スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Sean McCabe - Back To Front ft. Nathan Adams

12 13, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,House,Soulful-house
Sean McCabe - Back To Front ft. Nathan Adams


Sean McCabe - Back To Front ft. Nathan Adams iTunes

ロンドンのシンガーソングライター / ミュージシャン / プロデューサーのNathan Adamsをヴォーカリストとして迎えた“Back To Front”は、UKのプロデューサーSean McCabeが、Joey Negroが運営するレーベルZ Recordsから2014年にリリースしたデビュー・アルバム 【It's Time】 に収録されている1曲。 少し脱線するけど、Joey Negroと言えば少し前にSoulpersona & Princess Freesiaの“Keep It Working”のディスコ・ブレンドを発表していたっけ。

Nathan Adamsについては、ソウルフルなハウス盤 【Audio Therapy】 をTribe Recordsからリリースしているんだけど、Louie Vega、Josh Milan、DJ Spinna、そして、先のSean McCabeが制作に絡んでいたりと、けっこう豪勢。

で、肝心の“Back To Front”だけど、Acid JazzをHouseに調理したようなこの感触がけっこう好み。お洒落イズムに徹したグルーヴと、爽やかに振りまかれるファンク・エッセンスや、Nathan AdamsのソウルフルなヴォーカルもGood。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Sean McCabe

Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones - “The Sensitive Suite”

04 04, 2014 | Tag,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010,R&B,2010,R&B2010,Soulful-house,House
Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones - The Sensitive Suite


Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones - “The Sensitive Suite”

Gilles Petersonがコンパイラーを務める 【Brownswood Bubblers Seven】 にも収録されていたCleveland P. Jonesの“Sensitive”はもちろんのこと、これ以前に公開していた“Nature Boy”と“Twice”の伴奏やバックアップを担ってきたAhmed Sirour。方やCleveland P. Jonesは、Ahmed SirourのLP 【The After 2am Sessions】に収録されている“Love One Another”にその美声を吹き込んでいたわけだけど、そんな二人の久方ぶりのコラボレーションとなったジャズスタンダード・ナンバー“Afro Blue”が好評を博したのも記憶に新しいところ。

Ahmed Sirourについては、PhonteからのオファーをきっかけにForeign Exchangeのリミックス・コンピレーション・アルバム 【+FE Music: The Reworks】 内の“All The Kisses” (Ahmed Sirour Remix) を手掛けていたので、その名を耳にしている方もいるかもしれない。それ以前にもソロワークは勿論、インディ・アーティストのプロデュースやリミックスを手掛け、その確かな仕事ぶりで人気を獲得している。
昨年にフルアルバムもリリースしているCleveland P. Jonesの近況は、ジャズ・アーティスト / ミュージシャン / プロデューサーのDaniel Crawfordの“Home​(​Africa)”でヴォーカリストを務め、彼のその美声がそのスケールを、美しさを際立てていたよね。

さて、この“The Sensitive Suite”は、先の“Sensitive”のRemixとオリジナル、そしてそれぞれのインストゥルメンタルを収録した1枚。ハウス・ミュージック界の巨星Frankie Knucklesの死についても触れているこのRemixは、そんな彼に敬意も示すHouse Remix。オリジナルは未聴なんて方はCleveland P. Jonesの美声を堪能できる②も必聴。4月3日からBandcamp & iTunesで販売開始と記されているけど、現在のところUS, JPNのどちらのiTunesでも取り扱いが確認できず。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Ahmed Sirour & Cleveland P. Jones

Rahsaan Patterson - It Ain't Love (WPB Deep Afro Soulhouse Keemix) / So Fine (Funky House Keemix)

04 02, 2014 | Tag,Soulful-house,House,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
Rahsaan Patterson - It Ain't Love (WPB Deep Afro Soulhouse Keemix) / So Fine (Funky House Keemix)


Rahsaan Patterson - It Ain't Love (WPB Deep Afro Soulhouse Keemix) / So Fine (Funky House Keemix)

例え洋楽を聴いていなくともニュースなどからその名が耳に飛び込んでくる売れっ子からレジェンド / ポップ・スター、はたまたインディ・アーティストにいたるHouse Remixを披露、または一部を販売しているHakeem Syrbramことhkmsyr42
14歳の頃からDJを始め、ラジオから流れてくるクラブ・ミュージックやリミックスに熱くなった80's初期、そして80年代中期~90年代のHouseミュージックが更に彼に色濃く影響を与えたらしい。基本どの種の音楽も嗜むようだけど、R&B、ジャズ、ゴスペルは彼のスタイルには欠かせないものだそうだ。

