スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Tall Black Guy - "Up In The Sky (Too High ReEdit)"

01 22, 2012 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Tall Black Guy - Up In The Sky (Too High ReEdit)


Tall Black Guy - "Up In The Sky (Too High ReEdit)" - 2012

Camp Loの"Luchini"のリミックスをチョイスした前記事に続き、早くもアップロードされたTall Black Guyのフレッシュな音源 『Up In The Sky』 を今回はピックアップ。

リエディットのタイトルで既に「ピン」ときている方や、試聴した一発目の声で早々に気づかないワケがないStevie Wonderの"Too High"をTBG風に再調理した"Up In The Sky"は、サンプリングソースとしても魅惑的な威力を発揮するソレを、何か他のファンキーなトラックに仕立てられないか?というTBGのトラックメイカーとしての拘りを感じさせてくれるもので、ズレ感を活かしたビートをスパイスにしたネットリとバウンスする生地にオリジナルとは異なる新しいソース (メロディー) をかけた濃密なファンキー・ジョイントを披露。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


2 CommentsPosted in Tall Black Guy

Tall Black Guy - "Camp Lo - Luchini (TBG Remix)"

01 20, 2012 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Tall Black Guy - Camp Lo - Luchini (TBG Remix)


Tall Black Guy - "Camp Lo - Luchini (TBG Remix)" -2012

今宵の第二発目は、Dance To The Drummers Beat", "Red Bull Big Tune 2007 (Winner)", Unique Squared主催の"The Beatz and Lyrics 2 Go Beat Competition (Winner)"を筆頭に幾多のビートバトルに参戦し、 Eric Robersonの"A Tale of Two People"のリミックス・コンテスト"Eric Roberson’s Tale of Two Remix Contest"においても見事、栄誉を勝ち取り、シカゴのアングラヒップホップ・ユニットThe Primeridianの"Darling Lure"のトラックメイキングや、オシドリ夫婦SOUL / R&Bデュオの新星Malice & Mario Sweetの名盤"Happy 2 Year"で見せた手腕、Roy Ayersのドキュメンタリー映画のトレイラーに記載されたProduction CreditsのMusic欄でもその名を確認できる、デトロイト出身。現在はシカゴをホームベース (現在は故郷であるデトロイトへとロケーションを移している) として活動をしている筋金入りのプロデューサー 『Tall Black Guy』 が、今尚、愛されて止まないCamp-Loのヒップホップ・クラシック"Uptown Saturday Night"に収録されているDynastyネタと言えばコレ!という方もいるであろうシングル"Luchini"をリミックス (2006年に製作したものだそう) した 『Luchini (TBG Remix)』 をチョイス。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Tall Black Guy

Diggs Duke - "Gravity (Visual)"

01 20, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Jazz,Jazz2010
Diggs Duke - Gravity (Visual)


Diggs Duke - "Gravity (Visual)" - 2012

今回は、コンポーザー / シンガーソングライターにして、ドラム / ベース / サックス / トランペット / ギターをこなすマルチ・インストゥルメンタリストとしてメーン州をベースに活動をしているマルチ・アーティスト 『Diggs Duke』 が、つい先日、公開した"Gravity" (2011年にリリースしたデビューEP "Gravity収録") のオフィシャルビデオをピックアップ。

新年にピックアップした2nd EP "Black Gold"然り、全体を包むソウル / ファンク / ネオソウルの内郭と、その核を成すジャズから構築されたサウンドから直感的に感じる「ソウル」だけでは例え尽くせないその魅力は、惹かれ深く沈み込んでいくかのようなサウンドが放つ独特の深みに身 (耳) を預ければ、その深く重い灰色のサウンドという世界がやがて倒錯し、心地良さすら芽生えさせていく 『Gravity』 も同様。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Diggs Duke

Robert Glasper Experiment - "Afro Blue" / "Ah Yeah" / "Move Love"

01 19, 2012 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Robert Glasper Experiment - Afro Blue / Ah Yeah / Move Love


Robert Glasper Experiment - "Afro Blue" / "Ah Yeah" / "Move Love" (2012) 

Bilalの"1st Born Second" & "Airtight’s Revenge"や、Q-Tipの"The Renaissance"に収録されているNorah Jonesをフィーチャーしたシングル"Life Is Better"ではコンポーザーとしても名を連ね、yasiin bey (ご存知Mos-Def)のツアーバンドのディレクターや、Maxwellのツアーにも同行。Bilalを筆頭に、Mos Def, ?uestloveといったR&B/SOUL/Hip-Hop勢とのコラボレーションも自身のソロ作において積極的にアプローチし、確固たる自身の礎となるJazz (ニュー・スクール・ユニヴァーシティ在学中のギグや、Roy Hargroveとのワーク、Blue Noteから作品をリリースしているという点からもソレは計り知れる) とR&B / Hip-Hopとの共鳴をも果たし、Jazzの進化 (深化) を体言してきたテキサス州ヒューストン出身のピアニスト / コンポーザー 『Robert Glasper』

その"Robert Glasper"のピアノ&フェンダーローズを核たるマテリアルとして、Casey Benjaminのヴォコーダー&サキソフォン、Derrick Hodgeのエレクトリック・ベース、Chris Daveのドラムスが脇を固めるバンドに、Erykah Badu, Bilal, Lupe Fiasco, Lalah Hathaway, Shafiq Husayn (Sa-Ra), KING, Ledisi, Chrisette Michele, Musiq Soulchild, Meshell Ndegeocello, Stokley Williams (Mint Condition), yasiin beyをゲストとして迎えるなど、ブラックミュージック・ファンの好き物にはタマラナイ1枚になりそうな予感がしてならないニューアルバム"Black Radio" (2012年2月28日にリリースを予定している) から、高校時代の友人Bryan-Michael CoxがProd.したトラックに"Musiq Soulchild"と"Chrisette Michele"をフィーチャーしたリードシングル 『Ah Yeah』 と、日本ではコチラがシングル化されているのだろうか?Ah Yeahは未リリースながら日本のi-Tunes or amazonで購入できる"Erykah Badu"をフィーチャーした 『Afro Blue』 (逆に米国ではAfro Blueが購入できないようだ) そして、グループ名を見て既にニヤリな方もいるであろう、昨年にデビューしたSOUL/R&Bアーティストの中でも一際に輝いていたL.A.のフィメール SOUL / R&Bトリオ"KING"をフィーチャーした彼女らの声を渇望するファン待望の 『Move Love』 の3曲をピックアップ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Robert Glasper

Timotha Lanae - "Talkin' to Myself"

01 18, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Timotha Lanae - Talkin to Myself


Timotha Lanae - "Talkin' to Myself" (2011) 

今回ピックアップした 『Talkin’ to Myself』 は、 ミネアポリスをベースに活動を行い、1991年に設立されたミュージック・プロダクション・カンパニーSavannah Streetに所属するソウル / R&B シンガーソングライター兼アクター 『Timotha Lanae』 のデビューアルバム"RED" (こちらも後々にリリースされる予定) からの1stシングル"Radio"に続きリリースされた2ndシングルだそうで、このオフィシャルビデオでは近々、お披露目されるであろうオリジナルのミュージカル"REDdington"のシーンもフィーチャー。
アコースティックな質感を伴ったネオ・ソウル的な空気感と有機的に結びつく柔らかくうねるソウルフルなシンセのナチュラルな波状の中をそよぐTimotha Lanaeのヌーディーなヴォーカルが優しく重なり織り成していく耳障りが心地よく、シンプルならではの味わいと趣きを持っている。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Timotha Lanae

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。