AAries - “Hoping Out Loud”

12 19, 2012 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
AAries - Hoping Out Loud


AAries - “Hoping Out Loud” (2012)

うげェっ!?っと、いやいや、初っ端から見苦しい姿をお見せして申し訳ない。完璧に出遅れてしまいましたが、Musiqの“Aijuswanaseing”, “Juslisten”, “Soulstar”, Jaguar Wrightの“Divorcing Neo 2 Marry Soul”といった同じくフィラデルフィアのアーティストの作品に参加している他、Joeの“And Then...”などでもバックヴォーカルも務め、サントラJohnson Family Vacationに“Come Inside”を提供。その後も、フィリーのプロダクション・チームKarma Productions (Carvin Haggins & Ivan Barias)が手掛けた珠玉のグルーヴィー・チューン“Don't Give It Up”でR&B/SOULファンを虜にしまくり、遂にはモダンソウルのV.A.“Soul Love 2”への登場を皮切りにReel People Musicから“Don’t Give It Up”がシングル化。後にMark de Clive-LoweによるRemixも振るわれ、新譜orアルバムの登場にファンの期待が募っている、あのフィラデルフィア出身の“Ayana” & “Ayinka Hipps”による姉妹R&B/NEO SOULデュオAAriesが新曲“Hoping Out Loud”をYouTubeにて公開しておりましたです。ハイ...

出来栄えは“Don’t Give It Up”のヴァイブを踏襲した感触を放つもので、零れんばかりのスウィートなグルーヴとジューシーな歌声が耳いっぱいに溢れ、たちまちに充たされてしまうスペシャルなSOUL/R&B。やはり、Karma Productionsが関わっている模様で、安定した完成度を誇っています。

スポンサーサイト



read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in AAries

AAries – “Don’t Give It Up” [Reel People Rework]

08 19, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Soulful-house
AAries – Don’t Give It Up [Reel People Rework]


AAries – “Don't Give It Up” [Reel People Rework] 2012 

Musiqの“Aijuswanaseing”, “Juslisten”, “Soulstar”, Jaguar Wrightの“Divorcing Neo 2 Marry Soul”といった同じくフィラデルフィアのアーティストの作品に参加している他、Joeの“And Then...”などでもバックヴォーカルも務め、サントラJohnson Family Vacationに“Come Inside”を提供。その後も、フィリーのプロダクション・チームKarma Productions (Carvin Haggins & Ivan Barias)が手掛けた珠玉のグルーヴィー・チューン“Don’t Give It Up”や、彼女たちのフェイバリット・ソングをカヴァーした“CoverGirls”をリリースし、ソウル/R&Bファンの心をときめかせてきたフィラデルフィア出身の“Ayana” & “Ayinka Hipps”による姉妹R&B/NEO SOULデュオ“AAries”

そのAAriesによる珠玉のグルーヴィー・チューン“Don’t Give It Up”は、Reel People Musicが送るモダンソウルのV.A.“Soul Love 2”の初っ端に堂々と登場。さらにはこの“Don’t Give It Up”が、Reel Peopleのリワークやボーナス・ビーツを含むシングルとして2012年9月17日にリリースされる予定。オリジナル知ってるよ!という方も爽快感溢れるソウルフルハウスver.の“Don’t Give It Up”[Reel People Rework]のご賞味を。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in AAries

AAries / CoverGirls

03 27, 2011 | Tag,R&B,2010,R&B2010
AAries / CoverGirls


AAries / CoverGirls (2011)

Musiqの"Aijuswanaseing", "Juslisten", "Soulstar", Jaguar Wrightの"Divorcing Neo 2 Marry Soul"といった同じくフィラデルフィアのアーティストの作品を軸に、Joeの"And Then..."などでもバックヴォーカルとして名を連ね、Musiqもトラックを提供しているサントラJohnson Family Vacationに"Come Inside"を提供してきたフィラデルフィア出身の"Ayana" & "Ayinka Hipps"の姉妹R&B/NEO SOULデュオ"AAries"
前回、AAriesをピックアップした時には珠玉のグルーヴィー・チューン"Don't Give It Up"を紹介しましたが、今回は彼女たちのフェイバリット・ソング = Janet Jackson, DeBarge, Minnie Riperton, The Emotions, Patrice Rushen, Chrisette Micheleのカヴァーを敷き詰めたミックステープ"CoverGirls"をご紹介。中身のほうは、カヴァーと言えどもプロデューサーに"?uestlove"や、Musiqとのワークを皮切りにAAries自らのシングル"Strangers To Lovers"の制作にも携わったフィリーのプロダクション・チーム"Karma Productions (Carvin Haggins & Ivan Barias)", Musiqの"Mary Go Round"他、"Eric Robersonの"Change For Me"やEric Robersonの変名ErroのDon't Change"などフィリー勢のアーティストとのコラボレーションでも手腕を奮っていたHouseサイドのミュージシャン"Osunlade"といったフィリーと根の深い面々がオリジナルに新たな息吹を吹き込みアレンジし直したもので、特にフィリー・ファンにはヨダレものではないかと。
AAriesの持ち味が活かされるような曲が自然と二人のお気に入りとして選曲されたピュアでナチュラルなオーラが漂う"CoverGirls"は、これからの季節=春先にまったりと浸るのにオススメな1枚に仕上がっています。なんと言っても1枚を通して感じるAAriesの音楽に対するピュアな思いと歌うことへの喜びを感じられるというのがツボでしょう。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in AAries

AAries / Don't Give It Up

12 29, 2010 | Tag,R&B,2010,R&B2010
AAries Pic


AAries / Don't Give It Up (2010)

Musiqの"Aijuswanaseing", "Juslisten", "Soulstar", Jaguar Wrightの"Divorcing Neo 2 Marry Soul"といった同じくフィラデルフィアのアーティストの作品を軸に、Joeの"And Then..."などでもバックヴォーカルとして名を連ね、Musiqもトラックを提供しているサントラJohnson Family Vacationに"Come Inside"を提供してきたフィラデルフィア出身の"Ayana" & "Ayinka Hipps"の姉妹R&B/NEO SOULデュオ。

Musiqとのワークを皮切りにCarmui Productions=(Carvin Haggins & Ivan Bariasコンビ)が制作に絡み発表されたTyrone Davisの"In The Mood"使いのシングル"Strangers To Lovers"や、Minnie Ripertonのクラシックの一つでもありA Tribe Called Questの"Check the Rhime"ネタとしてHip-Hopリスナーも聴けばアレね!なカヴァーに?uestloveが関与しているらしい"Baby, This Love"や、かなりDeBargeの原色を意識した歌い口に胸がときめく"Time Will Reveal"あたりもイイんですが........今回は、A little tribute to Soul Train, Michael Jackson, Rod Temperton, and Quincy Jones!という想いから成り立つ珠玉のグルーヴィー・チューン"Don't Give It Up"をオススメとしてデリバリー。このテイストは反則的でしょ(笑)

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in AAries

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...