つい先日にもRahsaan PattersonのRemixをSoundcloudに2トラックを追加したばかりのhkmsyr42は、どうやら彼のファンらしくRahsaan PattersonのRemixがいくつか存在する。そのRemixワークに対してRahsaan Pattersonは、hkmsyr42による“Yeah Yeah Yeah” (Remix) に感謝のコメントを残しており、“It Ain't Love” (WPB Deep Afro Soulhouse Keemix) については自身のSoundcloudでシェアしている。

鮮度ということならば、近々に公開されたBurnin (WPB Soulhouse Keemix 2) あたりを紹介するべきなのだろうけど、ハネるアフロビートが効いたアフロ・ハウスIt Ain't Love (WPB Deep Afro Soulhouse Keemix)と、疾走ファンキィ・ハウス・チューンSo Fine (Funky House Keemix)がいい感じだったのでこの2 Remixをチョイス。
それと、かなり人気は出てきているけど、そのアルバムのクオリティから考えれば、認知度はまだまだと言えるTracy CruzのRemixなんかもやっていて、なかなかに渋いセレクト (オリジナル) からRemixを手掛けている。このLove's GalaxyのRemixを機会に彼女のアルバムにも耳を傾けて欲しいところ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in hkmsyr42 (Hakeem Syrbram)

Homemadesoul - “Random Thoughts” / “Random Thoughts” (Homemade Remix)

01 22, 2013 | Tag,R&B,2010,R&B2010,Neo-soul,Soulful-house
Homemadesoul - Random Thoughts / Random Thoughts (Homemade Remix)


Homemadesoul - “Random Thoughts” / “Random Thoughts” (Homemade Remix) - 2013

これまでにエメラルドコーストのBeachcomber Awardsの4部門 (Best Male Vocalist, Best Singer-Songwriter, Best R&B/Soul Artist, Best Original Song) にノミネート。好評だったセルフプロデュースによるEP “Inspired By A True Story Vol. 1”以降もフルアルバム“The Collection”や、Maroon5のナンバーをHomemadesoul"らしさ"でNeo-Soul/R&Bへと昇華してみせた“Sunday Morning”、同郷musiqsoulchildのカヴァーソング“Babygirl”、Joss Stoneからインスパイアーされたのだという“The Day I Fell In Love”などコンスタントに作品をリリース。
現在、2月19日に新たなアルバムをリリースすることも決定しているHomemadesoulが、アルバムからの1stシングル“Random Thoughts”を1月22日に発表。

オリジナルはNeo-Soul風味とHomemadesoulの温かみが遺憾なく発揮されたドリーミー仕立てのスロウ・ナンバー。同時に公開されているRemixは冒頭こそ「やってしまったか?」と感じさせるものの、Jazzy-soulな調理で仕立てた実は意外とイケるSoulful-Houseだったりする。Eric Robersonの変名Erroあたりのワークが好みな方はRemixもお試しあれ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Homemadesoul

AAries – “Don’t Give It Up” [Reel People Rework]

08 19, 2012 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Soulful-house
AAries – Don’t Give It Up [Reel People Rework]


AAries – “Don't Give It Up” [Reel People Rework] 2012 

Musiqの“Aijuswanaseing”, “Juslisten”, “Soulstar”, Jaguar Wrightの“Divorcing Neo 2 Marry Soul”といった同じくフィラデルフィアのアーティストの作品に参加している他、Joeの“And Then...”などでもバックヴォーカルも務め、サントラJohnson Family Vacationに“Come Inside”を提供。その後も、フィリーのプロダクション・チームKarma Productions (Carvin Haggins & Ivan Barias)が手掛けた珠玉のグルーヴィー・チューン“Don’t Give It Up”や、彼女たちのフェイバリット・ソングをカヴァーした“CoverGirls”をリリースし、ソウル/R&Bファンの心をときめかせてきたフィラデルフィア出身の“Ayana” & “Ayinka Hipps”による姉妹R&B/NEO SOULデュオ“AAries”

そのAAriesによる珠玉のグルーヴィー・チューン“Don’t Give It Up”は、Reel People Musicが送るモダンソウルのV.A.“Soul Love 2”の初っ端に堂々と登場。さらにはこの“Don’t Give It Up”が、Reel Peopleのリワークやボーナス・ビーツを含むシングルとして2012年9月17日にリリースされる予定。オリジナル知ってるよ!という方も爽快感溢れるソウルフルハウスver.の“Don’t Give It Up”[Reel People Rework]のご賞味を。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in AAries

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。