スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Morris Alan - “The Love Sessions”

12 27, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Morris Alan - The Love Sessions


Morris Alan - “The Love Sessions” (2012) 

シングル“The Spirit Of Christmas” もシーズンに合わせリリースしたことで、ニュー・プロジェクトが12月にリリースされることは間違いないと確信させてくれたMorris Alanが、“The Love Sessions”を12月25日にリリース。
10月、11月、12月とリリース日が後ろ倒しになっていった現状からするとファンにとってはようやくのリリース。Morris Alanにとってみればファンを思い、じっくりと時間をかけ、丹精を込めて作り上げた作品だろう。

ではでは早速、Morris Alanの“The Love Sessions”に触れていきたいと思う。
のっけから申し訳ないけれども#2より#3。フューチャリスティックな舵取りから滲む浮遊感の上辺から、バックヴォーカルを重ね四方から降り注ぐようなヴォーカルを浴びせるMorris Alanの歌声が浮遊感と交じり快感と視覚効果を生み出すオフィシャル・シングル(#3-“U Make Me Say....”)である。
そして、続く#4。琴線を爪弾くように奏でられる甘酸っぱいkeysに、甘くも切なげに捩じれていくSynths。そこにMorris Alanの透明度の高いヴォーカルが多方面から寄せてはリスナーの心情を波立たせ、徐々に情感の触れ幅を大きくさせていく(#4-“Love Knocked Me Out”)
#5のインタールードを挟んだ後の(#6-“Ready For Love”)ではJoeの初期作にも似た女性キラーとも言えるエロくも決して猥雑過ぎない紳士的な艶を見せるヴェルベット・ヴォーカル&センシュアルなアーバン・サウンドが織り成す耽美な世界で包み込んでいく。因みに“U Make Me Say....”に続き発表されたシングル(#9-“These Feelings...”)もJoeの中期から後期にかけて聴ける雰囲気に微エレクトロを塗したセクシー路線なので、#6がツボならばコチラもチェックを。 (チェックを...何て言っておきながら何だけれども、“Let U Go”の記事の際に触れたように僕はこのエレクトロ/メインストリームっぽさが無くても良いと思ってる。ご時勢の流れで組まれてしまうのか?そういった要素がなくともMorris Alanはイケるのだから。)
(#8-“Let U Go”)はアコースティック・ヴァージョンとなる“Let U Go” (Stripped Down Studio Version)が特別に公開されていたもののオリジナル(アルバムVer.)・ヴァージョン。先行して公開されたアコースティックVer.の時点で、ざわめき揺れる心の水面(内側)を表現するような旋律を奏でるピアノ。思い廻るように刻々と放たれるパーカッション。狂おしいほどの歌唱。非常にシンプルな構成でありながら、終盤へと進むにつれて心の水面のざわめきが徐々に波立ち灯る情熱的なパフォーマンスへと変化していく様といい、とても聴き応えがあるものだったけれども、オリジナルではストリングスも加わり、より切なく狂おしい情景を掻き立てるドラマティックなアレンジがなされている。実は各シングルよりもオススメだったりする。

終盤では、どちらかと言えばここまでしっとりと聴かせていた分だけに新鮮にも感じる(#10-“Step Up”)と、[#11-“Let It Ride” (The A.I. Soul Dub Mix)]が用意されている。(#10-“Step Up”)は柔らかく起伏するアップ・ビートに押され、ウォームなMorris AlanのヴォーカルとReesによるラップが心地良く迫り出していく。バックヴォーカルの被せ方などなど、どことなくKay GeeがR&Bグループに提供していたプロダクションにも似たヴァイブを放つ順当な仕上がりでアルバムに華を添えている。
[#11-“Let It Ride” (The A.I. Soul Dub Mix)]は本人にその意図が無かったとしても、Dub風Mixという点も含めて全体を覆うシルキーなテイストに対する異色さという魂胆に思えてしまう。確かにダビーな処理はされているけれども、ビート・ムーブメントともされている昨今において数多のトラックメイカーが凌ぎを削り、ハイクオリティなトラックを生み出している現状からしてみれば精細を欠いた感は否めない。上手くは言えないが、国内盤のボーナストラック(Remix)のような感覚を僕は受けてしまった。

