スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Yvonne Fair / The Bitch Is Black

01 30, 2011 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970
Yvonne Fair / The Bitch Is Black


Yvonne Fair / The Bitch Is Black (1975) The Bitch Is Black - Yvonne Fair

ヴァージニア州リッチモンドで生まれ1958年のヒットナンバー"Maybe"を放ったN.Y.のフィメール・グループ"The Chantels"のメンバーとして活動した後に、James Brown Revueのシンガーとして採用されKing Recordsからリリースしたシングルでソロ・デビューを果たしたYvonnneは後の1968年にMotownとサインを結ぶ。本盤はMotownとサインを交わした翌年の1969年にMotown系列のレーベルSOULから放ったシングルに続くと言っても、なかなかに時間を要した1975年に発表されたアルバムで、制作の要として"Norman Whitfield"が参加。
James Brown Revueのシンガーとしてピックアップされたというバックボーンに深く頷けてしまうワイルドでファンキーな歌いっぷりにフォーカスし、ファンク・スタイルのトラック群をベースに纏めあげたアルバムは、Edwin StarrのナンバーをYvonne Fairカラーに塗り替えたA1-"Funky Music Sho Nuff Turns Me On"に始まり、MotownのスタンダードをリバイバルさせたYvonne Fairの代表曲として挙げられているA2-"It Should Have Been Me", ゆるやかな幕開けからパーカッションが加わり加速し始めると、曲はどんどんと舞い上がりより華麗に壮大に力強く昇り詰めていく解放感が素晴らしいGhostface Killahの"Stay"ネタのA3-"Stay A Little Longer", Stevie Wonder作、RufusのナンバーをカヴァーしたA5-"Tell Me Something Good"の前半。そして、Biz Markieの"Check It Out"やFat Joeの"Bad Bad Man", Jay-Zの"Where I'm From"などヒップホップ勢のサンプリング・ソースとしても愛され蜜な関係にある理由も聴けば一発で解ってしまうヘヴィーなB1-"Let Your Hair Down"に、Barbara GeorgeのカヴァーB3-"I Know (You Don't Love Me No More)", ジャンルという壁をワイルドなヴォーカルでブチ壊しロッキッシュでファンキーなサウンドがグルーヴを刻むB4-"Walk Out The Door If You Wanna", 締めのStevie WonderのカヴァーB5-"You Can't Judge A Book By It's Cover"の後半と、どの曲もYvonne Fair節がハジケ、アピールしまくる聴き応え十分の痛快な秀盤。
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Yvonne Fair

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。