulumelloことNYC出身のプロデューサー / リミキサーAstral22とAngela JohnsonのA Woman's Touch, Vol. 1 (Wait On A MaybeにMarlon Saundersと共に歌声を吹き込んでいる) やDJ SpinnaのIntergalactic Soulへの参加。The Roots, Floetry, India.Arie, Amel Larrieuxなどとステージを共にしてきたバックグラウンドを持つN.Y.ブルックリン出身、現在はアトランタを活動拠点としているSoul / Retro Soul / Nu-Soul / Neo Soulシンガーソングライター / ヴォーカル・アレンジャーLeNora Jayeがタッグを組んだプロジェクトからのファースカット 『It’s On Tonight (Astral22 First Class Remix)』 をチョイス。

薄味風味と言えばそれまでながら、春を飛び越え夏日がお見舞いされる日本の本格的な夏には最適なサラリと爽やかな涼風リミックスに仕上げた、オールドスクールR&B畑もソウルフルなハウス畑も肥沃な土地に還すLeNora Jayeのハウス・サイドの魅力を伝える1曲に。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in LeNora Jaye

Temika Moore - “The End of Me (EP)”

04 25, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Temika Moore - The End of Me


Temika Moore - “The End of Me (EP)” 2012 

Will Downing, Roy Ayers, Marcus Johnson, Stanley Turrentineとステージをシェア。これまでにKEM, Ledisi, Dwele, Conya Doss, Cassandra Wilson, Najee, Pieces of a Dream, Melba Moore, Jean Carneらのオープニングも務め、Smoothjazz.comにピックアップされるなどスムース・ジャズ・シーンにおいても評判を得るきっかけになったと推測し得るPeace Of Mind, Everything Must Changeといったスムース・ジャズや、ネオソウル仕立てのSummertime, 声質こそ違えどもBrandyのデビュー作あたりの雰囲気を醸すCan't Give No Mo', アコースティックなサウンドと歌唱がそよぐTesimony, Tesimonyの質感を含みながら締めを飾るバラッドHolding On to Youなどを収めたアルバム"Moment of Truth"でデビューを飾ったフィラデルフィア出身、ワシントンDCを活動拠点とするシンガー 『Temika Moore』

美しいトーン、フレージング、良きシンガーとしての要素を備えたアーティストだとWill Downingが評している、デビューアルバムにしてスムース・ジャズ・チューンをも収め艶やかながら気品が香り立つ歌い口と節々で感じる芯の強さ。Jazz, Soul, Gospel musicを核としたミュージック・カクテル=本来の音楽をリスナーに届けようとするセールスを隅に置いたスタイルが魅力のTemika MooreのニューEP 『The End of Me』 は、淡く温かいオブラートに包まれたキックやベース、クラップが放つ良い意味で希釈されたストリート臭の上辺で瞬くエレクトリックな明滅、しなやかなタッチで弾かれるkeysなどあくまで脚色を抑えたサウンド・プロダクションに見合った貫禄のある歌唱を丁寧に展開していく(#01-"I'm Not Ok"), SOUL/R&B/ゴスペルをコンバインした躍動感・生命力が弾けるサウンドと、どうだと言わんばかりのポーズをとり歌う姿すら頭に浮かべてしまうTemika Mooreの歌唱に90's R&Bの面影が滲むパワフルなパフォーマンスがツボな(#02-"I Wish I Knew Back Then"), 本EPでは一番、デビュー時のTemika Mooreの質感を感じさせてくれる(#03-"Is It Really This Simple?"), そして2ndアルバム"Doing Just Fine"収録のLet It Goを数多のビートバトルを駆け抜けEric Robersonの"A Tale of Two People"のリミックス・コンテスト"Eric Roberson’s Tale of Two Remix Contest"においても見事優勝してみせたTall Black Guyがリミックスした{#04-"Let it Go (Terrel Wallace aka Tall Black Guy Remix)"}など全5曲を収録。

やはり感じるのは、セールスや見栄えを過剰意識した音楽との差別化 (本人はそこまで意識していないかもしれないが) であり、そういった音楽とは異なる純粋な音楽をひたむきに届けようとする姿とますます増した貫禄を味わいたい1枚。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Temika Moore

Gizelle Smith - “Jonny”

04 22, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Gizelle Smith - Jonny


Gizelle Smith - “Jonny” (2012)

