Slow Jams Christmas 1 / V.A.

12 19, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1990,SOUL/FUNK1990,Christmas,Holiday
Slow Jams Christmas 1 / V.A.


Slow Jams Christmas 1 / V.A. (1996)

すっかり冷え込んできて冬らしくなってきましたね!ということで、最近、多めに盛り込んでいるオススメのクリスマス・アルバムをピックアップ。今回はSOULFUL CHRISTMAS!!ということと、1枚で多くのアーティストのクリスマス・ソングを味わいたいという方もいるのでは?と思いソウルフルなクリスマスソングが一同に集められたコンピレーション・アルバム"Slow Jams Christmas 1"をピックアップ。手軽にソウルフルなクリスマス・ムードを楽しみたいなんて方には最適な1枚。

Slow Jams Christmas 1 / V.A. ~Tracklist~
01. The Temptations - Silent Night
02. The Whispers - Happy Holidays to You
03. The Whispers - Christmas Song
04. Luther - At Christmas Time
05. The Temprees - It's Christmas Time Again (The Christmas Song)
06. Donny Hathaway - This Christmas
07. Nat King Cole - The Christmas Song
08. Charles Brown - Please Come Home for Christmas
09. The Emotions - What Do the Lonely Do at Christmas?
10. The Stylistics - When You've Got Love, It's Christmas All Year Long
11. Margie Joseph - Christmas Gift
12. The O'Jays - Have Yourself a Merry Little Christmas

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Slow Jams Christmas 1

Baby Sol / Plans

12 18, 2010 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Baby Sol / Plans


Baby Sol / Plans(live acoustic) - 2008

ロンドンのヒップホップ・バンド"Lazy Habits"のデビューシングルとなる"Memory Banks"のPVで完璧にLazy Habitsを喰っているザイール出身のMiss Baby Sol嬢...
De La Soulの"Maseo"もゲストで参加しているBlack Einsteinの"Whatever Happened To Major Tom?"に収録されている"Common Ground", DJ Ironikの"So Nice"やMystroの"Don't Worry", Houseサイドとの共演となるBopstarの"Material Thing"などへの客演~Nate Jamesのバックヴォーカル、Paloma Faith & My Baby Left Meを皮切りに一躍、名を挙げたUKのフィメール・ソウル・シンガーROXとのオーストラリア・ツアーなどをこなしてきたワケですが...いよいよ2011年にデビューEP "Before I Begin (The Journey)"をリリースするそうです!

そんなワケで、今回はBaby SolのEPに収録されている"Plans"と同曲か保障が出来かねるところですが...Plansのライブ・パフォーマンスをピックアップ。

Lazy Habitsの"Memory Banks"のPVで目力共々、圧倒的な存在感を放つBaby Sol嬢
Black Einsteinの"Common Ground"でジャンルレスな歌いっぷりを見せるBaby Sol嬢
Bopstarの"Material Thing"で土着的な歌唱を含ませたクセで奥深い味わいを注入して見せるBaby Sol嬢
デビューEPのジャケ(上のヤツね)も奇抜なBaby Sol嬢
"Plans"(Live)を歌い上げる姿が飛びっきりキュートなBaby Sol嬢

お騒がせ度数の高そうなUK発ソウル・シンガー"Baby Sol"の活動から目が離せなくなりそうですよコレは(汗)

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Baby Sol

Keith Sweat / Christmas of Love

12 18, 2010 | Tag,R&B,2000,R&B2000,,Christmas,Holiday
Keith Sweat / Christmas of Love


Keith Sweat / Christmas of Love (2007) A Christmas of Love - Keith Sweat

今回はクリスマスまで残り1週間ということでKeith SweatのHoliday Album "Christmas of Love"をピックアップ。

本盤の主役となるKeith Sweatは、1970年代にリードシンガーを務めたセミプロバンドJamilah~ソロシンガーを目指しクラブシンガー、スタジオエンジニアなどを務めながら、デモテープ製作し放ったマイナーレーベル時代のシングル"My Mind Is Made Up"~ニュー・ジャック・スウィングの元祖とされるテディー・ライリーとの出会いによって産み出されたデビューアルバムにして出世作"Make It Last Forever"(1987年 R&B Albums 1位)を皮切りに、送り出された数々のアルバム、スーパー・ユニット"LSG"の結成、"Silk"や"Kut Klose", "OL SKOOL"を輩出したレーベル"Keia"の設立、2010年産の"Ridin' Solo"と自身のシンガーとしての活動をこなしつつも、若手シンガーの輩出にも尽力してきた実績と妙に癖になる声質・ソングライティング能力によって、今もなお最前線で新旧リスナー問わず聴かれているベテランのR&Bシンガー・ソングライター。な~んて説明が要らない程なのは周知のとおりですね!

