スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Lew Kirton / Talk To Me

11 18, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1980,SOUL/FUNK1980
Lew Kirton / Talk To Me
Lew Kirton / Talk To Me (1983)

バルバドスでクワイアに参加することでヴォーカルトレーニングを積んだLew kirtonはカリブのバンド"The Blue Rhythm Combo"のメンバーとして活躍。後にカナダへ移住するワケですが、移住後にはSam and Daveのレビューに加わりドラムを担当していたりもする。その後の1973年にはヴォーカル・グループ"Invitations"のリードヴォーカルとして迎えられN.Y.のレーベルSilver Blue Recordsからシングルを4枚リリースしている実力派シンガーにしてドラマー。今回はそんなLew Kirtonの1983年産の2ndアルバム"Talk To Me"をオススメ盤としてピックアップ。※復活作"Forever"に続くニューアルバム"So Into You"も本年にリリースと現役のシンガーです!

Russell Timmons, Jr.が手掛ける2ndアルバムは1stアルバム"Just Arrived"と比べるとアーバンな1枚に仕上がっているのが特徴で、"Barry Eastmond"や"Bashiri Johnson", "Jeff Smith"らがサウンドをアシスト。バックヴォーカルではデビュー以前の"Will Downing"も参加。
スロウ~ミディアムを飾るのは、控えめにアシストするパーカッションといい非常に落ち着いた(ソフィスティケイト)されたサウンドが白を大きく打ち出したジャケを思わせるピュアなモノ。ピュアだからこそ中盤のフルートも印象的だったりする。そんな純白サウンドに対し丁寧に歌い上げるLew Kirtonのジェントルさ。そしてジェントルさの中から滲み出る力強さ(エモーショナルさ)が最大の魅力であろうバラードA2-"I Can't Live Without You"や、華燭過ぎないストリングス、控えめに胸をキュンとさせるシンセなど地味目なサウンドながらもフックでは熱く込み上げるものがある好感色のスロウで、しっとりとじっくりと聴かせてくれるA4-"Always Will", スイートなギターの旋律とそよぐストリングスが空間を満たしていく序盤から覚えやすいフックでブラコン全開の盛り上がりを見せ都会的な気分に染め上げ、2分後半~3分序盤ではエレガント(Jazzy)なピアノが更にアーバンさを掻き立てるミディアムB2-"Hooked On You"など。
そして、アップ・ゾーンでは、タイトルナンバー(シングル)A1-"Talk To Me"や、ダンサンブルなパーカッション&ぶりぶりなベース&シンセで幕を開けながらも冒頭のガッツリ感は控えめにモダンでクールな味付けが効いたファンク・チューンA3-"Don´t Give Up Your Dream (Hang On In There)", シティ感覚を帯びたシンセが靡きN.Y.サウンドが爽快に走るアップ・チューンB4-"Here's My Love"が用意されていてアルバム全体のバランスもイイ。
激しくノリたいという方には全く持って向きませんが、モダンなグルーヴに埋もれたい。しっとりサウンドが好きだけど、ナヨっとした感じ(歌声)ではなく熱いエモーショナルな歌声に浸りたい。そんな方におすすめの1枚。
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Lew Kirton

Aurra / A Little Love

10 31, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1980,SOUL/FUNK1980
Aurra / A Little Love
Aurra / A Little Love (1982)

1979年に70'S~現在とR&Bシーンで奮闘する頭にねっとりと残るヴォーカルが味な"Keith Sweat"やTony Toni ToneのTimothy Christian Rileyのバックアップを受けネオソウル・グループとして好事家の間で人気を博した"artn' Soul"などにカヴァーされるほどのスマッシュヒット"Just a touch of Love"を放ったオハイオのへヴィ・ファンク・グループ"Slave"の"Steve Washington"を軸に、そのSlaveのメンバーとしてヴォーカル・パートおよびソングライティングに関与した"Curt Jones"と同じくSlaveの"Starleana Young"がSlaveのバックアップを受け"Curt Jones"と"Starleana Young"をリードヴォーカルとして据えた男女デュオが"Aurra"(後のDeja)

