スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Daniel Crawford - “The Awakening”

05 22, 2014 | Tag,Jazz,2010,Jazz2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Daniel Crawford - The Awakening


Daniel Crawford - “The Awakening” iTunes

Daniel CrawfordはLAで生まれ、LAを中心に活動をしているジャズ・アーティスト / ミュージシャン / プロデューサー。6歳の頃からピアノを弾き始め、13歳の頃には既にプロデュースをしていたそうだ。彼はWylde Bunchのメンバーでもあり、プロデューサーとしては7つのミックステープをリリース。2012年の9月には1stオフィシャル・アルバム 【Red Pill】 を発表。これまでにプロデューサー / ミュージシャンとしてジャズ~フュージョン、そしてジャズ/ソウル~ヒップホップを融和させた実に聴き応えのある作品を生み出している。

5月20日にリリースされた彼の2ndアルバムにあたる最新作 【The Awakening】 だけど、 てっきり⑧-“Strictly For My Negus”や、大人気の⑦-“Home(Africa)”の2シングルもしくは、Amp Fiddlerを迎えた話題性のある⑨の“Trouble”あたりを冒頭に用意してくるかと思いきや、アルバムの導入部分となる①を経た初っ端にはLed Zeppelinの②-“Kashmir”をもってきている。この点は、既にシングルとしてリリースして評判を得ているので、敢えてアルバムの序盤に持ってくる必要がなかったということも考えられる。が、“Strictly For My Negus”は、ジャズ・アルバム 【The Awakening】 からのシングルと記されていたワケだけど、ジャズ+のフィーリングやグルーヴを肌で感じさせてくれる「Daniel Crawford流のジャズ・アルバム」なのだという伏線かもしれない。
とは言え、この“Kashmir”を始め、ヒップホップ・アーティストにもサンプリングされているLed Zeppelinのカヴァーやサンプリングという点だけで、どのジャンルでも多様性に満ちた現代において、「何か違うぞ」なんてことにそのまま直結するわけでもない。それは、しっとりジャズ+語りの前半を経て並ならぬ気迫と精神をぶつけてくる後半に呑まれる①から先の②。そして、③もGoodだけど、今の話の流れから割愛させてもらい、クラブサウンドへとアプローチを取る洗練されたセンスが軽快なアフロビートとグルーヴィなベース上で瑞々しい流れを見せる④-“The One”や、ソウルフル・ハウスとフュージョンを交差させながら、ファンキィな顔をニョキニョキと覗かせる⑥の“Duke”。脈々とその歴史を紡ぐかのようにリズムが刻まれるアフリカのリズムにジャズ・アーティストとしての「ジャズ」、「ソウル」が籠められたその雄大なそのスケールをCleveland P. Jonesの美声が本当に美しく際立てている⑦-“Home(Africa)”。それから、Monetの本能的な郷愁を誘うフルートから始まり、R&B/Neo-Soul/HipHopのフィルタ越しに演じられるジャズを越えた魅力を放つAmp Fiddler共演の⑨-“Trouble”などなど、Dillaトリビュートものを発表してきたDaniel Crawfordの脂 (バックボーン) がのった新進気鋭のジャズ・ナンバー (リズムで言えば、HipHopよりもBrokenBeatsやHouseが顕著に思える) があってこそ。
②のようなちょっと意外だった!?セレクトからの伏線ありの「今の世代、今の時代のジャズ」の体現者なのだと認識させる彼の音楽は、ジャズを聴かない方でも十二分に楽しめる1枚なので、試してもらいたいところ。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Daniel Crawford

Daniel Crawford - “Home​(​Africa)” Feat. Cleveland P. Jones

03 04, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Jazz,Jazz2010
Daniel Crawford - Home​(​Africa) Feat. Cleveland P. Jones


Daniel Crawford - “Home (Africa) ” Feat. Cleveland P. Jones 

Daniel CrawfordはLAで生まれ、LAを中心に活動をしているジャズ・アーティスト / ミュージシャン / プロデューサー。6歳の頃からピアノを弾き始め、13歳の頃には既にプロデュースをしていたそうだ。彼はWylde Bunchのメンバーでもあり、プロデューサーとしては7つのミックステープをリリース。2012年の9月には1stオフィシャル・アルバム 【Red Pill】 を発表。プロデューサーまたミュージシャンとしてジャズ~フュージョン、そしてジャズ/ソウル~ヒップホップを融和させた実に聴き応えのある作品を生み出している。

さて、今回ご紹介した“Home​(​Africa)”は、2014年5月にリリースを予定しているDaniel Crawfordのフルアルバム 【The Awakening】 からの最新シングル。脈々とその歴史を紡ぐかのようにリズムが刻まれるアフリカのリズムにジャズ・アーティストとしての「ジャズ」、そして「ソウル」が籠められたそのスケールは雄大で実に壮観。また、そこに注がれるCleveland P. Jonesの美声がそのスケールを、美しさを際立てる素晴らしいコラボレーション。
因みに、最新アルバムのゲストには久方ぶりのEPが話題となったAmp FiddlerやVikter Duplaixの名も。ケシカラン1枚になりそうな予感がムンムン。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Daniel Crawford

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。