Jennifer Bryant / Blue Silhouette

06 15, 2010 | Tag,R&B,2010,R&B2010
Jennifer Bryant / Blue Silhouette
Jennifer Bryant / Blue Silhouette (2010)

フィラデルフィア出身のフィメールR&B/ネオソウル・シンガー・ソングライター。
音楽一家のもとに生まれたJennifer BryantはJAZZ/BLUESのインフルエンスを受け、12歳の頃には作詞・作曲としての才能を開眼。バックシンガーとしてスタジオで経験を積んだ後に、ローカル・プロデューサーとのワークをこなし彼女のソングライティング力に磨きをかかていったよう。2009年にはセルフプロデュースによって作り上げたアルバム"The Siren's Song"をリリースし、2010年に2ndアルバムである本盤"Blue Silhouette"をリリース。1stも2ndもジャケがねぇ、、、

Review
先に"Blue Silhouette"を紹介した理由たる曲から紹介しますが、、、、ガツン!!とPOPなフィメール・R&Bシンガーを蹴散らしてくれそうな終始、太くスモーキーな鳴りを響かせるベースが牽引するHIP HOPのビートに薄っすらと響くJAZZYなヴァイブを含ませErykah Badu系の歌唱とフック、粗さと洗練さが相反することなく旨味を引き出した勢いに乗った03)"BooHooing"がイケる。(続きに配置したプレイヤーで聴けるのでどうぞ)
他、アルバムの冒頭では彼女の音楽のルーツに触れられるJill Scottあたりに近いJazzyナンバーで前作と一線を引いた"違い"を感じさせる01)"What You Gon' Do?", 夜風が似合う心地よいギターループ、ほんのりとした甘いメロディのバックボーンとなるHIP HOPのベクトルを感じさせるビートが揺さぶるアーバン仕様の02)"You Don't Love Me", ピアノループを軸としたトラックにオリエンタルな歌唱とヴァイブを盛り込んだ肌触りのよさを狙った05)"You Reap What You Sow", もう一歩という気もしますが、メランコリックギター&カスタネット、ベースを軸に1stと比較すると一段とシェイプされたサウンドと歌唱で攻める06)"Never Got To Say Goodbye", 1stに収録されているナンバーのRemixである07)"I'm So In Love With You Remix"と02)のRemixの8)"You Don't Love Me Remix"はHOUSEに傾向したMixですが、う~ん、、、イマイチ。09)"Mama"は01)に続き彼女のルーツの一つでもあるBluesナンバーをパフォーマンス。10)"Blue Silhouette"は0:20のアウトロの計10曲。名だたるアーティスト達と肩を並べ活躍するには、まだまだといった着地点ですがシンガー・ソングライター/セルフプロデュースと頑張るJennifer Bryantに頑張って欲しいものです。ジャケもね。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jennifer Bryant

今月の1枚
  • The Company - Superstar
    The Company
    “Superstar”

    Rocstarr、Reid、K-Shin、そして、発起人のChristopher “Baby” Brooksの4人から成るグループThe Companyのセルフタイトル・アルバムからの1stシングル“Superstar”がReel People Musicからリリース!う~ん。いやぁ~、いい仕事してくれますねぇ・・・Reel People Music。

Sponsors
Sponsors

Sponsors

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Kurofune Crew

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...