スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted in スポンサー広告

Macy Gray / Sweet Baby ~Lyrics~

02 09, 2010 | Tag,R&B,女性,2000,R&B2000,Lyrics


Macy Gray / Sweet Baby(2001)

皆さん、こんばんは。
今回は2/14にバレンタインを迎えるということで一途な愛を綴ったMacy Grayの「Sweet Baby」を歌詞・和訳つきでデリバリー。一途な愛を込めたラヴ・ソングながらErykah Baduを迎え明るく煌びやかなムードっていうところがイイですよね!!idらしい「Sexual Revolution」や「Freak Like Me」のように違った角度から愛を綴ったものもありますがバレンタインですからね。体をチョコまみれにしてチョコはアタイ!みたいな感じなら「Sexual Revolution」もありですね(笑)
ではでは「Sweet Baby」を歌詞・和訳つきでお楽しみください。
スポンサーサイト

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Macy Gray

Adriana Evans / Walking With The Nightに酔う

01 28, 2010 | Tag,R&B,女性,R&B2010,


Adriana Evans / Walking With The Night(2010)
エイドリアナ・エヴァンス - ウォーキング・ウィズ・ザ・ナイト

サンフランシスコ生まれ。ジャズ・シンガーMary Stallingsを母に持つR&Bヴォーカリスト。L.A.に移り住んだAdriana Evansは夫Dred Scottと出会い、1993年にDred Scottがリリースしたアルバム「Breakin'Combs」に収録されている「Check the Vibe」にゲストヴォーカルとして参加。Dred Scottは名盤と言われるAdriana Evansのデビューアルバム「Adriana Evans」の制作にも携わり1997年にAdriana Evansはデビューアルバムを発表し高い評価を得る。
しかし、当時Adriana Evansが在籍していたLoud Recordsは2ndアルバムの制作には名プロデューサーの起用、更には一般のラジオでオン・エアされる曲(売れる曲)を作ることを求めてきたためにレーベルを離れることを決意。音楽業界と距離を置くためにDred Scottと共にメキシコやブラジルへ旅に出て見つめなおす時間を取ることとなる。2004年、Adriana Evansは見つめ直した結果や経験を基に彼女が業界入りする橋渡しをしてくれたPaul Stewartと共にNext Thing Recordsを設立し2ndアルバム「Nomadic」をリリース。ここから自由に羽を伸ばしたサウンドとしてボッサ/フォーク/レゲエ/ジャズ/ロック/ファンク/ラテンと音楽のルーツを表現というコンセプトと自分のヴァイブが赴く先のクリエイティヴに一貫した音楽を作り始め、特に「Nomadic」はAdriana Evansのお気に入りだそう。2005年に1stアルバムと2ndアルバムの数曲とRemixそして5曲の新曲を収めた日本企画盤「Kismet」、2007年には3rdアルバム「El Camino」を、2010年にファン渇望の4thアルバム「Walking With The Night」をリリースしています。ご存知の方は周知。R&Bファンとして常に携帯していたい1枚。
Huge SoulレーベルからリリースされたRemix LP「OP REMIXES VOL.2」に収録されている「Before You(Nomak Remix)」やDJ Deckstreamが手掛けDred Scottも参加しているAhmad Jamalの「Dolphin Dance」ネタ「Memory Of Melodies」も絶品です。

●Nomadic Adriana Evans - Nomadic

●Memory Of Melodies DJ Deckstream - Memory of Melodies (feat. Dred Scott & Adriana Evans) - Single

●Before You(Nomak Remix) Adriana Evans - Remixes, Vol. 2: Before You (Nomak Remix) - Single

●Breakin'Combs Dred Scott - Breakin' Combs

read more (試聴/続き) »


2 CommentsPosted in Adriana Evans

Jean Knight / Mr. Big Stuff ~Lyrics~

12 14, 2009 | Tag,SOUL/FUNK,1970,女性,SOUL/FUNK1970,Lyrics


Jean Knight / Mr. Big Stuff(1971)
Jean Knight - Mr. Big Stuff

ニューオーリンズ出身の女性SOUL/FUNKシンガー。1970年代にStax入りしWardell Quezerque作、マラコ・スタジオで録音されたヒット・ナンバー「Mr. Big Stuff」を世に残す。ニューオーリンズ出身ということもあってか、のんびりとのどかなムードを充満させているあたりが魅力的。そして、このムードを存分に活かしJermaine Dupliによって作りあげられたナンバーがTLCの「SWITCH」です。
TLCは今なお人気が高く、文句なしに1990年代を代表する有力のガールズ・グループだっていうことは皆さん知っての通りだと思います♪
そんなワケで新旧リスナー共にエンジョイできる曲としてJean Knightの「Mr. Big Stuff」を歌詞・和訳つきでデリバリーというワケです。時間がある方はTLCの「SWITCH」と聴き比べてみてください!

