スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Drea / Hooked

08 31, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Drea / Hooked


Drea / Hooked (2011) Hooked - Single - Drea

・About Drea

今回は、14歳の頃からアーティストとして彼女の父に同行していたのだという、東海岸のプロデューサー / シンガーソングライター 『Drea』の 『Hooked』をピックアップ。
あまり詳しい情報がないDrea嬢ながら、今回ピックアップした 『Hooked』は、Zhaneの2ndアルバム"Saturday Night "における雰囲気 = 気品漂うフレイヴァと心地よいノリを程よく誘うミッドグルーヴを放っていた"Request Line"あたりに似た性質を持ったムーディーなグルーヴと歌声が耳と胸をくすぐるグッド・ヴァイブを放出しているので、Zhaneが好きなんて方には是非とも一度、耳に入れて欲しい1曲だ。
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Drea

Maimouna Youssef / I Got A Man

08 30, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Maimouna Youssef / I Got A Man


Maimouna Youssef / I Got A Man (2011)

・About Maimouna Youssef

イトコのOmari“AzIz”と結成したJazz/Hip-Hop/Funk-バンド"Cirius B"時代に、フィリーへロケーションを移した際にJames Poyserと出会いThe Rootsとの共演のきっかけを掴んだ、The RootsのGame Theory収録"Don't Feel Right"や、CommonのBe収録"Love Is...", Rich MedinaのConnecting The Dots収録"Too Much"への参加から、WattstaxからインスパイアされたというThe Roots, Common, Mos Def, Dead Prez, Kanye West, The Fugees, Jill Scott, Erykah Baduらをキャスティングしたドキュメンタリー・フィルム"Dave Chappelle's Block Party"にも名を連ねてきたボルティモア出身のemcee / ヴォーカリスト / ソングライター / プロデューサー / 詩人でもある才女 『Maimouna Youssef』

・Review

今年にリリースしたEP "Black Magic Woman"に続き、9月末にリリースを予定しているMaimouna Youssef待望のソロ・アルバム"The Blooming"からのリードシングル 『I Got A Man』 は、"DJ Jazzy Jeff" と、そのJazzy Jeffがご執心なシンガー"Ayah"のアルバム"Back For More"でもプロデューサーとして名を連ねていた"Demien DeSandies"との共同プロデュースによるもので、ジャジーな色香と胸に苦さが淡く響くブルージー&ソウルフルな色彩漂うサウンドに、郷愁を誘うほろ苦いヴォーカルをしっとりとMaimouna Youssefが這わせていくR&B / SOULファン (特にネオ・フィリーサウンド / ネオソウル ) 泣かせの1品に。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Maimouna Youssef

Zara McFarlane - Mama Done / Chiaroscuro

08 30, 2011 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010
Zara McFarlane Photo


Zara McFarlane - Mama Done / Chiaroscuro (2011)

・About Zara McFarlane

『Zara McFarlane』 は、Thames Valley Universityでポピュラー音楽を学び、Guildhall School of Musicのジャズ修士を取得。Baby Solも共演していた"Bopstar"とのコラボレーション・トラック"Captured"や、"Jazz Jamaica Allstars" & "Wesley Lucas"と共にStevie Wonderの"My Cherie Amour"のカヴァーソングのレコーディング、さらには南アフリカのアイコン"Hugh Masekela"とのギグをこなし、2010年にセルフプロデュース&セルフリリースによる全6曲のEP "Until Tomorrow"を発表。
目下、EPはフルレングス・アルバムへと進化を続け、Zara McFarlaneの契約先となったGilles Petersonのレーベル"Brownswood Recordings"から、そのフルレングスアルバムで10月にデビューを飾るのだというロンドンのJazz / Soulシンガー。

・Review

名残惜しい8月も終わりを告げようとする今日は、秋の夜長に向けてオススメしたいニュー・アーティスト 『Zara McFarlane』 の鼻歌を挟みたくなってしまう華麗で軽やかなサウンド&ヴォーカルにご機嫌に酔いどれてしまう昼もOKでしょう?な"Mama Done"と、静寂という幕をひっそりと開けていくZara McFarlaneのシックなヴォーカルとサウンドから始まり、ゾクゾクとするミッドナイトのセクシーな情景を写しこんでいく熱くもクール&ビターなバック陣とZara McFarlaneのパフォーマンスの官能的なコクの艶感にうっとりする"Chiaroscuro"のジャズ・ナンバー2曲をピックアップ。

今回の2曲が示すJazz畑における魅力や活動にも期待しつつ、"Bopstar"とのコラボレーションのように多ジャンルとのコラボレーション (特にSOUL界隈のアーティスト) との絡みにも期待をしたいお方。

read more (試聴/続き) »


3 CommentsPosted in Zara McFarlane

The Away Team / Scars & Stripes

08 28, 2011 | Tag,HipHop,HipHop2010,2010
The Away Team / Scars & Stripes


The Away Team / Scars & Stripes (2011)

