スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Miss You / Missing You /etc. / V.A.

11 30, 2009 | Tag,MissYou,MissingYou,V.A.
こんばんは。

更新が途切れておりスイマセンデシタ・・・
一ヶ月前から肺炎と闘病するものの11月29日に愛猫が永眠。

お昼に、木々に囲まれた眺めのよい高台で火葬。11年間ともに暮らした思い出が消えるワケもなく傷心中です。いまのところ、この素敵な高台に愛猫のお墓をつくる予定です。

そんなことで、いつものような記事を書く気力もなく手抜きで申し訳ないのですが自分の気持ちも含めMiss Youに繋がる曲を何曲かピックさせてもらいました。ノリの良いMiss系は気分ではないのでUpしていませんのでご了承を。


♪ Case / Missing You


♪ Joe / I'm Missing You(皆さんはCase Ver.とJoe Ver.どちらが好きですか??)


♪ Tamia / Officially Missing You


♪ The Tony Rich Project / Missin' You



♪ Klymaxx / I Miss You


♪ Monifah feat Heavy D / I Miss You


♪ Diana Ross / Missing You


♪ The Notorious B.I.G. Feat.112 / Miss You(↑ネタ使い)


♪ Puff Daddy & Faith Evans & 112 / I'll Be Missing You(Policeネタ。故Biggy↑へのトリビュートソング)


♪ Aaron Hall / I Miss You


♪  Boyz II Men / I Miss You


♪ Aaliyah / I Miss You



・●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒き1票をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ
スポンサーサイト

6 CommentsPosted in V.A.

滲む黒汁ヴォーカル~Leela James / A Change Is Gonna Come~

11 27, 2009 | Tag,R&B,2000,女性,R&B2000


Leela James / A Change Is Gonna Come(2005)
Leela James - A Change Is Gonna Come

Review
L.A.カリフォルニア出身の女性R&B/SOULシンガーソングライター。
2003年にシングル「Music / My Joy」をリリース。2004年に Black Eyed PeasとMacy Grayのオープニングアクトを務め、同年にPete Rockの「Soul Survivor II」に収録されている「No Tears」へ参加。2005年にRaphael Saadiq, James Poyser, Kanye West, Wyclef Jeanなど玄人制作陣を迎えデビューアルバム「A Change Is Gonna Come」をリリースし5枚のシングルをカット。
Sam Cookeから拝借したアルバムタイトルから判るように古き良きSOULへの強い思いを投影した作品が多く収められておりネオ・ソウルと称されたアーティストの中ではSOUL寄りのアーティストで圧倒的なヴォーカルで多くのリスナーをメロメロに黒く染めてしまったほど(当時10代)
その後Warnerと決別しShanachie Recordsと契約。2009年にBetty Wrightの「Clean Up Woman」やWomack & Womackの「Baby I'm Scared of You」, The Staple Singersの「Let's Do It Again」などとカヴァーソングで固めた「Let's Do It Again」をリリースしています。デビューアルバムでSam Cookeと同タイトルを使用し2ndアルバムはThe Staple Singersと同タイトルを自身のアルバムタイトルに選ぶあたりからもSOULへの強い思いとSOULシンガーなんだという強い思いが感じられますね!

read more (試聴/続き) »


2 CommentsPosted in Leela James

独自のスタイルで攻めたラッパー ~K-Solo / Tell The World My Name~をおすすめ

11 26, 2009 | Tag,HipHop,1990,男性,HipHop1990


K-Solo / Tell The World My Name(1990)

Review
ロングアイランド生まれで元ボクサーのMC。元ボクサーという経歴からか軽々としたフットワークで巧みにスペルを繋ぎ合わせていくスタイルはK-Solo独自のもので圧巻。
もともとEPMDのParrish Smithが結成していたHit Squad(RedmanやDas EFXを含む)時代からの知り合いという繋がりからParrish SmithがK-Soloをプッシュ。EPMDが1989年にリリースした2ndアルバム「Unfinished Business」に収録された「Knick Knack Patty Wack」でデビューを果たし1990年にソロデビューアルバム「Tell The World My Name」をリリース。本作からは「Spellbound」, 「Your Mom's in My Business」, 「Fugitive」のヒットナンバーを輩出し1992年には2ndアルバム「Time's Up」もリリース。とりあえずK-Soloというオリジナリティが凝縮された「Spellbound」は必聴!

read more (試聴/続き) »


4 CommentsPosted in K-Solo

クリスマスSOUL定番~Jackson 5 / Christmas Album~

11 25, 2009 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970,Christmas,Holiday


Jackson 5 / Christmas Album(1970)

どうも~。とうとうクリスマスまで残すことピッタリ一ヶ月・・・
クリスマス企画パート2ではクリスマスでハシャギタイ☆そんなアナタへおすすめするクリスマスSOUL定番アイテム「Jackson 5 / Christmas Album」をお届け!

もはや説明不要の誰もが大好き、知らないなんて言わせないJackson 5が1970年に残したSOUL定番のクリスマスアルバム。
その後、リイシューを数度行ったクリスマスアルバムで20th Century Masters盤からボーナストラックとして12)の「Little Christmas Tree」が追加。中身はスタンダードナンバーをJackson 5がエネルギッシュかつソウルフルに、曲によってはしっとりと歌い上げており、中でも10)の「Someday at Christmas」の込み上げ系Groovy加減は最高なので聴いたことがない人は聴いてみてください!今からクリスマスにソワソワすること間違いなし♪
まずはJackson 5でハッピー・クリスマス気分を最高潮に高め、夜はキャンドルライトに似合うムーディーなクリスマスミュージックで(笑)

試聴は記事の続きから

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jackson 5

Eric B.プロデュースのR&BシンガーBret Lover~Time To Make Love~

11 25, 2009 | Tag,R&B,1990,男性,R&B1990
Bret Lover / Time To  Make Love
Bret Lover / Time to Make Love (1990)

Review
掴みどころがなく何の変哲もないジャケットの中で佇むBretさん・・・
N.Y.クイーンズ出身のR&BシンガーでBig Daddy Kaneの「Keep 'Em On The Floor」で熱いFunk節をきかせたBret Loverを誰がプロデュースして送り出したかというと・・・
Eric B.がプロデュースしてるんです。そう、あのEric B. & RakimのEric B.。

ということで1)の「Tell Me」で彼のサウンドが顕著に見えEric B. & Rakimファンはニヤリとするはず。気になる中身はというと、前半はBret Loverのオーソドックスでファンク臭溢れるヴォーカルを活かすアップテンポ。後半が汗とファンクな黒汁を飛び散らすだけが取り柄じゃないと言わんばかりのスロー攻め。このスロー攻めでは「Stay」や「Time To Make Loveを筆頭にエレクトロニックサウンドがパッと聴くとチープなのにジワジワと特別な甘味と芳香を感じさせるといった当時のサウンドの魅力も届けてくれるもの。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Bret Lover

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。