「Godfathers of Hip-Hop」こと、Planet Rockを代表とする「エレクトロ・ファンクの先駆者」にして、ヒップホップ・カルチャーを世界に撒き散らしたZulu NationのリーダーAfrika Bambaataaまでもがファンクネスなグルーヴに便乗し登場するZulu Walk, Battle他を収録したSOUL/FUNKファンのみならず、HipHopファンの眼と耳を注視させたアルバム"The Future Is Here"も好評を博したドイツのディープ・ファンク・シーンにおけるコアレーベルMocambo Recordsの主催者から構成されたハウスバンドThe Mighty Mocambosが生み出すホットなサウンドに、Kenny DopeやKeb Dargeのお墨つきという箔と共に"Gizelle Smith & The Mighty Mocambos"としてデビューアルバム"This is Gizelle Smith & The Mighty Mocambos"をリリースした 『Gizelle Smith』 のソロ・シングルが4月にリリースと告知され公開されていた 『Jonny』 をピックアップ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Gizelle Smith

Hiatus Kaiyote - “Tawk Tomahawk”

04 18, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Hiatus Kaiyote - Tawk Tomahawk


Hiatus Kaiyote - “Tawk Tomahawk” (2012) 

これまでにTaylor McFerrin, Chris Clark, Harmonic 313, Robin Fox, Laneous and The Family Yah, The Barons Of Tangらとショーをシェア。地元オーストラリアでは、オーストラリアのインデペンデント・アーティスト / アンサイン・アーティストに焦点をあてた新しい音楽・アーティストの発掘を促しているTriple J Unearthedにもフィーチャーされ、デビューシングル"Lace Skull"はLAやパリのラジオにピックアップ。Lace Skullを含め本盤に収録されているRainbow RhodesとNakamarraがLAのラジオステーションKCRWでオンエアされるなどオーストラリア外でも先を見据えたそのフレッシュかつユニークな音楽性に注目が集まりつつあるNai Palm (vocals, guitar, keys), ヒップホップ・バンドJumbledatのフロントマンだったPerrin Moss (drums, percussion, sampler), Paul Bender (bass, laptop), Simon Mavin (keys, synths, electronics) によって結成されたオーストラリアはメルボルンの4ピース・フューチャーソウル・グループ 『Hiatus Kaiyote』

ヒップホップ / ソウル / フラメンコ / ダブステップ / オペラを内包し、ダウンビート・ソウル、ジャズ・フュージョン、ヒップホップのビート、ネオソウルからインスパイアを受けたフューチャー・ビートを精巧にブレンドしたミスティック / シネマティック / ムーディーなトラックを生み出すHiatus KaiyoteのEP "Tawk Tomahawk"は全10曲を収録。
哀切を滲ませるフォーキーな冒頭を経て徐々にシリアスな局面へとシフトさせていくしなやかで力強いピアノ。フューチャリスティックなサウンドを伴い劇的な展開を解き放ち駆け上がる2:20以降のスケール感など自由な表現とヴォーカルが紡ぐ世界観が美しいデビューシングル(#07-"Lace Skull"), エレクトロニック、ネオソウル、Simone Page Jonesをオペラ・ヴォーカルに迎えたオペラを精巧にブレンドした神秘的な趣きを放つサウンド。そして、一部で見せるオペラ調の歌唱も手伝ってか?歌うというより寧ろ独特の世界観の中を遊泳していると言ったほうが伝わりやすいであろうNai Palmのアーティスティックなセンス、時にシャープに、時にアンニュイに歌い込む柔軟さが世界観をより深く広く押し広げる(#04-"Malika"), 全体を覆うミスティック / シネマティックな濃い口さとは裏腹な!?フリーソウル / レアグルーヴ / Jazz-Fusion系の淡く洒落た瑞々しいグルーヴと、ソウル~ネオソウルへの思い入れを窺がわせるソフトなヴォーカルで温かく彩る珠玉のソウル・チューン(#10-"Nakamarra")を筆頭としたソウル / R&B / ネオソウルを芯に据えながら繰り広げる自由度の高いスタイルや、#01, #04, #07のようなめくるめく展開と思い思いに描かれて行く深みのある世界観が与える陶酔感は、Hiatus Kaiyoteの今後の活動および作品に期待を寄せたくなってしまうほどの魅力を放っている。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Hiatus Kaiyote

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。