Review
今回はSlaveのバックアップ?Slaveでバックを固めた別枠としての活動?を受けた序盤作からAurraとしての洗練されたカラーが現れ始めた3作目にあたる"A Little Love"をお届けというコトで、本盤からオススメしたいナンバーはR&Bチャート6位をマークしたteve Washingtonのギター・ソロが弾けスマートな中にも重厚な面が顔を覗かせるアーバン・ファンクに痺れまくりのA1-"Make Up Your Mind"に、Starleana Youngのキュートなヴォーカルと相性バツグンの足早に過ぎ去っていく街並みの淡い光りを心地良く、くぐり抜けて行くクルージンなサウンドからミッドナイトのドライブに掻き立てられるA2-"Patience", そしてSOUL/FUNKを聴かないリスナーや新しいサウンドを求める現R&Bリスナーには古臭いとしか感じられないかも?知れませんが、80'Sのスタイリッシュかつ芳しいムードが凝縮されたクールなサウンドにヨダレもののB4-"Thinking Of You", 冒頭のベースからファンク色濃厚に、こぶしを含ませながら熱いヴォーカルを充満させるCurt Jonesとキュートに跳ねるStarleana Young + 覚えやすく親しみやすいフックが炸裂するA1がツボならズバリのB1-"Little Love"の4曲。
他、ちょっとPOPな感じもありますが、淡いギターとゆったりと絡み合うドラムス&ベース、甘酸っぱく広がるシンセと歌い口に胸が狂おしくなってしまうピュアな好バラードA3-"It's You", パーカッションとカッティングギターが入り乱れるライトなラテン・フレイヴァを盛り込んだディスコ・チューンA4-"Checking You Out", 色鮮やかなシンセと軽快なカッティング・ギターが紡ぐ清涼感溢れるグルーヴが晴れやかでハッピーな気分にさせてくれるB2-"In My Arms", まったりとチルできそうなメロウなフローティング・チューンB3-"Still Free"とスマートなサウンドの中に、しっかりとSteve Washingtonの辛味ファンクが効いたアーバン・ファンクな1枚で、アーバン・サウンド+スパイスを求めている方に特にオススメの盤。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Aurra

Fats Gaines Band / Presents Zorina

09 29, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1980,SOUL/FUNK1980
Fats Gaines Band / Presents Zorina
Fats Gaines Band / Presents Zorina (1983)


~About Fats Gaines Band & Zorina~
トランペッター/ホーンアレンジャー"John Parrish"(本作のプロデューサー), Collageの"Larry White"に"Dean Boysen", トロンボーン奏者"Kraig Kilby", "Kirk Perkins"(本作のCo-Pro.とドラム/Key担当)らによるセッションバンド"Fats Gaines Band"にルイジアナ出身、サンフランシスコで歌唱に磨きをかけたフィメールシンガー"Carol Zorina London"をフィーチャーした本盤。その形態はRufusでのChaka Khanや、Crusadersをバックに歌うRandy Crawfordを連想させるもので、2001年に様々なソウル音源の発掘で名高い英EXPANSIONのモダン・ソウル・コンピレーション"Soul Togetherness 2001"に#08-"For Your Love"が収録された再発掘に続きCD化されリイシューされた80年代西海岸の隠れたSOUL/FUNK名盤でございます。

