Bubblerap (Demae Wodu) - Twice

07 15, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,beats
Bubblerap (Demae Wodu) - Twice


Bubblerap (Demae Wodu) - Twice

Soundcloud上の名前(アカウント?)こそBubblerapだけど、実はUKのヒップホップ・ユニットHawk House (その前身はA Yellow Man) のメンバーのDemae WoduによるLittle Dragonのカヴァー。この曲のカヴァーもけっこう見かける(耳にする)わけだけど、Jake Millinerがビートを提供しているらしいコレがけっこう好かったのでチョイス。

ここで、Jake Millinerって誰ぞや?って人もいるかもしれないので少々説明を。彼はHawk Houseの“Chill Pill”をプロデュースしていたことで知られているし、イーストロンドンのラッパーBarney Artistのプロデュースや、Mello Music Groupからフルアルバムをドロップしていたヒップホップ・デュオDTMDのemcee Toineをフィーチャーした自身のシングル“Get Up”をKilawatt Musicからリリースしている。

コズミック・ソウルなビートに遊泳感をもって歌うこの感じが好きだな~。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Bubblerap (Demae Wodu)

PJ Morton - First Began

07 15, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010
PJ Morton - First Began


PJ Morton - First Began

India.Arieの【Voyage To India】にて作曲・プロデュースでグラミー賞を受賞。また、Maroon 5第6のメンバー (キーボーディストとして参加) として活躍していたことでも知られているであろうニューオーリンス出身のシンガーソングライター/キーボーディストのPJ Mortonさん。

多様なジャンルを巧みに混成し、ソウル・ポップへと構築するセンスと、その温かく親しみやすい音楽から発せられる心地良さはかなりのもので、ちょくちょく彼の曲や歌声が懐かしくなり聴いていたりする。そんな彼は、ゴスペルシンガーを父に持ち、8歳からピアノを弾き始め、14歳の頃には歌い、学生の頃に知り合った音楽仲間と共にFreestyle Nationというバンドを結成し、2002年に処女作となる【Free・ver・sation】をリリース。その後【Emotions】や【Perfect Song】といった作品を2007年までに残し、後に【Following My First Min】というEPをLil WayneのレーベルYoung Moneyからもリリースしていたはずなのでソチラを知っている方もいるかもしれない。ちなみに日本独自の企画盤として2002年~2007年までの3作品のベスト・セレクション的なアルバムがリリースされていたりもするんだよね。

イイものはイイ!そんなトキメキや高まりをPJ Morton自身も感じ、多様なジャンルをミックスして音楽を生み出してきたであろう彼のソウルやR&Bはこうあるべきだ!なんてものには囚われないところが魅力であり、そういった形式を超えたならではの心地良さや温かさを“First Began”を介して感じてもらえたら嬉しい。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in PJ Morton

R.O.M - don't want no one else

07 14, 2016 | Tag,R&B,2010,R&B2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
R.O.M - don't want no one else


R.O.M - don't want no one else

SoulectionのWhite Lableシリーズにも登場しているUKのプロデューサー/マルチインストゥルメンタリストR.O.M (Rommel Donald)を当黒船で初めて触れたのは確か・・・L.A.のemcee / プロデューサーParis Jonesのシングル“You Like Me”のリミックスだったと思う。フューチャー・ビーツ然としたもトラックも披露している彼だけど、僕としてはR&Bのスメルを濃い目に 放つ糖蜜系のR&Bジャムで調理した先のリミックスや、Future Beats Recordsからのお披露目となったEP【Drams】の1stシングル“Wish You Were Here (I Miss You)”におけるBeyoncéの「Deja Vu」をネタにしたスムース路線といった、よりR&Bへと舵を取った時のR.O.Mに共感を覚える。

そんな彼が今月に放った“don't want no one else”がまたフューチャー・ビーツ系の下ごしらえをしたその刺激と、ヘヴンリーなヴァイブによる心地良さに酔う絶妙なR&Bチューンで、やがてソウルフルハウスへとシフトして、その美しさと聴き手の高揚感を高めていくセンスもステキだ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in R.O.M

The Xtraordinair$ - Do Your Shit (feat. BoomBaptist)

07 07, 2016 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
The Xtraordinair$ - Do Your Shit (feat. BoomBaptist)


The Xtraordinair$ - Do Your Shit (feat. BoomBaptist)

設立は2015年と比較的最近に設立されたコレクティブ/レーベル/プラットフォームではあるものの、その影響力を着実に強めてきている気配のあるMelodysoulから8月2日に投下されるらしい、Leonard Dstroy & Dominique SandersによるカンザスシティのデュオThe Xtraordinair$のアルバムからの1stシングル"Do Your Shit"をチョイス。

どちらも彼らと共演歴のあるBoomBaptistのヴォーカルと、ChromadaDataによるトークボックスをフィーチャーしたこの"Do Your Shit"だけど、何と言いますか、生温いもくもくとしたグルーヴや、このちょい飛びイイ気分な演出というかヴァイブがツボ。聴いていてジワリジワリと効いてくる気持ち良さみたいなモノが伝われば嬉しいかな。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Xtraordinair$, The

TREGS - Crystal Sky

07 07, 2016 | Tag,electronic,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010
TREGS - Crystal Sky


TREGS - Crystal Sky

設立は2015年、フランス、ドイツ、アメリカ、アーストラリア、オーストリア、スウェーデン、カナダ、アルゼンチンといった各国のプロデューサー/シンガー/ミュージシャンが集うレコ-ドレーベル兼コレクティヴFête Recordsから、TREGSのフリーシングル"Crystal Sky"をご紹介。

ブギーな煌めきを放つエレクトロニックを下地に、自然の美しさを有機的にスケッチしてみせるトラックメイキングから、コンピューターと自然が好きだという彼の「らしさ」が存分に伝わってくる1曲だと思う。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in TREGS

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...