Jazzyfatnastees - Keep It Movin'

08 24, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
Jazzyfatnastees - Keep It Movin'


Jazzyfatnastees - Keep It Movin'

カルテットから始まった1992年から、メンバーの脱退を経てThe RootsのレーベルMotive Recordsから念願のアルバムとなる 【The Once & Future】 を1999年にリリースしていたTracey MooreとMercedes Martinezによるシンガー・ソングライター・デュオJazzyfatnastees

The RootsのIlladelph Halflifeに彼女達が参加していたこともあり、彼らの作品の制作に携わってきたGrand Wizzardsの構成員Scott StorchとRichard Nicholsを制作の要として、?uestloveやLarry Goldらもこの 【The Once And Future】 をバックアップ。Motive第一弾として世に送り出されていた。

以降、The Rootsの作品に関わりながら2002年に 【Tortoise & Hare】 もリリースしていた彼女達だけど、なんと先日に"Jazzyfatnastees2013"と「健在ぶりと始動」を感じさせる名義でSoundcloudに“Keep It Movin' ” を公開。これは後の新曲や活動に期待できるかも!?

スポンサーサイト



read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jazzyfatnastees

Rootsのお膝元R&B DUO ~Jazzyfatnastees / Once and Future~

02 20, 2010 | Tag,R&B,1990,R&B1990
Jazzyfatnastees / Once and Future (1999)


01. The Wound 視聴

02. How Sad 試聴

03. Breakthrough 試聴

04. Unconventional Ways 試聴

05. Hear Me 試聴

06. Sail The Seas

07. Related to Me

08. The Lie

09. Why 試聴

10. Let it Go


Jazzyfatnastees / The Once and Future (1999)

Tracey MooreとMercedes Martinezの二人によるシンガー・ソングライター・デュオ。
グループ自体の起源は1992年のカルテット(4人組)期から始まり1993年にTommy Boyと契約を結ぶもののメンバーが脱退。二人はThe RootsのレーベルMotive/MCA Recordsと契約しデュオという形でフィラデルフィアから再スタートを切り、Outkastの「Jazzy Belle」やDe La Soulの「Baby Baby Baby Baby Ooh Baby」, The Rootsの「Illadelph Halflife」などのゲストヴォーカルを経た後の1999年にScott StorchとRichard Nicholsを制作の要として自身も制作に参加、?uestlove, Larry Goldらが更にバックアップを図った本作「Once and Future」をようやくリリース。以降もThe Rootsの作品に関与しつつMCAを離れCoolHunter Musicから2ndアルバム「The Tortoise & the Hare」を2002年にリリース。Jazzに傾向したヴォーカル・グループを起源とするJazzyfatnasteesは柔らかく伸びやかなヴォーカル・ワークの中に大人の甘美さをも兼ね備えていて、フィメールR&Bデュオとしてカナリ洗練されていると思う。Zhaneはスマッシュヒット狙いのアップチューンを混ぜつつJazzのフレイヴァを混ぜた曲を1st, 2nd共に演じてますが、その手が好きなら是非Jazzyfatnasteesを聴いて欲しい。

冒頭からカルテット・ヴォーカル・グループが起源だということを実感させてくれる二人のコーラスに酔ってしまう。Heart, heart,heart...と吐息混じりに迫るパートなど張り詰めた空気は派手さはなくとも有り余るほどの存在感を放つ01.)The Wound, グループ初期からJazzに傾倒していたという彼女達の一面が伺える03.)Breakthrouhでは献身的というか母性愛が感じられる内容をマイルドかつセクシーにブレイクスルー(笑) お次は洗練されたソウルフル・サウンド上を撫でるようなフェンダーローズとヴォーカルが切なくさせる04.)Unconventional Ways, 当にフィリー・サウンドともいうべきLarry Gold節爆発の流れるような美麗ジャジー・サウンド05.)Hear Me, 彼女たちならではと言えそうなR&Bの壁を越えた様々な意味で重く随一の緊張感を放つ06.)Sail The Seas, 出だしでゾクッとしてしまう、自らに関与するものを美しく優しいメロディ&ヴォーカルで包み込む07.)Related to Me, 同時期のRootsサウンドを踏襲している10.)Let it Goと全10曲と少な目ですが充実の1枚です。

●洋楽ランキング参加中/よりBlackmusicが好きになったなんて方は黒き1票をプリーズ
人気ブログランキングへにほんブログ村 音楽ブログへ

0 CommentsPosted in Jazzyfatnastees

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...