Review

~FUNKあり、バラードあり、JAZZYありの魅惑のPresents Zorinaの魅力とトラック~
本盤の魅力は各方面で腕を奮うセッションプレイヤーが集ったFats Gaines Bandが作り出す生音×シンセによる確かなサウンドと、フロア映えするファンクチューンではバックに飲み込まれることなく力強いパフォーマンスを繰り出し、沁み入るバラードではZorinaの魅力の一つと言えるピュアなヴォーカルでしっかりと歌い上げ、女性らしいしなやかさで聴かせるZorinaの柔軟なヴォーカルとの掛け合いが生み出すノレる、浸れる、泣けるが揃った隠れSOUL/FUNK名盤加減が最大の魅力。
#01-"Born To Dance"は、冒頭に相応しい軽快なカッティングギターとハンドクラップ、華美過ぎないサラリとした爽やかなホーン&ストリングスが描くライトなグルーヴがリスナーの身体をジワリジワリとホットに黒汁を滲ませさせるダンス・チューン。
#02-"Woman In Love"はミッドナイト・クラブのステージでスポットライトを浴びるピュアなサウンドと歌声がたゆたう様は、まるでステージ越しに自分が居合わせ、ピュアなサウンド・歌声・Zorinaの眼差しがコチラに向けられているかのよう。頭の中で立体的に打ち付けるピュアなサウンドはやがて、クラブを飛び出し優雅なストリングス、アーバンかつメロウなギターなどが誘う夜の街へと羽ばたき、ゴージャスで煌びやかなホーンとZorinaの抑制しつつも溢れるエモーショナルなヴォーカルが曲のスケールを広めていく泣きの逸品バラード。
#03-"Sweet Freak"はブリンブリンに跳ねるファンキー・ベースにフューチャリスティックなシンセと痛快ホーンが飛び交うファンクの渦の中で、キュートなサウンドと共にZorinaのピュアでフリーなヴォーカルが軽やかに舞い込んでくる魅惑のファンク・チューン。
中間で魅せる#04-"My Love Is Always"は、そっと顔を撫でるそよ風のように柔らかく温かいジャジー・サウンドに乗せて想いを募らせていくZorinaに心打たれるバラード。
#05-"New Wave Baby"はファンキーに唸る、跳ねるベース、カッティングギターにチョイトはみ出し気味に悪ぶれる重厚なホーンズにパワフルなヴォーカルでバック陣を引っ張るZorinaのフロア映えするヴォーカルが煽るファンク・グルーヴにジャジーなヴァイブを注ぎ込むピアノが重なるモダンな一押し激ファンク・チューン。
#06-"Now That I Found You (Helpless)"は優しく夢見心地な世界を映し出すピアノを幻想的なシンセがぼんやりと包み込むマイルドなサウンドから、内に込めた想いを真摯に歌い綴っていく#04同様にZorinaのひたむきな歌唱に聴くごとに心を奪われていくバラード。
締めはロマンティックな幕開けから、セクシーなベースラインが一気にリスナーを高揚させアダルトな気分に染め上げ、身体が火照るように徐々に登り詰めていくピアノにホーン&ストリングスがディープかつドラマティックに彩っていく洗練された好ミッドナイト・チューン#08-"For Your Love"の全8曲を収録。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Fats Gaines Band

Passage / Passage

08 23, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1980,SOUL/FUNK1980
Passage / Passage
Passage / Passage (1981)

