Daniel Wilson - Sinner Of The Week

07 18, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Pop
Daniel Wilson - Sinner Of The Week


Daniel Wilson - Sinner of the Week 

インディ・ソウルとエレクトロニック・ポップを混成したと言っても、その手法はミニマルで、そこにデリケートなヴォーカルを被せることで危うい均衡とも言える独特の雰囲気 (魅力) を前面に出していた1st EP【Young Rubbish】から人気を徐々に集めると、2014年にリリースされた2nd EP 【Boy Who Cried Thunder】がiTunesのトップバナーを飾る。さらには、2015年に注目したいアーティストの1人として『Time』の"15 musical artists to watch in 2015"にも選ばれていたミシガン州イプシランティ出身のシンガー ソングライターDaniel Wilson。

彼が去る6月にリリースしていた新曲 (2曲) において、デリケートなヴォーカルで彼らしいソウルを表現する“Wedding Daze”が「彼らしく」評価すべきなのだろうけど、僕は80 's全開のプロダクションに、以前は危うい均衡を生み出していたデリケートなヴォーカルをモダンな味わいへと転化させた“Sinner Of The Week” を推したい。

スポンサーサイト



read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Daniel Wilson

Nicholas Veinoglou - Love Languages

01 16, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,Pop,Jazz,Jazz2010
Nicholas Veinoglou - Love Languages


Nicholas Veinoglou - Love Languages

今日のソウルフルなアーティスト!ということで~、10歳頃から弾き、演じ、曲を書いていたのだという、バークリー音楽大学卒のソウル/ジャズ・ギタリスト/アレンジャーNicholas Veinoglouの初物EP 【Love Languages】をご紹介。

ギタリストとしての自分を、また、音楽への愛をゆったりと表現する①のイントロから一転、続く②の"Donuts"では豹変??facebookなどのプロフィールには記載されていないけど、ヒップホップからの影響も受けているのでは?と思うヒップホップ・バンド系のソリッドな表情と、ソウル/ジャズ・ギタリストとしてのスムース・ソウルという二つの表情を見せる。恐らくは勝負曲だと思われる、こういった曲を聴くと、冒頭イントロで受けた彼のイメージがガラリと変わり、③のインタールードも、ソウルフルでジャジーという味わいが格段に引き立ってくる。

このまま②的なノリで進行するのかと思いきや、タイトルトラック④の"Love Languages"では、幹であるソウル/ジャズに、ややポップな感触を含み(⑤への前菜的趣向)、そのポップな口当りは、同じくバークリー音楽大学に通うインディー・ポップ/ソウル・シンガーソングライターMiette Hopeをフィーチャリングした⑤の"This Moment"で更に濃密に。それもそのはずで、どうやらこの"This Moment"は、Miette Hopeの曲(Nicholas Veinoglou共作)らしく、コレクションの内の1曲としてEPに収録したようだ。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Nicholas Veinoglou

Not Too Late (To Make It Right) [Funk Leblanc Remix]

03 03, 2015 | Tag,Nu-Disco,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Pop
Magoo - Not Too Late (To Make It Right) Funk LeBlanc Remix


Magoo - Not Too Late (To Make It Right) [Funk Leblanc Remix] [feat. Magoo] iTunes

フレンチ・ファンク・マスター (Nu Disco/Disco/Funkが得意ゾーン) ことMagooの「Not Too Late」を、カリフォルニア州サンフランシスコのDJ / ミュージック・プロデューサーFunk LeBlancがリミックスしたオフィシャル・リミックスが好感触だったのでピックアップ。

もともと2014年のクリスマスイブに公開されていたみたいだけど、2月20日からiTunesなどで販売が開始されていて、ちょっぴりG-Funkなテイストをとにかくカラフルに詰め込んだ、爽快感がキャッチーにハジケるNu Disco系のリミックス。てなわけで、その歌声然り、黒汁は全くと言っていいほど飛び散っていないけど、春~夏にかけてこの爽快感や開放感が恋しくなりそうなリミックスでございます。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Funk LeBlanc

Ash. - Perfect EP

02 14, 2015 | Tag,Pop,R&B,R&B2010,2010,SOUL/FUNK,SOUL/FUNK2010
Ash. - Perfect EP


Ash. - The Perfect EP iTunes

昨年にシングル“Perfect”をリリース。去る2015年の2月10日に4トラックEP【Perfect】をリリースしているシンガーソングライターということ。そして、日本ではまだあまりその名が知られていないみたいだけど、twitter上での彼女へのサポートや、米iTunesにおける評価が良好で、少しずつ彼女の音楽と歌声が広まりつつあるようだということ以外は、Ash. について分からない。(情報がほぼ公開されていない)

Theophilus Londonの“Flying Overseas”あたりのテイストを放つ①-“Lost”も、Kingをけっこうポップにしてダンサンブルにしてみたら?といった、①同様に80'sな趣向を感じさせる②-“Anyway”も、Ash.のスウィートな歌声がフィットするポップなソウル/R&Bといったキュートなサウンドを配している。そして、ちょっぴりCorinne Bailey Raeっぽくもあるシングル①-“Perfect”の響きもポップなんだけど、このポップな感じが実にしっくりとしていて、たまにはポップな曲に浸るのもありかな?な~んて思わせてくれるEP。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Ash.

8th Grader - Morro Bae

01 17, 2015 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Nu-Disco,Pop,R&B,R&B2010
8th Grader - Morro Bae


8th Grader - Morro Bae

クワイエット・ストーム系の“Tiger”を紹介した以来となるサンフランシスコをベースに活動をしているシンガーソングライター / マルチインストゥルメンタリストの8th Grader

2013年産のEP 【8TH Grader】 では、80' s懐古のポップ/R&Bという印象が強く、チルウェイブやスロウ・ジャムをちょっぴりカラフルに彩るサウンドに優男味のテナー・ヴォイスを絡ませた艶を放っている。その80' s懐古のポップ・センスは、“Tiger”以降に発表しているCarouselプロデュースの“All We Can Do”にも色濃く表れており、そういったテイストを好むファンからの支持も得ている模様。

そして、今回新たに発表された“Morro Bae”は、一足早いビーチ・ファンクだそうで、キャッチーなNu-Discoチューン。何となくZak Watersを低カロリーソフトにしてみたら?みたいな感触なのかな。ポップ的な要素を一切許容しない方には"軽そうな曲"として真っ二つにされちゃうだろうけど、来る春や夏を彩る曲として、キャッチーな曲に浸るのもありだと思う。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in 8th Grader

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...