スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Jsoul - “Blue Midnight”

12 18, 2013 | Tag,R&B,2010,R&B2010,Neo-Soul,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Jsoul - Blue Midnight


Jsoul - “Blue Midnight” 

2011年末に発表した好事家万万歳の豪華面子 (Eric Roberson、Carol Riddick、The FloacistことFloetryのNatalie Stewart、Julie Dexter、Substantialなどなど) が集った 【Black Sinatra】 からほぼ2年。 その間にインストゥルメンタル・プロジェクト 【The Blue Symphony】 をやったり、House畑での共演があったり (南アフリカ共和国のプレトリア出身のDJ / プロデューサーTrancemicsoulとの共演) したわけだけど、つい先日にボルティモアの名手Jsoulの新譜 【Blue Midnight】 がリリースされましたヨ。

タイトルトラックとなるリードシングル#2-“Beautiful Nights”リリース以降は、#3-“High”, #6-“Cool”, #7-“Love Affair”, #8-“Halfway”のプレビューを公開していたのだけれども、そのなかでもJoy Jonesをfeat.した#8, Deborah Bondをfeat.した#3のプレビューが公開されたときはBlue Midnightに対する期待が特に高まったものだ。
実はこのプロジェクト、シングル“Beautiful Nights”がリリースされた当初は2012年内のリリース予定という告知から、“Half Way”のプレビューを公開した前後だったかな?2013年の夏に延期。その後、先に挙げたとおり、いくつかのトラックのプレビューが公開されたものの秋を跨ぎ、ようやく満を持して2013年の12月にリリースされた1枚。

全体的な感触はタイトルに冠したミッドナイト以降にその威力と効果を特に発揮するであろう「艶らシックなR&B/Neo-Soul盤」。特徴的なのはリードシングル#2-Beautiful Nights然り、Deborah Bondを迎え、Craig Alston & James Collinsのホーンを取り入れたハイライトの一つ#3-“High”、ボルティモアのプロデューサーKariz Marcelが手掛けた官能×官能というセクシャル・ヒーリングでKOする#10-“Object Of Obsession”#11-“Diamond”、根幹こそNeo/Nu~でありながら、Joel MillsのギターをフィーチャーしたことでFusionっぽい捻りを入れる#9-“Good Morning”然り、ミュージシャンを招きJazzのファクターがさまざまなトラックで顔を覗かせている点。それらがアルバムタイトル=コンセプトをより際立たせていると思う。

#4-“Whatever You Like”はてっきりビートメーカーとしても確かな手腕を揮ってきたHezekiahがProd.しているものだと思ったら、この曲もJsoul自らがProdしているんだよね。方やD MauriceことDMoSoul(DMoとも)はシカゴ出身のSOUL/R&B/Neo-Soul畑のシンガー。フリートラック“On & On”などをSoundcloudでも公開しており、このOn & OnにはOnraとタッグも組んでいたByron The Aquariusが賛辞のコメントを寄せていたりもする。曲自体はドラムプログラミングやコーラス、Dj Harvey Dentのスクラッチが放つストリート感と本盤に漂う艶らシックがミックスされたドライブにも適した90's ライクな1品。

#8-“Halfway”はポストErykah Baduとも謳われたJoy Jonesをフィーチャーしている。彼女はBugz In The AtticのメンバーであるDaz-I-Kueとの出会いをきっかけに彼の下で働き始め、Bugz In The Atticの“Zombie”や、サウンドクリエイターGBの“Soundtrack For Sunrise”、Tyの“What You Want (Taylormade)”などのゲスト・ヴォーカリストとしても登場。2009年に、アフロ・ビート/ララバイ/フューチャー・ジャズ/ソウル/エレクトロニックを股にかけたアルバム“Godchild”で技巧派っぷりを示していたシンガー。

#6-“Cool”はPixel名義でディープハウス/フューチャーソウル路線のアルバム 【People Need People】 をリリースしているメリーランド出身のトラックメイカーKwesi Dawesがプロデュース。そっち系のサウンドかと思いきや結構ソウルフルなんだよね。

