スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

EDO.G / Fastlane

04 30, 2011 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
EDO.G / Fastlane


EDO.G / Fastlane (2011) Fastlane / Righteous Way - Single - Edo. G

"Ed O.G. & Da Bulldogs"としてヒップホップ史にボストンの名を刻んだ名盤"Life of a Kid in the Ghetto"を筆頭に、Pete Rockとのコラボレーション・アルバム"My Own Worst Enemy"や、Juice Crewのベテラン・ラッパーMasta Aceとタッグを組んだAce & Edoとして"Arts and Entertainment"をリリースする他、Damu the Fudgemunkとタッグを組んだ"Y Society"や、日本でも"ShinSight Trio"のメンバーとして高い人気を持つ同郷の"Insight"らの作品などのゲストラッパーとして現在もなお最前線でマイクを握るレジェンド『EDO.G』が、5月17日にリリースを予定している最新のスタジオ・アルバム"A Face In The Crowd"から、ご存知『DJ Premier』手掛けるシングル"Fastlane"をピックアップ。
A Face In The Crowdでは、"DJ Premier"他、プロデューサーに先のReksの新作でも腕を奮っていたReksの盟友"Statik Selektah", Dead Prezの"M1", J5の"Chali 2na", ロケーション変更先でもあるDelicious Vinylから"Soul Food"でファンキーな音を届け、Shaquille O'Nealや意外な?Brigette McWilliams, 2Pac, Krayzie Bone, Roscoeらの作品を裏方で作業(Prod.)とハーレム出身だけど主に西海岸モノの作品のサポートをしているMC兼プロデューサー"Def Jeff"(Def Jef)あたりが参加する模様。
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in EDO.G

Cherri Prince / Misery

04 29, 2011 | Tag,Jazz,Jazz2010,Nu-Soul,SOUL/FUNK2010,SOUL/FUNK
Cherri Prince / Misery


Cherri Prince / Misery (2011)

イギリスのSOUL / NU-SOUL / R&B / JAZZ シンガー"Cherri Prince"が新曲"Misery"を発表。

前回紹介したデビューEP "Listen Hear"では、Hip-Hopのベクトルを強く感じさせるビートやラップをフィーチャリング、女性らしいしなやかさと艶やかさを掻き立てるJAZZのエッセンス、R&B/SOUL寄りのスタンスを取ったヴォーカルワークとコーラスを組み合わせた内容と、Cherri PrinceのヴォーカルもAmel Larrieuxの細目のヴォーカルに似た性質を放っていたことから"Groove Theory"のような何て紹介をさせてもらいました。

さて、今回の新曲MiseryではCherri Prince's forthcoming projectということでR&B / Hip-Hop色の強かったEPを覆すようにJAZZの要素を色濃くSOULをブレンドしたNU-SOULテイストの新たな姿勢と意欲を見せ、Cherri Princeのアプローチの仕方もEPの時のソレとは異なり、かな~りコケティッシュな仕様(ビデオも)となった力作となっています。Groove TheoryタッチなEPも好きでしたがCherri Princeの新たな魅力を強く打ち出した本ナンバー...Cherri Princeの今後を変える要素ありですね。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Cherri Prince

MARZ G / Make Love

04 28, 2011 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B2010,R&B
MARZ G / Make Love

MARZ G / Make Love (2011) Make Love - Single - Marz G

今回は、MARZ Gのデビュー・シングル"Make Love"を紹介。と言っても、新人じゃありませんコノお方。70年代にシングル"Sweet Fools"や"I Ain't Much But I'm All I Got"を放っていた"Essence"のリードシンガーとしても活躍。セルフプロデュースによって生み出した"Are You Going My Way" (2002), "And Now, Marzette" (2007)の2枚のソロ・アルバムを放ち円熟味を帯びた実に深くコクのあるテナー~ファルセットを聴かせてくれた"Marzette Griffith"その人なんです。

で、ネット環境が充実することによってプロ、アマチュア含めミックステープやら、ストリートシングルやら、フリー音源やらと膨大な量の作品が渦巻く現在において、埋もれてはいけない歌声があるの巻として、このMARZ GのMake Loveを是非とも聴いてもらいたくプッシュ。