read more (試聴/続き) »


0 CommentsPosted in Jean Knight

滲む黒汁ヴォーカル~Leela James / A Change Is Gonna Come~

11 27, 2009 | Tag,R&B,2000,女性,R&B2000


Leela James / A Change Is Gonna Come(2005)
Leela James - A Change Is Gonna Come

Review
L.A.カリフォルニア出身の女性R&B/SOULシンガーソングライター。
2003年にシングル「Music / My Joy」をリリース。2004年に Black Eyed PeasとMacy Grayのオープニングアクトを務め、同年にPete Rockの「Soul Survivor II」に収録されている「No Tears」へ参加。2005年にRaphael Saadiq, James Poyser, Kanye West, Wyclef Jeanなど玄人制作陣を迎えデビューアルバム「A Change Is Gonna Come」をリリースし5枚のシングルをカット。
Sam Cookeから拝借したアルバムタイトルから判るように古き良きSOULへの強い思いを投影した作品が多く収められておりネオ・ソウルと称されたアーティストの中ではSOUL寄りのアーティストで圧倒的なヴォーカルで多くのリスナーをメロメロに黒く染めてしまったほど(当時10代)
その後Warnerと決別しShanachie Recordsと契約。2009年にBetty Wrightの「Clean Up Woman」やWomack & Womackの「Baby I'm Scared of You」, The Staple Singersの「Let's Do It Again」などとカヴァーソングで固めた「Let's Do It Again」をリリースしています。デビューアルバムでSam Cookeと同タイトルを使用し2ndアルバムはThe Staple Singersと同タイトルを自身のアルバムタイトルに選ぶあたりからもSOULへの強い思いとSOULシンガーなんだという強い思いが感じられますね!

read more (試聴/続き) »


2 CommentsPosted in Leela James

クリスマスにかけるR&B盤ならコレ!~Ledisi / It's Christmas~をおすすめ

11 24, 2009 | Tag,R&B,2000,女性,R&B2000,Christmas,Holiday

Ledisi / It's Christmas(2008)

こんにちは!いよいよクリスマスがプレッシャーをかけてきましたね・・・
そんなプレッシャーに備えるならばコレ!Ledisiの「It's Christmas」をおすすめ。理由は簡易Bioの↓

Review
デビューアルバム「Soul Singer」はインディーズからのリリースながらも、その自由でパワフルな歌唱力や音楽に対する姿勢からかヒットを記録し、Ledisiファンが増殖。2007年には待望のメジャーレーベルVerve Forecastから「Lost & Found」を届けグラミー賞にノミネート。今年(2009年)にリリースした「Turn Me Loose」ではクオリティの証とも言えるRaphael SaadiqやJam & Lewisを迎え根っからのR&Bファンを更に魅了したLedisiが2008年にリリースしたクリスマス・アルバム・・・それが「It's Christmas」です。
そして今回はLedisiのインタビューつきのトレイラーをつけてデリバリー!!
クリスマスアルバムって大体スタンダードナンバーで固められてますよね?みんなで楽しむみんなのHappyイベントだからそれでイイと思うんです!ただ・・・アレンジが子供っぽかったり、クワイアを引き連れた大所帯の合唱に荘厳すぎて「うぅ・・・」と引いたり、アダルト過ぎるのも・・・やり過ぎと毎年クリスマスソングにイマイチ馴染めない方へ自信を持っておすすめできる1枚。
絶妙なバランスでソウルフルな一面/アダルトな一面/クリスマスのHappyムードを纏め上げた1枚でLedisiのヴォーカルもさることながらバックの演奏にも溜め息が。
クリスマスについて語るLedisiから一足早くクリスマスのムードを感じてもらいHappyな気分になってもらえたら嬉しいです♪

※アルバム収録詳細と試聴は記事の続きから

Ledisi Christmas Reel


read more (試聴/続き) »


2 CommentsPosted in Ledisi

くろふねオススメの1枚

  • Ephemerals - Nothin Is Easy
    Ephemerals
    “Nothin Is Easy”

    英Blues & Soul Magazineで五つ星を獲得!Hannah Williams and The Tastemakersの仕掛け人Hillman Mondegreenを中心とするロンドンのソウル・バンドEphemeralsのデビューアルバム 【Nothin Is Easy】 が登場。60's~70's Soulに対する敬愛をグツグツと煮込んだ「心暖まるソウル・ミュージック」が此処に。

Sponsors

Sponsors

Sponsors

Linn Mori - 【Invisible Vision】

Source Magazine's 100 Best HipHop Albums

Ntjam Rosie - 【Elle】

Jazz Spastiks - 【The Product】

Kebomusic presents The Experience

Kenny Wesley - 【the REAL thing】

Latest Entry

ただいま新着記事を読み込み中です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。