スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Yvonne Fair / The Bitch Is Black

01 30, 2011 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970
Yvonne Fair / The Bitch Is Black


Yvonne Fair / The Bitch Is Black (1975) The Bitch Is Black - Yvonne Fair

ヴァージニア州リッチモンドで生まれ1958年のヒットナンバー"Maybe"を放ったN.Y.のフィメール・グループ"The Chantels"のメンバーとして活動した後に、James Brown Revueのシンガーとして採用されKing Recordsからリリースしたシングルでソロ・デビューを果たしたYvonnneは後の1968年にMotownとサインを結ぶ。本盤はMotownとサインを交わした翌年の1969年にMotown系列のレーベルSOULから放ったシングルに続くと言っても、なかなかに時間を要した1975年に発表されたアルバムで、制作の要として"Norman Whitfield"が参加。
James Brown Revueのシンガーとしてピックアップされたというバックボーンに深く頷けてしまうワイルドでファンキーな歌いっぷりにフォーカスし、ファンク・スタイルのトラック群をベースに纏めあげたアルバムは、Edwin StarrのナンバーをYvonne Fairカラーに塗り替えたA1-"Funky Music Sho Nuff Turns Me On"に始まり、MotownのスタンダードをリバイバルさせたYvonne Fairの代表曲として挙げられているA2-"It Should Have Been Me", ゆるやかな幕開けからパーカッションが加わり加速し始めると、曲はどんどんと舞い上がりより華麗に壮大に力強く昇り詰めていく解放感が素晴らしいGhostface Killahの"Stay"ネタのA3-"Stay A Little Longer", Stevie Wonder作、RufusのナンバーをカヴァーしたA5-"Tell Me Something Good"の前半。そして、Biz Markieの"Check It Out"やFat Joeの"Bad Bad Man", Jay-Zの"Where I'm From"などヒップホップ勢のサンプリング・ソースとしても愛され蜜な関係にある理由も聴けば一発で解ってしまうヘヴィーなB1-"Let Your Hair Down"に、Barbara GeorgeのカヴァーB3-"I Know (You Don't Love Me No More)", ジャンルという壁をワイルドなヴォーカルでブチ壊しロッキッシュでファンキーなサウンドがグルーヴを刻むB4-"Walk Out The Door If You Wanna", 締めのStevie WonderのカヴァーB5-"You Can't Judge A Book By It's Cover"の後半と、どの曲もYvonne Fair節がハジケ、アピールしまくる聴き応え十分の痛快な秀盤。
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Yvonne Fair

Shirley Brown / Woman To Woman

01 27, 2011 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970
Shirley Brown / Woman To Woman


Shirley Brown / Woman to Woman (1974) Woman to Woman - Shirley Brown

Aretha Franklinを若くしたようなとも言われるヴォーカルの持ち主"Shirley Brown"はアーカンソー州ウェストメンフィスで生まれ幼い頃から教会でゴスペルを歌い始めたというバックボーンによる、その力強くも表情豊かなヴォーカルが人気のソウル・シンガー。Albert Kingに見出されると1972年に"Oliver Sain"が手掛けた"I Ain't Gonna Tell"と"Love Is Built On A Strong Foundation"をリリース。Albert KingのバックアップもありStax Recordsからリリースすることとなった1974年産の本盤はヒットナンバーWoman To WomanをアルバムタイトルとしたShirley Brownのデビューアルバムとなり、Booker T & The MG'sの"Al Jackson"とStaxの創設者"Jim Stewart"がプロデューサーを担い、同じくBooker T & The MG'sの"Donald "Duck" Dunn"や"Lester Snell"などが参加。