Review
PassageはBrothers Johnsonの"Louis Johson"に"Richard Heath", そしてLouis Johsonの奥様"Valerie Johnson"の3人がBrothers Johnsonと並行して結成したコンテンポラリー・ゴスペル・ユニット。
そんなユニットの位置づけから、クリスチャン・ミュージックのシンガー・ソングライター"Ami Grant"や"David Diggs"がホーン&ストリングス・アレンジで参加。華美すぎるダンスカラーは控え目に、AORフリークの耳をも捉えるライト・メロウなサウンドとヴォーカルが作り出すモダンなナンバー群の清々しさといったらもう...黒人ユニットとは思えないほど。一部のファンからは稀有なブラコンの名作として支持されながらも、Quincy Jonesの恩恵を受け、サンプリング/カヴァーと現在も愛される"Strawberry Letter 23"などヒットナンバーを飛ばすBrothers Johnsonの煌びやかな光の影に埋もれがちなPassageですが...その中身は、あくまで軽やかに華麗に高揚を誘うライトなパーカッションとスピード感を帯びたストリングスが吹き抜ける中、ファンクラインを注入するダンサー#01-"Have You Heard The Word", 爽やかなアコギ、フレッシュで瑞々しいエレピ、ゆったりと雄大に響くストリングス、ナチュラルなヴォーカルがまったりとAOR/ブラコン中枢をくすぐるリッチでモダンな#02-"You Can't Be Livin'", リードをとるValerie JohnsonのクリアなヴォーカルとAmi Grantが作り出したちょっぴり浮ついたムード漂うドリーミングなサウンドがマッチした#03-"Faith Walking People", ライトなファンク・グルーヴを描くギター&ベースに乗せてドラマティックに弾み高揚させるストリングス&ピアノ、アーバンメロウなヴォーカルと熱く洗練されたサックスがブロウ。締めにはヴォコーダーがモダンさを煽るグレイト!なダンサー#04-"I See The Light", ラテンのインフルエンスを汲んだ微かに香る情熱的なビートとピアノにスリリングなストリングスが怪しく響く。そんな熱さを秘めたサウンドと爽やかさの中で微かにレゲエ・アプローチをとるヴォーカルが重なり具合が妙味なヴァイブを生み出している#05-"The Great Flood", こちらもAORファンには嬉しいソフィスティケイトされたサウンド仕様。ジワリジワリと至福の空間を伸びやかに拡げ込み上げていくメロウ・グルーヴが心地いい#06-"Open Up Your Heart", 冒頭のファンクなヴォコーダーと勢いを隠せず脈打つドラムス⇒一気にストリングスが駆け上がり沸々と溢れ出るディスコ汁にタマラズ身体が勝手に動いてしまうファンキー・チューン#07-"Power", スチール・ギターを取り入れたカントリー調トラック×リードのValerie Johnsonがパフォーマンス。曲に漂うPOP感は否めないもののピュアなナンバーを届けてくれる#08-"Love Eyes"など粒揃いの好作がズラリの好盤なんです!
黒々しく渦巻くSOUL/FUNKを探している方にはオススメできませんが、AOR/ブラコン/モダンといったキーワードに目がない方にはオススメの1枚。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Passage

Lamont Dozier / Working On You ~80's Urban Soul Classic~

08 17, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1980,SOUL/FUNK1980
Lamont Dozier / Working On You
Lamont Dozier / Working on You (1981)

Lamont Dozierはデトロイト出身のシンガー・ソングライター/プロデューサー。
1950年代には地元のレーベルからデビューを果たし、1961年にはLamont Anthonyとして活動。Motownへ入社後はThe SupremesやFour Topsなど1960年代のMotownサウンドを担い、L.A.へ本拠地を移すMotownに対してデトロイトに残りInvictusと姉妹レーベルHot Waxを立ち上げ良質なノーザン・ソウルを生み続けたMotownを語るうえで必ず登場するプロダクションチームHolland-Dozier-Holland aka H-D-H(Brian Holland, Lamont Dozier, Eddie Holland)のメンバーとして数多くの楽曲を提供。100 Proofや8th Dayなどを輩出してきた一方で、H-D-Hの3人それぞれもシンガーとして活動。
1973年にInvictusを離れたLamont Dozierは"Out Here On My Own"(1973)と"Black Bach"(1974)をABCから、"Right There"(1976)と"Peddling Music On The Side"(1977), そして"Bittersweet"(1979)の3枚をWarner Brothersから、そして1981年に"Working on You"をリリース。以降"Lamont"などアルバムを発表。OutKastやAtmosphere, Pharoahe Monch, Dizzee Rascalなどサンプリングの多用によって再評価された"Black Bach"をHIP-HOPサイドからUPするのもイイかな?と思いましたが、今回は微かなPOPエッセンスと洗練されたシティ・サウンドをJohn Barnes(Keyboards/Synthesizer)、Paul Jackson Jr(Guitar)、Paulinho Da Costa(Percussion)らがバックアップ。トロトッロに混ざり合いメロウ・グルーヴとして爽やかに打ち寄せる80'sアーバン・ソウルの名盤"Working On You"をオススメ。

