スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

What Color Is love~秋こそTerry Callier

08 31, 2009 | Tag,SOUL/FUNK,1970,男性,SOUL/FUNK1970


Terry Callier/What Color Is Love(1973)
Terry Callier - What Color Is Love

シカゴ出身のギタリスト兼シンガーでCurtis Mayfieldの幼なじみでもある。FolkとJazz, Bluesスタイルを行き来するTerry Callierのキャリアはシカゴのコーヒーハウスで歌い始め1963年にレコーディングを開始。1963年にデビューアルバム「The New Folk Sound of Terry Callier」、1972年に「Occasional Rain」、1973年に本作「What Color Is love」、1970年代に残る3枚のアルバムをリリースしたものの、1983年に彼の12歳の娘の親権を獲得したことをきっかけに音楽界から一時引退することを決意しシカゴ大学で仕事に就く。そして再び音楽界へ足を踏み入れた1990年、地元のマイナー・レーベルからリリースしたシングルがイギリスのAcid Jazz RecordsのEddie Pillerの耳にとまり、1991年にAcid Jazz Recordsからリリースとなった。これがイギリスのクラブ・シーンで大きな話題を呼び、一躍アシッド・ジャズ・クラブ・シーンでの人気者となった。その後UKツアーを繰り返すようになる。そして、遂に大復活を宣言するかのように「Timepeace」を1998年にAcid Jazz Recordsからリリース。19年ぶりの復活アルバムは日本でもクラブ・シーンを中心に大きな話題となり、2002年リリースの「Speak Your Peace」ではIncognitoのBlueyを迎えるなどの話題とともに1990年代の再活動以降、UKを始めとするクラブ・シーンで人気が再燃した現役アーティスト。2005年、日本きってのHipHopトラックメイカーNujabesのOrdinary Joeへの参加が記憶にも新しいところ。今回は、ジャケ・タイトル・全曲最高とそろい踏みCadetからリリースした3rdアルバム「What Color Is love」をおすすめ!
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Terry Callier

秋の夜長におすすめ!AALIYAH/At Your Best(You Are Love)

08 31, 2009 | Tag,R&B,1990,女性,Lyrics,R&B1990



AALIYAH / At Your Best (You Are Love) iTunes

The Autumn Breeze!早いもので秋です。やっぱり秋の夜はしっとり、スローナンバーやバラードやJazzを聴きたくなるもの!?ということでAALIYAHのAt Your Best(You Are Love)を歌詞・和訳付きでおすすめ。

12歳でR.Kellyに出会い、15歳で「Back & Forth」でデビューを果たし、世間の話題をさらったAALIYAHがR.kellyの全面バックアップのもと放ったデビューアルバム「Age Ain't Nothing But A Number」=「年齢なんて、ただの数字」と策略めいたタイトルに収録された「At Your Best(You Are Love)」は、The Isley Brothersのカヴァーナンバーでシングルカットもされているバラードナンバー。

2ndアルバムではR.Kellyの下を離れTimbaland & Missy Elliottを制作陣に迎え新境地を披露し、Timbaland & Missy Elliottのチキチキサウンドに馴染みの薄いリスナーを驚かせたのも懐かしい。また、映画にも出演したりと頑張ってました!!後に訪れる不幸に関しては、これだけ有名なAALIYAHなのでR&Bファンならずとも周知の悲しい出来事です。R.I.P. AALIYAH

※At Your Best(You Are Love)の歌詞・和訳・視聴は続きから

read more (試聴/続き) »


2 CommentsPosted in AALIYAH

粒揃いのR&B/HipHopが収められたNew York Undercoverをおすすめ

08 31, 2009 | Tag,Soundtracks,1990

New York Undercover/Soundtracks(1995)