R&Bチャート1位をマークしたShirley Brownの代表曲にして不倫ソングの代表曲でもあるB1-"Woman To Woman"が外せない1曲であることは勿論、後続のヒットナンバーとなったA1-"It Aint No Fun"や、Lorraine Ellisonのナンバーを歌い上げるA3-"Stay With Me Baby", ゆるやかに靡くしとやかなサウンドを背に胸の奥で昂ぶる想いをジワリジワリと滲ませていくような歌唱で奥ゆかしい情熱を表現するB3-"Passion", 揺ぎない想いを噛み締めるかのように歩むドラムス&ピアノに美しくもセンシティブなメロディで覆うストリングス、ほんのりと苦く甘酸っぱいオルガンと淡いホーンが包み込み、親しみやすい泣きのコーラスでリスナーの感情移入度を一気に高めていくサウンドに対し、嫌味を全く感じさせない力強くもエモーショナルなヴォーカルで曲の色彩・深みをグッと拡げていくバラードB5-"I Need You Tonight"などのバラード群ではシッカリと聴かせてくれるし、ブルージーな香りを吹き込むギター&オルガン、ファンキッシュなワウワウ&カッティング・ギター、滑らかに舞い上がるストリングス、ゆったりとした中にも力強い側面を見せるドラムスに、ゆとりを持たせたビターなヴォーカルが重なるクールなB6-"Between You And Me"や、軽やかにリズムを刻むドラムスに温かい音色をホーンが靡かせ徐々に熱を帯びていくと、ピアノも同調し力強くムードを盛り上げ、ダンサンブルなリズムで煽るパーカッションが更に輪をかけキャッチーなコーラスが流れ込むという掴みを押さえたグルーヴィーなB4-"I Can't Give You Up"などで煌くShirley Brownの姿も素晴らしいエバーグリーン。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Shirley Brown

Dexter Wansel / Life on Mars

09 08, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970
Dexter Wansel / Life On Mars


Dexter Wansel / Life on Mars (1976)


Review

~Dexter Wansel プロフィール & Life on Marsのゲストと愛されるネタ~
Dexter Wanselは当時のフィリーでは珍しかったRockとSoulを融合したRock色強めのグループ"Yellow Sunshine"のメンバーとしての活動や、1970年後期には"MFSB"のメンバーとしてMFSBを牽引した他、ソウルチャート1位をマークしたPatti Labelleの"If Only You Knew"や"Jones Girls", "The Jacksons", "Lou Rawls"らの制作関与をはじめ、Gamble & HuffとのワークをこなしPhiladelphia International Recordsのサウンド面を支えたフィラデルフィア出身のキーボーディスト/ソングライター/アレンジャー/プロデューサー。

そのDexter Wanselがフィメール・ヴォーカルトリオThe Sweethearts("Carla Benson"とIngramのメンバーでもあった"Barbara Ingram", Evette Benton)をバックヴォーカルに、Instant FunkのRaymond Earl(bass)とKim Miller(guitar), Scotty Miller(drums)といったフィリーのアーティスト・ミュージシャンを迎え1976年にリリースした初のアルバムが"Life on Mars"であり、この"Life On Mars"はKeyとシンセを駆使したコズミック・ファンクを軸にジャズ・ファンクをも聞かせる好盤であると同時に、Eric B. & Rakim, DJ Shadow, Kid 'N Play, Digital Underground, Chemical Brothers, Ghostface Killah, Lupe Fiasco, Panacea, Delaなど新旧数多のアーティストが本盤からサンプリング・ソースを抽出しているネタ盤でもあります。

そんな盤が贅沢なもので1977年産"What The World Is Coming To"と2枚組でリイシューされているうえに...お値段も手頃じゃあないですか、、、コレコレ⇒Life on Mars/What the World Is Coming To


