スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

The Jungle Fire - Firewalker [The Movie]

03 23, 2015 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,ShortFilm,Afrobeat,Afro-Funk,Breaks
The Jungle Fire - Firewalker [The Movie]


The Jungle Fire - Firewalker [The Movie]

Stevie Wonder, Joe Bataan, Breakestra, Ozomatli, Quantic, Alice Russell, La Santa Cecilia, Simple Citizens, Celia Cruz, Orgoneらと共にパフォーマンスをこなしてきたのだというL.A.のミュージシャン = Michael Duffy - (Timbales,Bata,Vocals), Miguel Ramirez - (Congas,Bongos), Steve Haney - (Congas,Bongos,Bata), Sam Halterman - (Drums), Judson McDaniel - (Guitar), Joey Reina - (Bass), Sean Billings - (Trumpet), Sam Robles - (Baritone Sax,Flute), Otto Granillo - (Trombone) が集った、L.A.のアフロ / ラテン・ファンク・バンドThe Jungle Fire

Fela Kutiの「Let's Start」をThe Jungle Fire流にクッキングしてみせた記念すべきシングル「Comencemos (Let's Start)」がGiles PetersonやRich Medina等からも注目され、後にGrant Phabaoによる「Tokuta ( Remix)」や、Renegades Of Jazzによる「Comencemos (Remix)」といったリミックスも発表。オハイオのソウル/ファンク・レーベルColemine Recordsからは高火力シングル「Firewalker」/「Chapula」を投下し、2014年にLP【Tropicoso】をNacional Recordsからリリース。

ご存知Wax Poeticsにも掲載されていたりと、アフロ / ラテン・ファンク・フリークを始め、B-Boyからもアツい眼差し (支持) を集めてきた、そのThe Jungle FireのLP【Tropicoso】に触発されたフィルムメイカーAlejo Restrepo & Roger Gonzalezによって制作されたショートフィルムが公開されていたのでご紹介!

スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jungle Fire

WUNMI - Don't Look Away ​/ ​EMERGENCY

01 19, 2015 | Tag,Afrobeat,Afro-Funk,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,House
WUNMI  - Don't Look Away ​/ ​EMERGENCY


WUNMI - Don't Look Away ​/ ​EMERGENCY

シンガーソングライター / ダンサーのWUNMIは、ロンドン出身。感受性豊かな10代の頃にナイジェリアのラゴスとロンドンで過ごし、音楽やファッションからの影響を受けていく。ロンドンではファッションの勉強もしていたらしく、それが彼女のもう1つ顔=コスチューム・デザイナーの起源なのだろう。

音楽界におけるキャリアとしては、Soul II Soulの“Back To Life”のミュージック・ビデオのダンサー (シルエット) から始まり、Masters At Work (Kenny Dope & Louie Vega) によるFela Kutiのリワーク“MAW Expensive”や、同じくMAWの“Ékabo”と“The Time Is Now”でもフィーチャリング・シンガーとして活躍。また、錚々たる面子が集結したFela Kutiのトリビュートアルバム 【Red Hot + Riot】 では、Bugz In The Atticの“Zombie (Part One)”のリード・ヴォーカルを担当。他にもOsunladeの“Rader Du”における共演から、Roy AyersやOrnette Colemanといったレジェンドたちとのコラボレーションもこれまでにこなし、2007年に初のソロ・アルバム 【A​.​L​.​A.】 をリリースしている。

現在は、ガーナ出身のプロデューサー / マルチインストゥルメンタリスト / プログラマーのKwame Yeboahと、今回のダブル・シングル“Don't Look Away” ​/ “​EMERGENCY”にも関わっているJeremy Mageと共に2ndアルバムのリリースを彼女は予定している。その最中に新曲として発表された“Don't Look Away” ​/ “​EMERGENCY”は、彼女の誕生日を祝うものだそうで、Free DLもOK。 (必要項目の記入と送信が必要)

ちなみに今回のシングル“Don't Look Away”には、Roy Ayersがクレジットされている。(ヴィブラフォン&バックヴォーカル)

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in WUNMI

Jungle Fire - Firewalker / Chapula

04 22, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Afrobeat,Afro-funk,Afro-Cumbia-Funk,Breaks
Jungle Fire - Firewalker / Chapula


Jungle Fire - Firewalker 

Jungle Fire - Chalupa

Giles PetersonやRich Medinaらからの注目を集めた記念すべきシングル“Comencemos (Let's Start)” / “Tokuta” から、コンスタントに発表されていったComencemos (Whiskey Barons Rework)、Comencemos (Renegades Of Jazz Remix)、Tokuta (KidGusto Remix)、Tokuta (Grant Phabao Remix) のリミックスという種火 (当然リミックス群の火力は種火というレベルじゃないが) がファンの期待度をキープ。
期待度という種火を点し、今か今かとニューシングルの到着を待ち侘びていたファンのもとへ、L.A.のアフロ / ラテン・ファンク・バンドThe Jungle Fireが、高火力シングル“Firewalker”と、“Chapula”を投下。

