スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Jsoul / Black Sinatra

01 31, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010,NEO-SOUL
Jsoul / Black Sinatra


Jsoul / Black Sinatra (2010) Black Sinatra - Jsoul

Jamal SmithことJsoul(a.k.a. J.S.O.U.L.)は、Raheem D'vaughn, Eric Roberson, Sy Smith, Fertile Ground, Robin Thick, Julie Dexter, Amel Larieux, Ledisiらとステージをシェア。Urban Retrospectiveでデビューを飾るとアングラR&Bシーンで密やかに評価され始め根強い支持を獲得してきたメリーランド州ボルティモア出身のSOUL/R&Bシンガー・ソングライター/プロデューサー。Jsoulが2010年12月18日にリリースした (主要のオンラインショップの販売は1月過ぎなので、ほぼ2011年の作品) 3作目にあたる今作は、アングラでは支持を得ながらも全体的な認知度はまだまだ低いJsoul自身の作品をより多くのリスナーに聴いて欲しいという思いの現れを感じる人選とも言えるし、着実に評価を伸ばしてきたからこそJsoulの下に集まったとも言えるネオ・ソウル~R&B界でお馴染みのメンバーから、Nujabesの諸作に名を連ねているMCが参加とリスナーの心を揺さぶる人選がなされており、参加をしているメンバーの名を見て触手が伸びてしまうような方にとって納得のいく曲が見つけられる秀盤だと思う。

さて、気になるゲスト・アーティストや中身は...Jazzy Jeff, Will Smithのツアーへの参加、Musiqの"Justlisten"や"Soulstar", ネオソウル・ブームをより拡散させていったレーベルHidden Beach関連の諸作=Kindred the Family Soulの"Surrender to Love"やJeff Bradahwの"Bone Deep"にJill Scottの"Experience: Jill Scott 826+", 同じく新旧のフィリー・シーンには欠かせないお方=Larry Goldにスポットライトを当て優良レーベルbbeからリリースされた"Larry Gold Presents Don Cello And Friends"へGene McFadden & John Whitehead, Black Thought, Gerald Levert, Floetry, Kindred The Family Soul, Jaguar Wright, Eric Roberson, Bunny Siglerらと共に参加するなど話題に富んだバックグラウンドを持ち、デビューアルバム"Moments Like This"も高評価を獲得しているフィラデルフィア出身の"Carol Riddick"とのデュエットで紡ぎだすロマンティックでコズミックなラブ・グルーヴに酔う#04-"Tell Me"の先行シングルを筆頭に、もはやインディーズの枠を越え高い評判と人気を誇る"Eric Roberson"と"Substantial" (Nujabesとのコラボレーションで日本でも認知度が高いメリーランドのMC)がアシストするR&B / HIP-HOPファン両サイドの触手を刺激するミディアム#02-"Potential", 更には Floetry解散後、"Floetic Soul"で2010年にソロデビューを果たした"The Floacist"(Natalie Stewart)とUKから米国に活動拠点を移しJazz, Soul, Broken-Beat, Bossa-Nova, Reggae, Afro-Beatのエッセンスを汲んだオーガニックソウル・シンガーとして脚光を浴びた"Julie Dexter"の両ゲスト陣との相性もバッチリと視野に入れたオーガニックなビート、ベルベットのようにリッチでセクシーな質感で優しく艶かしく包み込むサウンド、時にスイートに、時にグルーヴィーに舞うヴィブラフォンなど至高の時間を提供してくれるアダルトなアナタにオススメしたい#09-"Closer"に、"Raheem DeVaughn"やJ-Rawls & J-Sandsコンビ="Lone Catalysts", Damu The Fudgemunk属するデュオ="Panacea"などの作品に名を連ねている"W. Ellington Felton"(Dub Ell)を迎えた#03-"It's that Love", フロアで映えるパーカッシヴなビートの熱さを中和するチルなサウンドと清涼感溢れるヴォーカルが程よい疾走感を含ませながら滑らかに吹き抜けていく爽やかなグルーヴが気持ちいい、Houseサイドのリスナーにもアプローチできそうな#10-"Up in the Club", #10と同路線となる#05のRemixにあたる#11-"Frequency (Remix)", ロッキッシュな面も覗わせつつも作り込まれたトラックメイキング・世界観によって聴く毎に味わいが増していく#01-The Music", フューチャリスティックなヴォコーダーにアーバン・ファンクなエッセンス、ジャジーなピアノが涼しげに擦り抜けていく夜のドライブにピッタリなアーバン・グルーヴものの#03-"It's that Love", 贅肉を削ぎ落としJazzへと歩み寄ったサウンド・ヴォーカルと、ソフィスティケイトされたネオソウル・サウンドが混ざり合い温かく神秘的に揺らめき永く永く浸っていたい気分にさせてくれる#06-"Forever", などR&B / NEO-SOULからレンジを広げ消化し表現するあたりなどJsoulの音楽に対する熱意と質の良さを感じるのと同時に、ネオソウル界で名を馳せるゲスト陣で惹かれた方も、そのクオリティの高さと表現力、実験的なトラックによってアングラ・シーンでは支持を獲得しつつも全体的な認知度・過小評価気味のjsoulの魅力に引き込まれるであろうインディーズの名盤となっています。
※まずは#02, #04, #09の試聴を。
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jsoul

Yvonne Fair / The Bitch Is Black

01 30, 2011 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970
Yvonne Fair / The Bitch Is Black