Review
冒頭を飾るのはシングルカットされたPOPを混成したダンサーもの。深いことを考えずに爽快な気分に浸れるストリングス、ご機嫌に跳ねるギター&ホーンにピアノ、ステップを煽るハンドクラップにパーカッション。そして何より爽快さを極限まで引き上げるLamont Dozierの伸びやかなヴォーカルがサウンドとガッチリ噛み合った#01-"Cool Me Out",
#02-"Why (Ain't My Love Enough)"は、美しくも切なく滾る感情を含んだ沁みるピアノから間もなくして絡みつく印象的な「Why?」に途切れそうな声を吐くLamont Dozierの狂おしさが滲む序盤と、3:00分台の甘酸っぱいシンセのシティ感が特にタマラナイ。
#03-"Nobody Told Me"は、#01を昼用のダンサーとするならば夜用のダンサー。アーバンという言葉が似合う軽やかかつ華麗なリズムを刻むビートに優雅なストリングスとホーンが舞い、エレピが夜風のようにクールなヴァイブを注入。#01はPOP過ぎるなんて方はコチラをオススメ。
#04-"Too Little Too Long"はシングルカットされたバラード・ナンバー。Lamont Dozierのムーディーなファンタスティック・ヴォイスが活かされた好曲ながら個人的には他のナンバーの方がイイ。
#05-"Playing For Keeps"はエレクトリックなサウンドをふんだんに活かした80'sらしいトラック。現R&Bシーンのエレクトロニック興隆に絡めなくても今なおフレッシュ。全てじゃないけど、適当にシンセをかまし溢れる現R&Bよりジューシー(特に冒頭のジューシー具合にヨダレがジュルリ)
インタールード#06後の#07-"(You Got Me) Wired Up"は、ソフィスティケイトされたメロウなサウンドの中で微かに香る情熱的なパーカッションや、セクシーな歌い口の中に含ませる抑制した熱さが声から滲む様が余計にセクシーでリスナーを昂ぶらせてくれる。
#08-"Starting Over (We've Made The Necessary Changes)"は、センシティヴな冒頭からそういった展開か?と思いきや、肌触りの良いカッティングギターとシェイカー、トドメにクールなエレピが誘う休日の午後をまったりと過ごしたくなるようなスイートなパート、そしてパーカッション&ストリングスがグイっと情熱的な風を吹き込むとLamont Dozierも熱くシャウトしつつも、ファルセットを絡ませアダルトな表現でエモーショナルな声を響かせるなどエモーショナルな味付けがゾクゾクさせるメロウ・チューン。
#09-"Working On You"は、まったりレイドバックなギターと共に優しくも、ちょっぴりエロく声を重ね寄り添うLamont Dozierのヴォーカルを包容力のあるストリングスで包み込んだジューシー・メロウ・チューン。ジャケを連想させる2:00越えの心と身体を解放させるようなエレピも甘美でGOOD!
#10-"Chained (To Your Love)"は土臭くも懐かしさを感じさせる豊かなオルガンとパーカッションが注ぐレゲエ・フレイヴァに、ひんやりとクールダウンさせるエレピが潤い響く常夏リゾートにピッタリな1曲。
#11-"You Made Me A Believer"は、どこを切っても爽やかで吹き抜けの良い極上のアーバン・サウンドに肩の力を抜いたマイルドなヴォーカルがフロート。最高に気持ちいいメロウ・グルーヴが終始、心地よくリスナーのステップを誘いアーバン党を激酔いさせるキラーチューン。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Lamont Dozier

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。