~コズミック・ファンクベースにジャズ・ファンクを塗した魅惑のLife on Mars収録曲たち~
DJ Shadowも"In/Flux (Part 1)"で本ナンバーの終盤をサンプリング。ノンヴォーカルだからこそスピード感とスリルを伴ったダイナミックなサウンドがダイレクトに耳から入り込み目まぐるしくインパクトを各プレイヤーが与えていくフィリー・ソウルが宇宙を駆け巡るコズミック・ファンクA1-"A Prophet Named K.G.",
Keyとシンセが共鳴し合うフューチャリスティックなオープニングから宇宙もファンク愛で埋めるべく曲はファンキッシュに衣替え。宇宙の広大さとミスティックさを含ませたSweetheartsのバックヴォーカルの煽りとDexter Wanselのファンクかつスタイリッシュなプレイが重なる伸びやかな中盤を挟み、3:00台ではロッキッシュなエッセンスも加わりエクスプロージョン。壮大な物語のような感じをも受けさせるInstant Funkのメンバーのプレイも光る逸品コズミック・ファンクをLupe Fiascoも"The Cool"でサンプリングしているA2-"Life On Mars",
キュート?なオープニングからゲストヴォーカルTerry Wellesのヴォーカルが絡む聴き始めはPOPだなぁと感じつつ、キュートで甘酸っぱく優しい、その神秘的なドリーミング・サウンドと、ほっこりとした温もりに満ちたTerry Wellesの声に心を奪われていくバラードA3-"Together Once Again",
スリリングなオープニング~フィリーの残り香を鮮やかに振り撒いていくグレイトなストリングス/ホーン/フルート、本盤の特色でもあるコズミックなシンセが交錯し、その華麗さが極みへと昇り詰める華麗な序盤と、ソウルジャズ・エッセンスを振り撒くイカすもイカし過ぎなDexter WanselのKeyが魅了する中盤のジャズファンクが一体となり、一つの空間(トンネルのような)をスピード感、躍動感溢れるグルーヴで疾走するような爽快さとファンクさがタマラナイA4-"Stargazer",
Panaceaの"Orange Penicillin"ネタ。華美でもない、キャッチーなサウンドが施されているワケでもない。なのに地球と宇宙は一体だと感じさせてくれるようなピースフルで心温まるサウンド、歌唱がとても優しく深く包み込み満たし、研ぎ澄まされたKeyとシンセはどことなく懐かしく心をほぐし幸せな気分にさせてくえるB1-"One Million Miles From The Ground",
イケイケなドラムスにブリブリなファンキー・ベースにフォーカスしている時はヴォーカルが黒くナスティに聞こえ、ストリングス、ホーンが絡むサビでは爽やかに聞こえる。そんな黒々しさと爽やかさが入り乱れリスナーを掻き立てていくB2-"You Can Be What You Wanna Be",
Eric B. & Rakimの"I Ain't No Joke"やDJ Shadowの"Lesson 4", Digital Undergroundの"Gutfest '89", Kid 'N Playの"Last Night",などサンプリングネタとしても有名なドラムスにブッ飛びスペーシーなシンセが絡むコズミックさ、Lipsの"Bobby Malach"の奏でるサックス、アバンギャルドなKeyを筆頭としたジャジーなサウンドとの狭間でシンセが甘酸っぱく高めのキーで靡いてみせる。ファンクであり、ジャジーであり、甘酸っぱくもある。そんな贅沢な空間を体現した吟醸ジャズ・ファンクB3-"Theme From The Planets",
Dela feat. Talib Kweliの"Long Life"ネタ。部屋の灯りを落としてドップリと神秘的なサウンドながらセクシーさも兼ね備えた遊泳感たっぷりのサウンドに浸ることをオススメしたい大人な貴女へピッタリなB4-"Rings Of Saturn"とフィリー・ソウルが宇宙を駆け巡るコズミック・ファンク好き、フィリー・ファン必携の好曲8曲を収録。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Dexter Wansel

Michael Henderson / In The Night Time

09 04, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970
Michael Henderson / In The Night Time
Michael Henderson / In the Night Time (1978) The