#12はDre Kingによる#3のリミックス。RMXを手掛けているDre KingはこれまでにRaheem Devaughn、Kindred the Family Soul、Sy Smith、Green Tea、Nicholas Ryan Gant、Bilal Salaam、AB、Yahzarah、B.jamelleなどの作品に関与。Geno YoungやらJulie Dexter、Deborah Bond、Ndambiら名の知れた実力派アーティストから一目置かれているマルチインストゥルメンタリスト / プロデューサー。

基本Jsoul自らがProd.していることにも好感が持てるし、Deborah Bond、Joy Jones、HezekiahなどBlack Sinatra同様にワクワクさせる人選もGood。タイトルに惹かれた方ならば満足できる曲がきっと見つかる1枚かと。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


4 CommentsPosted in Jsoul

Jsoul feat. Joy Jones - “Halfway” (snippet)

02 24, 2013 | Tag,R&B,2010,R&B2010,Neo-Soul,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Jsoul feat. Joy Jones - Halfway (snippet)


Jsoul feat. Joy Jones - “Halfway” (snippet) - 2013

デビュー盤Urban Retrospective以来、着実に評価を伸ばしてきたからこそ集まったとも言えるであろうネオ・ソウル~R&B界でお馴染みのメンバーEric Roberson、Carol Riddick、The FloacistことFloetryのNatalie Stewart、Julie Dexter、そしてNujabes界隈のワークでも知られているし、Marcus Dとタッグを組んだBop Alloyの相棒として、また、発展著しいMello MusicからもアルバムHome Is Where The Art Is (2012) をリリース。そう言えばMarcus DがRemixを手掛けたResilient (Marcus D Remix)がFree DLなんて案内が先日来ていたMC Substantialらと共に作り上げた3rdアルバム“Black Sinatra” (2010) は、好事家泣かせのメンバーの名に負けないサウンド・クオリティを備えた素通り厳禁の隠れた名盤だった。

2012年には、インストゥルメンタル・プロジェクト“The Blue Symphony”を発表。
その後、Jsoulはニュー・プロジェクト“Blue Midnight”の制作に入り、以前Kurofune Crewでもご紹介したシングル“Beautiful Nights”を同年にリリース。
シングルがリリースされた際、このニュー・プロジェクトは2012年の秋のリリースを予定しているとされていたのだけれども、2012年内にはリリースされず、2013年2月に至る。
が、そのような中、ニュー・プロジェクトBlue Midnightから新曲“Halfway”の断片が先日に公開され、“Blue Midnight”のリリースも2013年の夏と改めて告知された。

この新曲“Halfway”は、ポストErykah Baduとも謳われたJoy Jonesをフィーチャー。Joy Jonesは、Bugz In The AtticのメンバーであるDaz-I-Kueとの出会いをきっかけに彼の下で働き始め、Bugz In The Atticの“Zombie”や、サウンドクリエイターGBの“Soundtrack For Sunrise”、Tyの“What You Want (Taylormade)”などのゲスト・ヴォーカリストとしても登場。2009年に、アフロ・ビート/ララバイ/フューチャー・ジャズ/ソウル/エレクトロニックを股にかけたアルバム“Godchild”で技巧派っぷりを示していたシンガーだ。

断片ではあるものの、Blue Midnightというプロジェクト名を強く匂わせるシングルBeautiful Nights同様に、センシュアルなアーバン・ソウルを形成。Joy Jonesの歌唱もコケティッシュな艶を醸していてGood。現段階では、Deborah Bondや、Sean Toureらの名がニュー・プロジェクトBlue Midnightのゲスト・シンガー/emceeとして挙げられており、3rdアルバム“Black Sinatra”同様の期待を寄せたくなってしまう。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jsoul

Jsoul - “Beautiful Nights”

07 18, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Jsoul - Beautiful Nights


Jsoul - “Beautiful Nights” (2012)