甘く囁き響くギター、二人の距離をそっと詰めるようなハートフルなビート、トラックを包み込むロマンティックなベール(メロディ)、駆け出しのシンガーでは到底出し得ない甘くも渋く全てを包み込むような包容力のある官能的なヴォーカルが紡ぐ女性もイチコロ!?な至高のスロウジャムは現R&Bのアレンジを施したモノなのでSOULファンならずともR&Bファンにも堪能して欲しい。

※持ち前の『ラララ~ウェルウェ~ル』を特許(武器)に、もうお判りですね!?相思相愛?なR. Kellyのプロダクションとのハマリ具合も重なり90年代も自慢の歌声を披露。昨年末に"Mr. I"をリリースしたRonald Isleyあたりのスロウジャム系がツボならば是非是非ご賞味を!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in MARZ G

Neek The Exotic & Large Professor / Still On The Hustle

04 28, 2011 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Neek The Exotic & Large Professor / Still On The Hustle


Neek The Exotic & Large Professor / Still On The Hustle (2011)

Main Sourceのプロデューサー兼Emceeとしてヒップホップ・クラシック"Breaking Atoms"を放ち、Kool G Rap & D.J. Polo, Nas, Akinyele, A Tribe Called Quest, Big Daddy Kane, Eric B. & Rakim, Boot Camp Clik, Grand Puba, Joell Ortizらのトラックを手掛ける他、Leaders Of The New SchoolのWhat's Next(Remix), Organized KonfusionのStress(Remix), Common SenseのResurrection(Remix)などのリミックスワーク。某サントラへの提供曲となったPete Rockとタッグを組んだ"Rap World"や、果てはフランスのトラックメイカー・デュオ"The Funk League"との共演など、90年代初頭から活躍しながらも2002年にソロデビュー盤"1st Class"を放ち(順当に行けばThe LPがデビューアルバムとしてリリースされる予定だった)以降~現在に至るまで、その名を刻み続けてきた『Large Professor』と、Main Sourceが1992年に放ったシングル"Fakin' The Funk"で客演していたことでも知られ、Large Professorのバックアップ(Prod. & ゲストEmcee)を受けた盤"Exotic's Raw"を2003年に放った盟友『Neek The Exotic』が再びタッグを組みました。

今回、ピックアップしたトラックは5月17日にリリースを控えているコラボ第二弾となるアルバム"Still On The Hustle"のタイトルソングとなり先行で発表されたモノですが、いやいや、微かに埃たてる男気溢れるブルージーなギターループと相性バツグンの貫禄を滲ませる颯爽としたムダを削いだビートとフレッシュなスクラッチ...
いかにもといった体裁をサウンド・外見含めてあからさまに纏ったモノにはない貫禄と良質なスメルがムンムンと滲み出るシンプル・イズ・ベストなトラックに仕上がっています。※アルバムのプロデューサー陣(といっても大半はLarge ProfessorがProd.)の中にはLord Finesseの名も。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Neek The Exotic & Large Professor

TheSeKondElement & Bettis / Heaven Sent

04 27, 2011 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
TheSeKondElement & Bettis / Heaven Sent


TheSeKondElement & Bettis / Heaven Sent (2011)

今回は、15歳の頃からインディーズ・レーベルYouth Movement Recordsでレコーディングを始め、IdleMindz Media & Entertainment Groupを設立。Curren$y, Jay Electronica, Dom Kennedy, 88 Keys, Kidz in the Hallらのオープニング・アクトを勤め、2010年にデビューLP "The Kommencement"をリリースしたベイエリア出身、現在はニューオーリンズをベースに活動しているジャーナリスト / 詩人 / Emcee 『TheSeKondElement』と、ドラマーの『Bettis』がタッグを組んだプロジェクト盤 "The Korner Of Ahmir & Hillman"からのカットナンバー"Heaven Sent"をピックアップ。

いたってシンプルな『Drums × Rap』

だからこそBettisが放つビートも、TheSeKondElementのリリックも鋭く身体を刻み込んでいく。可愛らしさを含んだ声質でラップを放つ冒頭から一気にヒートアップ、鋭い切り口と疾走感溢れるラップ&ドラムが繰り出すシンプルな高揚感がイイ感じ。派手派手で煩わしいサウンド。黒さを忘れたポップなサウンド。良くも悪くもジャンルレスにミックスされ進化と劣化を生み出すサウンド。こんな今だからこそシンプルってのは沁みますねコリャ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in TheSeKondElement & Bettis

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。