Review

~Michael Henderson プロフィール~
Michael Hendersonはミシシッピ州ヤズーシティ出身のベーシスト/ヴォーカリスト/ソングライター。
デトロイトへ移住したMichael Hendersonは、セッションプレイヤーとしてFantastic Four, Detroit Emeralds, Billy Prestonと共にプレイ。1970年代に入り"A Tribute to Jack Johnson"(1971), "Live-Evil"(1971), "Big Fun"(1974), "Pangaea"(1975)などMiles Davisの作品で腕前をふるったことからMiles Davisのベーシストとして知られていますが、その才能はマルチ..."Dramatics"のナンバーもソングライターとして関与し制作面での才能も発揮し、更にはNorman Connorsの"Valentine Love"でヴォーカリストとしてのデビューを飾った後、Horace Brown, Guru(Jazzmatazz), Mobb Deep, MC Eiht, Jagged Edge,などR&B/HIP-HOP界からの熱いサンプリングを受ける同じくNorman Connorsの1976年のバラード名曲"You Are My Starship"のゲストヴォーカリストとしてその歌声をも披露。歌声で言えばPhyllis Hymanとのデュエット"Can't We Fall in Love Again"や、ヴォーカリストとして発表した本番"In The Night Time"もニュー・ソウルを代表する1枚として語り継がれるほどで、ベースを本業としていたお方とは思えないほどにふくよかでセクシーな歌声を聴かせてくれる。

~In the Night Timeのモダンでアーバンなナンバーたち~
Rena Scottを迎えR&B Singlesチャート最高3位をマークした、ナイト・タイム全開のシングルA1-"Take Me I'm Yoursが冒頭からモダンな風を浴びせられ、爽やかなグルーヴに酔っていると、身体の奥底から沸々とした欲を引き出し掻き乱すように火照らすギターとラグドなハンドクラップのイケナイ感じが煽るホットさとクールダウンさせるシンセの冷たさが入り乱れ、高みへと連れていってくれるエロス全開のA2-"We Can Go On"がネットリと纏わりつき、2曲目にして何かを燻られイケナイ気分。
イケナイ気分になった後は、遠くで煌びやかに輝く街明かりのように揺らめくメロウで爽やかなサウンドが緩やかに昇り詰め、アダルトかつマイルドなMichael Hendersonのヴォーカルと大らかなホーン&ストリングスがゆっくりと上品なサウンドに溶け込んだライトなグルーヴが魅力のA4-"In The Night-Time"と、風をサラリと切っていくような爽快なドラムスに乗せて肌触りの良い(華美過ぎない)ストリングス&ホーン、微かに煌めくKeyと軽やかに舞うピアノ&ギターが心地よく響くジェントルなサウンドが魅力のメロウグルーヴ#B1-"Whisper In My Ear"がこ洒落たアーバンソウル・ファンを鷲掴み。
そして、時間は過ぎミッドナイト...エロティシズムを誘うサックス×ピアノの冒頭×はだけたジャケのセットが贈る目眩を起こしそうなほどに甘美な世界。甘美な世界と共にじわりじわりと響くシンセを纏ったMichael Hendersonが「I wanna be special to you」と耳元で囁くように迫るスロウB2-"Am I Special",
優しく迫った後は「Baby I'm yours」と暴走するギター、インパクト大のファンキーベース×ビョンビョンと跳ねるシンセと一緒に溜め込んでいた「何か」を思いっきりハジケさせる極ファンク・チューンB3-"Yours Truly, Indiscreetly",
締めはモダンなアップビート×官能的なホーン×ファンクなクラヴィ×カッティングギター×ストリングス×ゲストヴォーカル"Cheryl Norton"が誘うダンサー。序盤よりハイトーンヴォイスを弾けさせるMichael Henderson×クラヴィ×ベース×抑えながらも土臭さを吹き込むホーンとCheryl Nortonが援護する3:00以降の展開のバランスがよく味わい深いB4-"One To One"の全8曲を収録。
特にアーバン、モダン、ミッドナイトなんてキーワードに弱い方や、今夜のドライブのメニューを探しているお洒落でエロスなアナタにオススメしたい1枚です!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Michael Henderson