これまでにRaheem D'vaughn, Eric Roberson, Sy Smith, Fertile Ground, Robin Thick, Julie Dexter, Amel Larieux, Ledisiらとステージをシェア。Urban Retrospectiveでデビューを飾るとアングラR&Bシーンで密やかに評価され始め根強い支持を獲得。2010年末にリリースしたほぼ2011年産にあたる3rdアルバム"Black Sinatra"では、着実に評価を伸ばしてきたからこそ集まったとも言えるであろうネオ・ソウル~R&B界でお馴染みのメンバーEric Roberson, Carol Riddick, The FloacistことFloetryのNatalie Stewart, Julie Dexter、そしてNujabes界隈のワークでも知られているMC Substantialらが参加。そのR&Bファンの購買意欲をソソる人選が質の高いサウンドと溶け合う見事な作品で魅了してくれたメリーランド州ボルティモア出身のSOUL/R&Bシンガー・ソングライター/プロデューサー“Jsoul”

現在、2012年5月にリリースしたインストゥルメンタル・プロジェクト“Blue Symphony”に続き始動させたニュープロジェクト“Blue Midnight” (2012年の秋のリリースを予定) のリリースに向けて目下製作中。まずは素敵な夜を過ごしてくれよと言わんばかりのシングル 『Beautiful Nights』 が届けられている。

アーバンソウル/R&Bをより芳しいものへと昇華させるべくJoel Mills (Guitar)、Thelgon (Trumpet)、Ekendra Das (Precussion)らミュージシャンをフィーチャー。優しく手を差し出しエスコートするように導く甘いギター。微熱混じりのリズムと、しっとりとした音色を滴らせるパーカッション。イヤラシックなホーン。夜へと移り変わる世界の美しさや、その目を、唇を見る度に女性の美しさに見とれうっとりとするようなヴォーカルを艶かしく吐き出すJsoulのスムースなスタイルがタイトルに違わぬムードを作り出している。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jsoul

Jsoul aka Black Sinatra - “Blue Symphony”

05 09, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,HipHop,HipHop2010
Jsoul aka Black Sinatra - Blue Symphony


Jsoul aka Black Sinatra - “Blue Symphony” (2012)

これまでにRaheem D'vaughn, Eric Roberson, Sy Smith, Fertile Ground, Robin Thick, Julie Dexter, Amel Larieux, Ledisiらとステージをシェア。Urban Retrospectiveでデビューを飾るとアングラR&Bシーンで密やかに評価され始め根強い支持を獲得。2010年末にリリースしたほぼ2011年産にあたる3rdアルバム"Black Sinatra"では、着実に評価を伸ばしてきたからこそ集まったとも言えるであろうネオ・ソウル~R&B界でお馴染みのメンバー (Eric Roberson, Carol Riddick, The FloacistことFloetryのNatalie Stewart, Julie Dexter) から、Nujabesの諸作でも登場するMC Substantialらが参加。そのR&Bファンの購買意欲をソソる人選が質の高いサウンドと溶け合い見事な作品で魅了してくれたメリーランド州ボルティモア出身のSOUL/R&Bシンガー・ソングライター/プロデューサー 『Jsoul』 が、予ねてより告知していた5月22日にリリースを控えているインストゥルメンタルEP "Blue Symphony"のタイトルトラックとなる、ヒップホップのエレメントも濃いR&B/HipHopファンの両リスナーに訴求する 『Blue Symphony』 を公開。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jsoul

Jsoul / Black Sinatra

01 31, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010,NEO-SOUL
Jsoul / Black Sinatra


Jsoul / Black Sinatra (2010) Black Sinatra - Jsoul

Jamal SmithことJsoul(a.k.a. J.S.O.U.L.)は、Raheem D'vaughn, Eric Roberson, Sy Smith, Fertile Ground, Robin Thick, Julie Dexter, Amel Larieux, Ledisiらとステージをシェア。Urban Retrospectiveでデビューを飾るとアングラR&Bシーンで密やかに評価され始め根強い支持を獲得してきたメリーランド州ボルティモア出身のSOUL/R&Bシンガー・ソングライター/プロデューサー。Jsoulが2010年12月18日にリリースした (主要のオンラインショップの販売は1月過ぎなので、ほぼ2011年の作品) 3作目にあたる今作は、アングラでは支持を得ながらも全体的な認知度はまだまだ低いJsoul自身の作品をより多くのリスナーに聴いて欲しいという思いの現れを感じる人選とも言えるし、着実に評価を伸ばしてきたからこそJsoulの下に集まったとも言えるネオ・ソウル~R&B界でお馴染みのメンバーから、Nujabesの諸作に名を連ねているMCが参加とリスナーの心を揺さぶる人選がなされており、参加をしているメンバーの名を見て触手が伸びてしまうような方にとって納得のいく曲が見つけられる秀盤だと思う。