総評としては、ん?と思う点もありつつも、丹精を込めて作り上げたと感じさせてくれる良さもあり、Morris Alanの美声が満喫できる。そんな好盤に位置する作品だと思う。


-BIO-
Morris AlanはParis ToonとParis Toon自らが率いるブルックリンのジャズソウル・バンドMother's Favorite Childのアルバム“Baptism by Fire”におけるヴォーカリストと、ほぼ大多数の楽曲においてParis Toonと共にソングライティングに関与。因みにこの“Baptism By Fire”はSoultrainでもフィーチャーされている。勿論、Paris Toon & Mother's Favorite ChildのBaptism by Fireを取り上げていたのはSoultrainのみでは留まらず、批評家およびエンドリスナーから歓迎をもって迎えられた現代の売れ線先行マーケットに一石を投じるSOUL/FUNK/JAZZの一番搾りをドリップした意欲作。
このプロデューサーParis Toonを核とする素晴らしいサウンドに対して、時にネオソウル味をモダンに漂わせ、時に土臭く感傷的な歌声をソウルフルに、時にオーガニックに、時にファンキィに、時にエロ艶ティックな歌声をかましアルバムのクオリティを最大限に引き出していたシンガーでもあり、他には素晴らしいデビューアルバムを届けてくれていたTeri Tobinの“So Good to Me” (Ahmed SirourがProd.している) でのデュエットや、最近ではNik Westの“No Choice”のバックヴォーカルも務めている。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Morris Alan

Morris Alan - “The Spirit Of Christmas”

12 13, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,Holiday
Morris Alan - The Spirit Of Christmas


Morris Alan - “The Spirit Of Christmas” (2012) 

Paris ToonとParis Toon自らが率いるブルックリンのジャズソウル・バンドMother's Favorite Childのアルバム“Baptism by Fire”他、時にネオソウル味をモダンに漂わせ、時に土臭く感傷的な歌声をソウルフルに、時にオーガニックに、時にファンキィに、時にエロ艶ティックな歌声で彩ってきたMorris Alan
当初、10月にお披露目予定だったThe Love Sessions EPのリリース日は11月から12月へと順繰りにスライド。流石に年明けリリースは無いであろうと確信させるクリスマス・ソング“The Spirit Of Christmas”をMorris Alanが先日に公開。

冬の透き通った空気を思わせるMorris Alanのヴォーカル。曇りなき歌声は冬だからこそ殊更に温もりがじんわりと伝わるように染み渡り、Jus Jamesによるサウンドは、そんなMorris Alanの歌声の温もりを削ぐことのない静謐な美しさで充たしていく。いかにもといったやり過ぎ感ではなく、クリスマスという時を自然に彩ってくれそうな質感がGood。

追記:Morris Alanからのクリスマス・プレゼントかと思いきや、“The Spirit Of Christmas”に2曲を追加したシングルとして12/14からiTunesにて販売を開始している。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Morris Alan

Morris Alan - “Let U Go” (Stripped Down Studio Version)

10 27, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Morris Alan - Let U Go (Stripped Down Studio Version)


Morris Alan - “Let U Go” (Stripped Down Studio Version) 2012

2012年10月にお披露目されるであろうMorris AlanのプロジェクトThe Love Sessions EPのリリース日はどうやら11月にスライドされたようなのだが、The Love Sessions EPからのリードシングル“U Make Me Say....”、同じくThe Love Sessions EPからのニューシングルとされている“These Feelings”に続き、“Let U Go” (Stripped Down Studio Version)が先日に公開され、実は数時間ほど前に“I Still Believe”のPreviewも新たに追加公開。プロジェクトのお披露目もほぼカウントダウン状態ではないだろうか。

