スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Jazz Spastiks - The Product (Japanese Edition)(+6)

09 19, 2016 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,beats
Jazz Spastiks - The Product (Japanese Edition)(+6)


Jazz Spastiks - The Product (Japanese Edition)(+6)


先行シングル“Bust Ya Melon”を始めとする快感ジャジー・ヒップホップなビートメイキングと、そのビートとの相性の良さをコレでもかと揮うド渋な艶声で鼓膜に迫るクイーンズのワードスミスJunclassicとタッグを組んだ【モード 7 (Mode 7)】でその評価を大いに高めたスコットランドのアンダーグラウンド・ヒップホップ・ビートメイカーズ / DJsのJazz Spastiks

そんな彼らの魅力はなんと言ってもその嬉々としなるポジティブなビーツとアングラ臭、そして確かな嗅覚によって構築されるジャジーヒップホップから溢れる彼らのヒップホップへのハマり具合が聴く者へと伝播していく、その楽しさや魅力を内包した姿勢/ビートメイキングにあるので、そういった悦を忘れかけているなぁ・・・思い出したい!感じたい!という方に特にプッシュしたい。

さて、日本仕様の粋なアートワークと、日本盤の特典として6 曲のリミックスを収めた怒涛の22曲を引っ提げ日本へと上陸した国内盤【The Product (Japanese Edition)(+6)】は、Count Bass Dから始まり、Moka Only、Apani B Flyと立て続けにフィーチャリングしてきたぶ厚いゲスト陣らとの共演による鮮烈な3シングルで話題を呼んだ1枚だ。そしてそれは、アングラ・クラシックとして根強い人気を誇るSiah And Yeshua Dapo EDのYeshをフィーチャリングした④-“Dumb!”や、グラミー賞も獲得しているジャズ・ヒップホップのパイオニアDigable PlanetsのLadybug Meccaを迎えた⑯-“Parley to Parlet”における思わずニヤリな追加ゲスト陣と、その期待を裏切らない確かなクオリティで新旧ファンに喜悦の声を上げさせたデリシャス!な1枚なのだ。

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


1 CommentsPosted in Jazz Spastiks

Hubert Daviz - braazaw

07 19, 2016 | Tag,beats,HipHop,2010,HipHop2010
Hubert Daviz - braazaw


Hubert Daviz - braazaw

夏、夏、夏。とにかく暑い。そんな時はヤッパリサマーヴァイブ!ということで、今宵はRetrogottとチームアップした【Kokain Airlines】収録の“Ah Oui Oui”を聞くと、あれやら何やらと溢れ出してしまいそうになるHubert Davizによる“braazaw”をチョイス。どうやら、シリーズ第三発目となる【another backstein invazion #03】を制作中らしい。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Hubert Daviz

Kaleb The Intern - Someday (ft. Kaylan Waterman, LexLander, MotorKam)

07 18, 2016 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,R&B,R&B2010
Kaleb The Intern - Someday (ft. Kaylan Waterman, LexLander, MotorKam)


Kaleb The Intern - Someday (ft. Kaylan Waterman, LexLander, MotorKam)

デトロイトのアーティストと、ミュージックシーンを支援することをモットーとするAssemble Soundが企画しているシリーズ「Sunday Songs Vol. 1」の第六段目となるのがこの“Someday”。この曲をプロデュースしているのが、もちろんデトロイト出身で、現在19歳のプロデューサーKaleb The Intern。

けっこうキャッチーな曲なので好みが分かれそうだけど、「Sunday Songs」なるシリーズの名をストレートに表したかのようなサウンドやゲスト陣のパフォーマンスがGood。また、夏真っ盛りのこの時期においても輝きを放つ、イイ感じのテンションで迎えてくれる。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Kaleb The Intern

Tom Misch - Reverie

07 18, 2016 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,R&B,R&B2010,HipHop,HipHop2010
Tom Misch - Reverie


Tom Misch - Reverie 

前途有望なマルチタレントとしての才能を見せ付けてくれた【Beat Tape 1】からSoulectionのWhite Label、シリーズ後編となる【Beat Tape 2】などなどを介して数多のリスナーを魅了し続ける、ソウル/ビートミュージックの寵児Tom Mischが待望のEP【Reverie】を7/15にリリース。

近頃、追加公開された“Follow”は、サキソフォニスト/プロデューサーとして活動中で、EP【Shaped By Who We Knew】がiTunesで7/22にリリースされるLaura Misch (彼の家族) との共演曲で、過去に大反響のあった曲の正式リリース版?余談だけど、彼女のEPではTom Mischとの共演者でもあるAlfa Mistの名もクレジットで確認できる。

また、美しさを込めた清楚な序章~微かに香るポップ・ソウルなセンスがジャジーなフィーリングを乗せたグルーヴで艶やかに踊るライトなダンナンバー“Watch Me Dance”も普遍的キラーチューンだし、白昼夢的なスムース・ヴァイブにメロメロな“Crazy Dream"、艶らシックなギター/ベースにファンクのエッセンスも顔を覗かせるムードにクラっとする“I Wish”といい、どこを切っても"爽やかな艶"にムフフな金太郎飴状態。

休日のリラックスタイム~誰かを誘っての二人ドライブにもピッタリなオススメの1枚。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Tom Misch

Choosey - Sundress (Prod by Abjo x Exile)

07 16, 2016 | Tag,HipHop,2010,HipHop2010,beats
Choosey - Sundress (Prod by Abjo x Exile)


Choosey - Sundress (Prod by Abjo x Exile)

Dirty Science Recordsからリリースされ、特に注目を集めた“Middle Finger Rap”, “Fly Me To The Moon”を収めたフリーアルバム【Left Field】は、Exile, Knxwldge, Abjoら厚い支持を誇る面々によるビートに加え、セルフプロデュース (先に挙げた“Middle Finger Rap”など) も行っていたサンディエゴ出身のラッパー / ビートスミスのChoosey。

この“Sundress”はAbjo × Exileによる共同Prod.によるもので、Slum Village風のヴァイブ漂う納涼ビートがタマランのデス。

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Choosey

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。