1994年から1998年にかけてシーズン4までTVで放映された刑事ドラマもののSoundtracks。ここ日本での認知度は低いと思われる、このSoundtracksはドラマの人気と併せて素晴らしい出来栄えを誇っている。参加しているアーティストはMary J Blige(ほんと多数の曲をこなします)、再結成後のGuyやセクシャルなAl B. Sure!、Heavy Dの秘蔵っ子のMonifa、多くの客演をこなし、デビューしたLost Boyz、現在も人気を誇るK-Ci & JoJo、Gladys Knight!!、美貌も兼ね備えたChante Moore、更にAnthony Hamiltonが参加!!そして制作陣にはTeddy Riley、Trackmasterz、Eazy Mo Bee、Al B. Sure!、Mtume,Heavy Dが参加したR&BファンもHipHopファンも聞きどころ満載の1枚となっています!!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in New York Undercover

カナダって時折すごいの来ますね!Slakah the Beatchildをおすすめ

08 30, 2009 | Tag,R&B,2000,男性,R&B2000
Slakah the Beatchild/Soul Movement vol. I(2008)

カナダ出身のシンガー・ソングライターでR&B/HipHopのみならずHouseやTechno、Rock、Bossa、Jazzのテイストを消化し独特で先鋭的なトラックメイクをも得意としている。2004年に同じくカナダのラッパーARABESQUEの「Mamma Dig Me」をプロデュースしているが、この曲でも彼の独特のトラックワークが確認できる。「Mamma Dig Me」はARABESQUEのアルバム「LAST LIFE IN THE UNIVERSE」に収録。2007年カナダのラッパー兼フリースタイルのギネス保持者D.O.の「The Northstarr」を手掛ける。(これまた良作!)そんなSlakah the BeatchildはDivine Brownが2008 年にリリースした「The Love Chronicles」のプロデューサーをしており、Divine BrownはR&B/SOUL RECORDING OF THE YEAR(Juno Award)を受賞し、Slakah the Beatchildも一躍脚光を浴びることとなる。その後優良レーベルbbeと契約を結び本作「Soul Movement vol. I 」をリリースし「Enjoy Ya Self」がリスナーから高い評価を受けており、Drakeとの共演ではHipHopリスナーからのファンも多く獲得しているのではないかと思う。さらにSlakah the Beatchildは飽き足らずSlakah the BeatchildとD.O.でDuo=Art of Freshを組み、ソロでは体現しにくい新たなスタイルを披露している。向上心・ジャンルにとらわれないスタイル・類まれなるセンスを含め今後、目が離せない男であるのは間違いない。 R&Bファン必携の名盤!
※ARABESQUE、D.O.、Art of Freshの記事もあるのでよろしければ~
★ARABESQUEの記事へ
★Art of Freshの記事へ
★D.O.の記事へ

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Slakah the Beatchild

R.Kelly設立Rock Land RecordsからのSoundtracks

08 30, 2009 | Tag,Soundtracks,1990
LIFE/Soundtracks(1999)

マーティン ローレンス主演映画のSoundtracksでジャケットにProduced by R.Kellyと載せているもののWyclef Jean4曲、Rodney Jerkins1曲と他プロデューサーも参加している。とは言え1/3のライティングをR.Kellyが出掛けておりR.Kellyのトラックワークのお披露目と実はR.Kellyが立ち上げたレーベルRock Land recordsの宣伝も含まれている。事実サントラはRock Landからリリースされている。参加アーティストはXZIBIT&JUVENILE&Nature&Ja Ruleや2曲目のDJ QuikとR.Kellyの初共演(こういった組み合わせが可能なのがSoundtracks)やMaxwellのセクシースロー、Rock Land発のSparkle、Kelly Price、美メロを得意とするBrian Mcknight、当時チャートを賑わしたことのあるCity High、R.Kellyとの関係が濃厚なThe Isley Brothers、K-CI & JoJo、Wyclef Jeanなどと実力派が揃っている。R.Kelly設立のRock Landからのリリースということもあってか?全体的にR.Kellyの哀愁を帯びた雰囲気が備わっておりR.Kellyファンは必聴の1枚!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in LIFE

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。