Betty Padgett / Betty Padgett

09 03, 2010 | Tag,SOUL/FUNK,1970,SOUL/FUNK1970
Betty Padgett / Betty Padgett
Betty Padgett / Betty Padgett (1975) Betty

Review

~Betty Padgett プロフィール~
Betty Padgettはニューポートで生まれ、フロリダ育ちのフィメールSOUL/R&Bシンガー。
Denise Lasalle, Bobby Bland, Johnnie Taylor, Tyrone Davis, Marvin Seaseらのオープニングアクトをも務めたBetty Padgettは家族と共にフロリダへ移住した先でクワイアへ加わりステージでパフォーマンスしていたBetty Padgettは、Shirley Smith, Mary McCoy, Carolyn Griffinと共にガールズグループ"Betty and the Q's"を1970年代に結成。"Betty and the Q's"を経た彼女は、KCの売れっぷりの陰に埋もれセールスが不調ながらも名盤として人気を誇るデビュー盤"Friends & Buddies"を放ったBetty Padgettの兄"Milton Wright"がソングライティング / アレンジ面でバックアップ。メロウ~アップテンポ・ファンクそしてレゲエまでこなすフロリダ産ディーヴァBetty Padgettの希少デビュー盤こそが本盤。
因みにデビュー盤以降、Sweet Feeling(1981), 30 Second Man(1998), Closet Lover(2004), Never Coming Home(2006), The Real Deal(2009)と計6枚のアルバムをリリースしている現役のソウル・ディーヴァでもあります。

~Betty Padgettの魅力と中身~
前述したとおり、メロウ~アップテンポ・ファンクそしてレゲエまでこなしてしまう多彩さが魅力で「レゲエもソウルも1枚で聴きたい!」そんな音欲を持つよくばりなアナタに推して押しまくりたい1枚。レゲエといってもロックステディーな仕上がりなのでフロリダのトロピカル具合によく馴染むうえに、無理にレゲエアプローチの歌唱をとらないBetty Padgettの歌いっぷりも手伝い、レゲエとソウルといったナンバーがアルバム内で行き来すれども雰囲気の統一感はバッチリ。夏と言わず年中聞いていても飽きないし、夏が秋にまでずれ込む常夏現象中の日本には持って来いじゃぁないですか!?
A1-"It Would Be A Shame"では、のどかなサウンドにシンクロするシンセの切なく甘酸っぱいサウンドが、のどかさ、切なさ、郷愁など様々な感情をリスナーに抱かせ、時折、胸を詰まらせたようにしゃがれるBetty Padgettのヴォーカルが更に胸を熱くさせる渋スイート・ソウルを披露。
The Four SeasonsのカヴァーA2-"My Eyes Adore You", Betty WrightのカヴァーA4-"Tonight Is The Night", Gwen McCraeのRockin' ChairのカヴァーB3-"Rocking Chair"と名曲群をごくナチュラルなレゲエ・ヴァージョンでさらりとカヴァーして魅せ、John HoltのカヴァーA5-"Never, Never, Never"ではレゲエをレゲエでカヴァーして魅了。
シングルA3およびB2の"Sugar Daddy"(part1 & 2)は、イケイケなパーカッションにハンドクラップ、からっとしたライトファンクな味わいを出すギターと清々しく時にファンキーに吹き込む流麗なフルート&ホーンが重なる至高のグルーヴが渦巻くクラシック・ナンバーに相違なしの仕上がり。
そして、バックアップを図る兄"Milton Wright"印出まくりのシンセとビート、ほんのりとブルージーな味わいを含ませるアーシーなバックコーラスといなせなホーンから渋みと黒汁が滲む。Milton WrightのFriends & Buddiesが好きなら間違いなくツボのB1-"Gypsy Of Love",
優しげに響くストリングスとコーラスを背に歌うBetty Padgettから女性らしい力強さと優しさが溢れるラヴ・バラードB4-"Love Me Forever"の全8曲(レゲエ:ソウル=50:50)の構成です。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Betty Padgett

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。