燃え盛る炎を軽快に踏みつけるように繰り出されるリズミックなサウンドと、その果敢な姿を焼き付け煽るホーン・セクション。そして、飛び散る汗と火の粉の如く乱舞するブレイクがヒートするアフロ・ディスコ・チューン“Firewalker”も、クンビアをブレンドしたトロピカルな艶と情熱を放ち、後半で更にグルーヴィなアフロ・クンビア・ファンク・チューンへとシフトする爽快かつ陽気な“Chapula”もGood!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jungle Fire

Ikebe Shakedown - “The Beast” b/w “Road Song”

03 14, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Afrobeat,Afro-funk
Ikebe Shakedown - The Beast b/w Road Song (Preview)


Ikebe Shakedown - “The Beast” b/w “Road Song” (Preview) - 2013 

みんな大好きアフロ・ファンク・バンドIkebe Shakedownが新曲“The Beast” b/w “Road Song”のプレビューを公開!

2013年に入ってから、新曲出るよなんて言っていたので、それなりにチェックしていたつもりが、なんと2日前に新曲“The Beast” b/w “Road Song”のプレビューがUbiquity Recordsから公開されていたというね...
この新曲は、デビューEP時からお世話になっている御馴染みDunham Studiosにてレコーディング。2ndアルバムの投下も目論んでいるIkebe Shakedownが、自慢のアフロ・ビート/ファンクで、ファンの2ndアルバムへの期待度を揺さぶり跳ね上げるリミテッド・シングル。
広大な台地や密林でたくましく生き抜く獣の生き様を連想させる堂々としたアフロ・ビート“The Beast”も、黒き哀愁と共に響くパーカッションまでもが侘しい鳴りで締め付ける“Road Song”もGood!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Ikebe Shakedown

The Jungle Fire - “Tokuta” (Grant Phabao Remix ft. Soul Sugar)

03 05, 2013 | Tag,SOUL/FUNK,2010,SOUL/FUNK2010,Afrobeat,afro-funk,Afrobeat-meets-Ska
The Jungle Fire - Tokuta (Grant Phabao Remix)


The Jungle Fire - “Tokuta” (Grant Phabao Remix ft. Soul Sugar) - 2013

L.A.のアフロ / ラテン・ファンク・バンドThe Jungle Fireは、元気かな?新曲でないかな?な~んて思っていたところ、なんと、Grant PhabaoがRemixを手掛けた“Tokuta” (Grant Phabao Remix)が、Paris DJsからリリースされている。

今回、リミックスを手掛けているGrant Phabaoというお方は、Studio OneのディージェイLone Ranngerや、1970年代より活動を続けているベテランのレゲエ・シンガーCarlton Livingstonとのコラボを始め、Lee Fields & The Expressionsの“You're The Kind Of Girl”や、Nostalgia 77 × Alice Russellの“Seven Nation Army”のオフィシャル・リミックスも手掛けてきたマルチインストゥルメンタリスト / プロデューサー。
ちなみに、先に挙げたワークはほんの一部。最近では、2013年1月にThe Silvertonesのコラボレーション・アルバム“Keep On Rolling”をリリース。また、Shawn LeeがParis DJsから放っている“The Word Jam”のオーディオ・マスタリングも担当。ちょうど僕が記事を書いている本日(3/5)だって、Carlton Livingstonと送るシングル“I'll Do The Best I Can”を発表。もはや、精力的という域を越え突っ走っている。

なお、Paris DJsとは、Grant Phabao自身もそのメンバーとして名を連ねているフランスのレーベル兼、音楽編集局であり、特にレゲエを筆頭に、時にソウル、ファンク、ジャズなどを塗した音楽を届けている。

更に、“Tokuta” (Grant Phabao Remix)では、オルガニスト / キーボーディストGuillaume Metenierを核とするパリのミュージシャン・コレクティブ = ソウル・ジャズ / ロックステディ、アフロ・ダブ・バンドSoul SugarのGuillaume Méténierがオルガンで参戦。
"Afrobeat meets Ska"というコンセプトのもと制作されたアフロ・スカというヴァイブに埋もれる中、オルガン・ジャズ (ソウル・ジャズ) を孤高?にもぶつけるGuillaume Méténierの姿 (パフォーマンス) は、かなりクールでカッコイイ。う~ん、ナイス・ワーク!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jungle Fire

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。