さてさて、今回チョイスした“Let U Go” (Stripped Down Studio Version)は、恐らくはEPに収録されるであろうオリジナルのアコースティック・ヴァージョンをだそうで、Chaton Studiosのクルーと共にセッションを行っている。下記BIOでも少し触れていることなのだけれども、ソウル/ファンクを歌わせてもイケるMorris Alanの此処での姿は聴いているコチラが胸詰まるほどに狂おしいもので、まずその歌唱に吸い込まれてしまう。
ざわめき揺れる心の水面(内側)を表現するような旋律を奏でるピアノ。思い廻るように刻々と放たれるパーカッション。狂おしいほどの歌唱。非常にシンプルな構成でありながら、終盤へと進むにつれて心の水面のざわめきが徐々に波立ち灯る情熱的なパフォーマンスへと変化していく様といい、とても聴き応えがある。
が、“These Feelings”もそうだし、“I Still Believe”(Preview)も何と言うかエレクトロもしくはメインストリームっぽさが結構トッピングされていて勿体無い気がしてしまう。"悪い"とかではなく純粋にエレクトロ要素なしでも勝負できるシンガーだと感じているから尚更なのかもしれない。


-BIO-
Paris Toonと自らが率いるブルックリンのジャズソウル・バンドMother's Favorite Childのアルバム“Baptism by Fire”におけるヴォーカリストと、ほぼ大多数の楽曲においてParis Toonと共にソングライティングに関与。この“Baptism By Fire”はSoultrainでもフィーチャー。勿論、Paris Toon & Mother's Favorite ChildのBaptism by Fireを取り上げていたのはSoultrainのみでは留まらず、批評家およびエンドリスナーから歓迎をもって迎えられた現代の売れ線先行マーケットに一石を投じるSOUL/FUNK/JAZZの一番搾りをドリップした意欲作。
このプロデューサーParis Toonを核とする素晴らしいサウンドに対して、時にネオソウル味をモダンに漂わせ、時に土臭く感傷的な歌声をソウルフルに、時にオーガニックに、時にファンキィに、時にエロ艶ティックな歌声をかましアルバムのクオリティを最大限に引き出していたシンガーであり、他にはTeri Tobinの“So Good to Me”や、最近ではNik Westの“No Choice”のバックヴォーカルとしても参加している。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Morris Alan

Morris Alan ft. DAME LUKE - “U Make Me Say​.​.​.​.”

08 31, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Morris Alan ft. DAME LUKE - U Make Me Say​.​.​.​.


Morris Alan ft. DAME LUKE - “U Make Me Say....” (2012) 

Paris Toonと自らが率いるブルックリンのジャズソウル・バンドMother's Favorite Childのアルバム“Baptism by Fire”におけるヴォーカリストと、ほぼ大多数の楽曲においてParis Toonと共にソングライティングに関与。この“Baptism By Fire”はSoultrainでもフィーチャー。勿論、Paris Toon & Mother's Favorite ChildのBaptism by Fireを取り上げていたのはSoultrainのみでは留まらず、批評家およびエンドリスナーから歓迎をもって迎えられた現代の売れ線先行マーケットに一石を投じるSOUL/FUNK/JAZZの一番搾りをドリップした意欲作。
このプロデューサーParis Toonを核とする素晴らしいサウンドに対して、時にネオソウル味をモダンに漂わせ、時に土臭く感傷的な歌声をソウルフルに、時にオーガニックに、時にファンキィに、時にエロ艶ティックな歌声をかましアルバムのクオリティを最大限に引き出していたのが先に挙げたとおり今回の主役となる“Morris Alan”

ソウル/ファンクを歌わせてもイケるシンガーだが、2012年10月にお披露目されるであろうプロジェクト"The Love Sessions"からのリードシングル“U Make Me Say​.​.​.​.”では、DweleやEric Robersonあたりのテイストを匂わせるネオソウル路線を披露。フューチャリスティックな舵取りから滲む浮遊感の上辺から、バックヴォーカルを重ね四方から降り注ぐようなヴォーカルを浴びせるMorris Alanの歌声が浮遊感と交じり快感と視覚効果を生み出す"The Love Sessions"への期待が高まる好チューンだ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Morris Alan

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。