さて、気になるゲスト・アーティストや中身は...Jazzy Jeff, Will Smithのツアーへの参加、Musiqの"Justlisten"や"Soulstar", ネオソウル・ブームをより拡散させていったレーベルHidden Beach関連の諸作=Kindred the Family Soulの"Surrender to Love"やJeff Bradahwの"Bone Deep"にJill Scottの"Experience: Jill Scott 826+", 同じく新旧のフィリー・シーンには欠かせないお方=Larry Goldにスポットライトを当て優良レーベルbbeからリリースされた"Larry Gold Presents Don Cello And Friends"へGene McFadden & John Whitehead, Black Thought, Gerald Levert, Floetry, Kindred The Family Soul, Jaguar Wright, Eric Roberson, Bunny Siglerらと共に参加するなど話題に富んだバックグラウンドを持ち、デビューアルバム"Moments Like This"も高評価を獲得しているフィラデルフィア出身の"Carol Riddick"とのデュエットで紡ぎだすロマンティックでコズミックなラブ・グルーヴに酔う#04-"Tell Me"の先行シングルを筆頭に、もはやインディーズの枠を越え高い評判と人気を誇る"Eric Roberson"と"Substantial" (Nujabesとのコラボレーションで日本でも認知度が高いメリーランドのMC)がアシストするR&B / HIP-HOPファン両サイドの触手を刺激するミディアム#02-"Potential", 更には Floetry解散後、"Floetic Soul"で2010年にソロデビューを果たした"The Floacist"(Natalie Stewart)とUKから米国に活動拠点を移しJazz, Soul, Broken-Beat, Bossa-Nova, Reggae, Afro-Beatのエッセンスを汲んだオーガニックソウル・シンガーとして脚光を浴びた"Julie Dexter"の両ゲスト陣との相性もバッチリと視野に入れたオーガニックなビート、ベルベットのようにリッチでセクシーな質感で優しく艶かしく包み込むサウンド、時にスイートに、時にグルーヴィーに舞うヴィブラフォンなど至高の時間を提供してくれるアダルトなアナタにオススメしたい#09-"Closer"に、"Raheem DeVaughn"やJ-Rawls & J-Sandsコンビ="Lone Catalysts", Damu The Fudgemunk属するデュオ="Panacea"などの作品に名を連ねている"W. Ellington Felton"(Dub Ell)を迎えた#03-"It's that Love", フロアで映えるパーカッシヴなビートの熱さを中和するチルなサウンドと清涼感溢れるヴォーカルが程よい疾走感を含ませながら滑らかに吹き抜けていく爽やかなグルーヴが気持ちいい、Houseサイドのリスナーにもアプローチできそうな#10-"Up in the Club", #10と同路線となる#05のRemixにあたる#11-"Frequency (Remix)", ロッキッシュな面も覗わせつつも作り込まれたトラックメイキング・世界観によって聴く毎に味わいが増していく#01-The Music", フューチャリスティックなヴォコーダーにアーバン・ファンクなエッセンス、ジャジーなピアノが涼しげに擦り抜けていく夜のドライブにピッタリなアーバン・グルーヴものの#03-"It's that Love", 贅肉を削ぎ落としJazzへと歩み寄ったサウンド・ヴォーカルと、ソフィスティケイトされたネオソウル・サウンドが混ざり合い温かく神秘的に揺らめき永く永く浸っていたい気分にさせてくれる#06-"Forever", などR&B / NEO-SOULからレンジを広げ消化し表現するあたりなどJsoulの音楽に対する熱意と質の良さを感じるのと同時に、ネオソウル界で名を馳せるゲスト陣で惹かれた方も、そのクオリティの高さと表現力、実験的なトラックによってアングラ・シーンでは支持を獲得しつつも全体的な認知度・過小評価気味のjsoulの魅力に引き込まれるであろうインディーズの名盤となっています。
※まずは#02, #04, #09の試聴を。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jsoul

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。