まず、聴いて欲しいのが女性陣の胸をキュッとさせるような瑞々しく跳ねる水滴音、肌に触れては消えていく柔らかい雪を連想させる優しい音色で心を溶かすギター、クリスマス・シーズンの到来を身近に感じさせるベル、舞い積もる雪と灯りが描き出すきらめく白銀の世界を感じさせるキラキラとしたロマンティックなサウンドと、Keith Sweat特有のヴォーカルで温かく包み込んでいくKeith Sweatらしさが溢れる本盤のハイライト・ナンバーとなるクリスマス・ソング#01-"Be Your Santa Claus"(ちょっとベタな歌詞は愛嬌?でも素晴らしい)
他、ハンドクラップ、トラックを横切るスペイシーな味付け、甘酸っぱいシンセ&Key, ギター・ループがクリスマスのハッピー感を煽るミディアム・アップ#06-"Once A Year", 打ち込みビートを軸に、親しみやすい明快なコーラスと煌くメロディが一丸となり一気にリスナーの気分を持ち上げる#07-"Nothing Like Christmas"に、Keith Sweatの本領発揮とも言えるセクシーなスロウで魅了する05-"All I Want For Christmas"など、Keith Sweatらしい切り口と魅力を含ませた非クラシカルな味付け(R&Bに傾向した味付け)が本アルバム最大の特徴。
※本アルバムからのオススメは夜を待たずして、昼間の車中で早くもPLAYできるクリスマス・ソングとして#01, #06, #07をピック。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Keith Sweat

Mr. AL MAC / Hybernation

12 17, 2010 | Tag,R&B,2000,R&B2000
Mr. AL MAC / Hybernation


Mr. AL MAC / Hybernation (2009) Hybernation - Mr. AL MAC

今回は、タレントショーで優勝したことをきっかけに結成されたR&Bヴォーカル・クインテット"Troop"として1988年に放ったデビューシングル"Mamacita"や、New Jack Swingクラシック"Spred My Wings"他、合計4枚のシングルを送り出した2ndアルバム"Attitude"など当時旺盛だったNew Jack Swingブームにも乗り1980後半~1990年代前半を彩ったリードシンガー"Allen McNeil"こと"Mr. AL MAC"のカムバック・アルバム"Hybernation"をオススメ。

イントロ~始まるベイエリアの朗らかな陽気を映し出したレイドバック・チューン#02-"Got Me Sayin"に続くアルバムは、#03-"Close"や#05-"I Don't Need Nobody"を筆頭に現メインストリームを軽めに意識したエレクトロ・サウンドながらも、Mr. AL MACのスイートなハイ・テナーとの相性を極限まで高めるべくスムースでセクシーな味付けを施したもので、電子的でもこの上なく艶かしく甘美でロマンティック...胸が締め付けられる曲がぎっしりと詰まった序盤と、(後半に収められている#11-"Brand New Start"も同タイプ)
ソウルフルさと胸をキュッとさせるコーラスが頭と心に沁み込む#09-"So In Love"と、スタンダードとも言える90's R&Bを意識というか奇を衒わないオーソドックスなR&Bを聞かせてくれる#10-"Do My(own/your)damn Thing"で聞かせる自然体のMr. AL MACが垣間見れる中盤。
#12のインタールードを挟み、スリリングなウェッサイ調のミディアム#14-"Big Bossin & Flossin"やBilal的な切り口を見せるセクシャルなバウンス・チューン#16-"Submissive"などとストリートを意識したトラックへ一変する後半と判りやすく3部に分けられていて、どのパートもMr. AL MACの魅力が溢れんばかりに充満。聴けば聴くほどにアルバムの味わいに引き込まれていく病み付き感と、高評価をつけるリスナーの多さに成る程と頷かずにはいられない出来栄え。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Mr. AL MAC

Cool Million feat. Jahah / Musiq

12 17, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,2000,SOUL/FUNK2000,DISCO
Cool Million feat. Jahah / Musiq


Cool Million feat. Jahah / Musiq (2008) Going Out Tonight - Cool Million

今回はアーバン・ファンク好きや、夜のドライブに適したナンバーを探している方にオススメのナンバーをデリバリー。

両アーティスト共に過去記事にUPしているので覚えている方もいるのでは?と思いますが、Meli'sa Morgan~Eugene Wildeなどなど往年のSOUL/FUNK/DISCOシンガーを招き、ディスコ・フロアーへ回帰させてくれるツボ過ぎるサウンドプロダクションが好事家の間で人気を博した"Back For More"を2010年に届けてくれたデンマークのR&B, SOUL, HIP HOPのポータルサイト"Soulportal.dk"の運営者でもあるFrank RyleとドイツのRob Hardt(Remix/Songwriter/Producer)によるプロダクション・チームと、LaFace Recordsにおけるインターンとしての下積み、PinkやArrested DevelopmentのSpeechとの共演云々はさておき、ソウルシンガーとしての実力を持つ、そのヴォーカルに魅力が詰まっているJahahによるコラボレーション・シングル。
※収録はCool Millionのアルバム"Going Out Tonight"

煌めく夜の街並みを更に輝かしいモノへと昇華させていくアーバン・ファンク色濃厚のエレクトロ・サウンドを纏うブリージング・サウンドにJahahの涼しげなヴォーカルが横切る清々しさがより一層、曲を洗練されたモノへと...タマリマセン。いろいろRemixがありますがオリジナルがしっくりきます。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Cool Million

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...