・About The Away Team

『The Away Team』 はLittle Brother率いるJustus LeagueのメンバーのメインプロデューサーとしてLittle Brotherの諸作は元より、Cesar Comancheや、L.E.G.A.C.Y., Median, Darien Brockingtonといったクルーの作品から、 Foreign Exchange, ベテランMasta Ace, Talib Kweliなどの作品で手腕を発揮してきたProducer 『Khrysis』 と、同じくクルーのメンバーとして、Foreign Exchange, Cesar Comanche, 9th Wonderらの作品にフィーチャーされ、 ドイツのプロダクション・デュオJR & PH7が豪華面子と共に送り出したコラボレーション・デビューアルバム"The Standard"でも一役買っているemcee 『Sean Boog』によるノースカロライナのヒップホップ・デュオで、Big Pooh, Chaundon, Joe Scuddaを招いたポッセカットや、Smif-N-Wessunとのコラボレーション・トラックを含む1stアルバム"National Anthem"でデビューを飾っている。

・Review

今回は、Duck Down/Jamla/IWWMGの3レーベル協賛の下、10月11日にリリースされるThe Away Teamの3rdアルバムのタイトルトラック 『Scars & Stripes』 をピックアップ。
濁ったフィルタ越しに滲み出るダスティーなヴァイブを放つ細かい演出がニクイ冒頭から、タイトなビートとストレートなヒップホップ・トラックを得意とする"Khrysis"らしい吟味されたビートと、トーンを抑えたビターなギターループがクールでありながらホットというドープなサウンドを展開すれば、間を活かしたネットリとしたピッチでありながらエッジを効かせたラップで緩くも鋭いという中毒性をトラックに更に注入するジリジリと迫る魅力が何とも言えない高品質な1品に。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Away Team, The

Kadija Kamara / Changes

08 24, 2011 | Tag,SOUL/FUNK,R&B,2010,SOUL/FUNK2010,R&B2010
Kadija Kamara / Changes
・About Kadija Kamara


Kadija Kamara / Changes (2011) Changes - Kadija Kamara

Aretha Franklin, Billy Holiday, Stevie Wonder, The Carpenters, Skunk Anansieなどからの影響。Soulへと舵をとったスタイルとワールドミュージックに対する愛情。そして、Jazz, Folk, Rockをミュージック・クリエーティビティへと還元し音楽を紡ぎ出す 『Kadija Kamara』 は、Poemsや、Ohmega Watts, Braille, Sivion, JR & PH7らとワークをこなすDJ / MC / Producer "Theory Hazit"や、デビューEP "The Bus Stop"も上々の評価を獲得したロンドンのEmcee "AKS"といったヒップホップ・シーンとの絡み (共演) から、説明不要の"Anthony Hamilton", UK SOUL界の重鎮"Omar Leyfook", DegoとKaidi Tathamを核とするユニット"Silhouette Brown", "Mark De Clive Lowe"などなど良質な音楽を輩出するアーティストたちとのワークという確かなバックボーンを持ったUKのシンガーソングライター / コンポーザーであり、実はギターも弾けてしまう"Kadija Kamara"のコンポーザーとしての才は、自らのデビューEPである 『Changes』 においてNathan Allenが手掛ける(#03-"I'm Endeavoured")を除き、彼女自身が手掛けた曲で実感できる。

・Review

まずは、Rockを取り込んだエネルギッシュなスタイルながら、Rockに呑み込まれていないソウルフルな「かほり」をも臭わせるギターに、ちょいと熱い節回しで高らかにフレッシュに歌い上げていく、その耳を離せない圧倒的なインパクトに"Kadija Kamara"のシンガーソングライターとしての資質を強く感じ興奮してしまう今月にPVが公開されたばかりとなるEP "Changes"からのシングル (#01-"Talking 2 Myself")を聴いて欲しい。
単にRockをブレンドしたでは言い放つことのできない「Soul×Rock」が体感できてしまう。

無論、他の曲の水準も高いので、#01を聴いてKadija Kamaraをお気に召したならば、「Brazilian×Folk」というブリージングなサウンドがサラリと吹き抜け、あたりに漂わせる清清しい残り香を纏いながら開放的な歌声で軽やかにステップを踏んでいく様から、Kadija Kamaraのワールドミュージックに対する愛情がひしひしと伝わってくる (#02-"Deeper Than This"),
清涼感溢れる歌唱を披露していた#02とは変わり、やや苦味を含ませたアンニュイな歌声でソウルフルな切り口を、Nathan Allenが作り上げるスムースなジャズインスピレーションを優しく波たたせて輪を広げていくJazz-Soulサウンド上で魅せるBitter & Sweetな1品 (#03-#I'm Endeavoured"),
ギターを片手に曲を作り上げていく光景を目の当たりにしているような感覚や、Kadija Kamaraの人となりを感じさせる温かく優しいフィーリングがアートワークの佇まいを思わせる胸打つピュアなアコースティック・ナンバーが聴くほどに沁みホッとさせてくれる (#04-"Changes") の計3曲にてKadija Kamaraの魅力を別角度から味わえるので是非とも味わって欲しい。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Kadija Kamara

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。