Yvonne Fair / The Bitch Is Black (1975) The Bitch Is Black - Yvonne Fair

ヴァージニア州リッチモンドで生まれ1958年のヒットナンバー"Maybe"を放ったN.Y.のフィメール・グループ"The Chantels"のメンバーとして活動した後に、James Brown Revueのシンガーとして採用されKing Recordsからリリースしたシングルでソロ・デビューを果たしたYvonnneは後の1968年にMotownとサインを結ぶ。本盤はMotownとサインを交わした翌年の1969年にMotown系列のレーベルSOULから放ったシングルに続くと言っても、なかなかに時間を要した1975年に発表されたアルバムで、制作の要として"Norman Whitfield"が参加。
James Brown Revueのシンガーとしてピックアップされたというバックボーンに深く頷けてしまうワイルドでファンキーな歌いっぷりにフォーカスし、ファンク・スタイルのトラック群をベースに纏めあげたアルバムは、Edwin StarrのナンバーをYvonne Fairカラーに塗り替えたA1-"Funky Music Sho Nuff Turns Me On"に始まり、MotownのスタンダードをリバイバルさせたYvonne Fairの代表曲として挙げられているA2-"It Should Have Been Me", ゆるやかな幕開けからパーカッションが加わり加速し始めると、曲はどんどんと舞い上がりより華麗に壮大に力強く昇り詰めていく解放感が素晴らしいGhostface Killahの"Stay"ネタのA3-"Stay A Little Longer", Stevie Wonder作、RufusのナンバーをカヴァーしたA5-"Tell Me Something Good"の前半。そして、Biz Markieの"Check It Out"やFat Joeの"Bad Bad Man", Jay-Zの"Where I'm From"などヒップホップ勢のサンプリング・ソースとしても愛され蜜な関係にある理由も聴けば一発で解ってしまうヘヴィーなB1-"Let Your Hair Down"に、Barbara GeorgeのカヴァーB3-"I Know (You Don't Love Me No More)", ジャンルという壁をワイルドなヴォーカルでブチ壊しロッキッシュでファンキーなサウンドがグルーヴを刻むB4-"Walk Out The Door If You Wanna", 締めのStevie WonderのカヴァーB5-"You Can't Judge A Book By It's Cover"の後半と、どの曲もYvonne Fair節がハジケ、アピールしまくる聴き応え十分の痛快な秀盤。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Yvonne Fair

Reks / 25th Hour

01 29, 2011 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
Reks / 25th Hour


Reks / 25th Hour (2011) 25th Hour - Single - Reks

Reksはマサチューセッツ州ローレンスで生まれ、"Funk Town Connection"のブレイクダンサーとしてHIP-HOPのカルチャーにのめり込むと、ボストンのアングラ・ヒップホップ・シ-ンを自身の活動の場として決意。同郷のレジェンド"Ed O.G"もバックアップしているデビューアルバム"Along Came the Chosen"を2001年に放つや否やURB誌の"Next 100"に選ばれ、Boston Music AwardsのBest Hip-Hop Album & Artist of the Yearにノミネート。デビュー時にしてアングラ・クラシックとしてリスナーを唸らせ、ストリート・アルバムとなる2ndアルバム"Rekless"を挟んだ3rdアルバム"Grey Hairs"では"DJ Premier"や"Large Professor"ともコラボレーションをこなしてきたemcee

今回は、Reksの3枚目のスタジオアルバム"Rhythmatic Eternal King Supreme"(03. 08. 2011. リリース)からのシングルとなるDJ Premierプロデュースの"25th Hour"をピックアップ。洗練されたタイトなビート、黒々しく蠢くメタリックなギター、スリリングなストリングス、無機質に響くピアノ、気迫に満ちたReksのフロウ...と納得のクオリティ。※Rhythmatic Eternal King Supremeのプロデューサー陣にはDJ Premier, Pete Rock, The Alchemist, Nottz, Hi Tek, Fizzy WomackにStatik Selektahらが名を連ね、ゲストにはLil Fame, Freeway, Styles Pなどが参加と、いやはやスゴイですね...

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Reks

The Regiment / Battle Cry

01 28, 2011 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010
The Regiment Pic


The Regiment / Battle Cry (2011)

The Regimentは"O.S.I." (Original. Soul. Invented.)と"IseQold"のデトロイトの2 emceeによってリフォーマットされたヒップホップ・デュオで、元々はオリジナルのメンバーO.S.I.と"C. Reid"によって結成されたデュオとしてRawkus 50にピックアップもされている。
さて、The Regimentのニュー・シングルとなる"Battle Cry"ですが、Buff 1, Oddisee, Diamond District, Black Milk, Med, Declaime, Prince Poらを迎えた自身のアルバム"The Reset"のリリースからBoog Brownとのコラボレーション・アルバム"Brown Study"のリリース。 The Leftの"Gas Mask"のプロデューサーを担うなど2010年に入り勢いを見せるデトロイトのプロデューサー"Apollo Brown"が手掛けたもので、突き上げるビート、ソリッドなサウンド、ループの魅力、エッジの効いたフロウなど、ヒップホップの魅力の一つを解り易い形で届けてくれるトラックとなっています。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in The Regiment

Dilys / What I Want

01 28, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Dilys / What I Want


Dilys / What I Want (2011) What I Want - Single - Dilys

元々、喜劇女優を目指していた"Dilys"は学校のファッションショーでWhitney Houstonのバラード・ナンバーを歌ったところ評判を呼んだことで自分自身も気づいていなかったシンガーとしての才能に気づき、ロンドンやN.Y.のクラブ・教会・劇場で音楽のキャリアをスタートさせていったというUKのR&Bシンガー・ソングライター。どうやらアルバムの制作も行っているような様子ですが、まずはWhat I Wantを聴いてもらえたらと。What I Wantを聴く限りではサウンドも歌唱もMary J. Bligeに近く、UK産ながらも米国のストリート感を汲んでいるところもイイのでMary J. Bligeの亜流として淘汰されず後続のナンバーが聴けることを願うばかり。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Dilys

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。